材料3つで簡単!オーガニック虫除けアロマを手作りしよう♪保存方法・オイルまとめ

あつ~い夏が近づいてきました。
夏になると何が嫌って、夏場に増える虫たちですよね。虫嫌いの私は、毎年夏になると外に出かけるときは、虫除けをべたべたに塗って出かけないと不安で、後は、蚊にかまれるのが嫌なので…。

けれど、市販の虫除けってお肌にきつくて、「蚊にかまれるのが嫌」「お肌が荒れるのも嫌」って言うジレンマに…。

そこで気になるのが、赤ちゃんにも使えるやさしい成分のオーガニック虫除け。

今回は、虫除け手作りアロマに関して、オーガニック虫除けの作り方・おススメの香油・使用期限・保存方法の注意点を、取り上げて行きましょう。

スポンサーリンク

オーガニック虫除けの作り方!手作り虫除けにおススメの香油

虫除けにオススメの精油いろいろ

■シトロネラ

香りを嗅いで、この香りか!っとなるくらいに分かりやすく、メインの香りとおもわしき精油になります。虫除けにはもってこいの必須になる精油です。レモングラスに似たイネ科の植物からきており、シトロネラ―ルという成分が虫除けに効果絶大のようです。

■ミント・ハッカ

ミントは抗菌作用と麻酔作用があります、これも調合してみます。是非これも調合してみたいところですね。ミントにもペッパーミント・アルベンシスミント・スペアミントなどの種類があるようですが、虫除けに強いものとなると、やはり、メントールが強いアルベンシスミントになるでしょうか。そして、この日本語名がハッカなのです。

日本古来からあるハッカ油は今でも北海道などで作られていて、殺菌・抗菌・消毒効果の他に忌避効果があるんですよ。

■ラベンダー

富良野のアレと言えば、ラベンダーとですが、こんなにいい香りで虫除けに効果があるのとなってしまいそうですが、調べてみると、防虫効果や殺菌効果があるようです。

■ローズマリー

ローズマリーというと料理やハーブティーでもお馴染みですが、ローズマリーシネオールにはシネオールの含有量が多いものには、殺菌作用、虫除け効果が期待できるようです。

話がそれますが、ローズマリーカンファ―には、筋肉痛を抑える効果があるのだとか、湿布薬にもカンフルなる成分が含まれています。

■ローズゼラニウム

ゼラニウムはダニに効果絶大のようです。このため、虫除けにゼラニウムを調合するのも意外と重要になってくるかもしれません。

■ユーカリ

ユーカリレモン・ユーカリブルーガム・ユーカリスミティー・ユーカリペパーミントなど、いろいろなアロマオイルがる、ユーカリ系の精油はで虫除け効果の高いものは、シトロネラ―ルという成分を多く含んでいる、ユーカリレモンオイルです。

このオイルは、消炎効果もあり、殺菌力も強くあります。

スポンサーリンク

■ティートリー

あまり、虫除けに効果がないティートリーオイルですが、虫刺され後の炎症を止める効果があるようなので、入れてみました。レモンティートリーには虫除け効果のシトラールやシトロネラ―ルを多く含んでいるようで、こちらも、ダニに効果があります。

アロマ虫除けスプレーの作り方

それでは、アロマ虫除けスプレーの作り方をご紹介していきます。

①スプレー容器に、無水エタノールを10ml入れる。
②虫除け効果のある精油を20滴入れる。
③蓋をして、無水エタノールと精油をよく振ってよく混ざるようにする。
④蓋を開けて、精製水を90ml加える。
⑤再び蓋をして、良く振って混ぜる。

これで、完成です。簡単でしょ♪

オーガニックの手作り虫除けの使用期限・保存方法の注意点とは?

手作り使用期限についての注意点

注意点として、手作りのオーガニック虫よけは、保存料や防腐剤が入っていないため、売られている虫除けなどのように保存することに向いていません。2週間ほどで使い切るようにしましょう。もし、肌につけて異常を感じた際には、使用を中止し、オーガニック虫除けを作り直すようにしてください。

オーガニック虫除けは、基本的に作り置きには向きません。作る時には、使い切れる量だけにして、1回50ml以下で作るようにするといいでしょう。

保存方法についての注意点

オーガニック虫除けスプレーに含まれる精油は、頻繁かつ急激な温度変化によって品質の劣化を招いていしまいます。

出来れば、冷暗所で温度が一定に保てるような環境がいいと思います。そうなると、家庭にある冷蔵庫に白羽の矢が向きますが、冷蔵庫にもデメリットが容器を取り出すと結露してしまう事です。湿気は精油にとって大敵。

精油の保存温度は、5~10℃の間と言われています。という事は、冷蔵庫の野菜室に置くことが最適と言えるかもしれません。

しかし、何度も言いますが、オーガニック虫除けには精製水など不純物が混じっていたり、防腐剤が入っていなかったりと、保管には適していませんから、あくまでも早く使い切ることをお願いいたします。

たとえば家族でキャンプやバーベキューに行く時など、出先で使い切るぐらいの量を作って持っていくと、虫も寄ってこず、快適に過ごせるのではないでしょうか。

材料3つで簡単!オーガニック虫除けアロマを手作りしよう♪保存方法・オイルのまとめ

オーガニック虫除けについて、「精油のいろいろ」や「オーガニック虫除けスプレーの作り方」「使用期限についての注意点」「保存方法についての注意点」などを取り上げてきましたがいかがでしたか?

近頃は、健康志向や良質なオーガニック商品が販売されていることから、虫除けスプレーに関してもアロマタイプが注目されています。今まで使っていた、虫除けスプレーが体の負担に感じている方、今年の蚊の対策にはオーガニック虫除けスプレーがおすすめですよ!

 

スポンサーリンク