猫の町おのみち住吉花火!車で行くなら!駐車場・アクセス・時間まとめ!

待ちに待った、今年もおのみち住吉花火まつりが、2018年7月28日(土)の19:30に始まります。楽しみですね♪

打ち上げ場所は、広島県尾道市土堂2住吉神社沖(尾道水道海上)で、1万3千発もの花火が打ちあがるそうですよ。

また、お祭りと言えば屋台も気になりますね。
屋台の中でおすすめしたいのが、「桂馬蒲鉾商店」さんが屋台で出す。蒲鉾です!瀬戸内でとれた、地物を使った蒲鉾美味しいですよ!

そんな楽しみな花火大会ですが、花火大会にはどのような交通手段で行かれますか、やはり車でしょうかね?そんな方に今回は、駐車場へのアクセス情報や、住吉花火のビュースポットをお届けしたいと思います。

スポンサーリンク

住吉花火の駐車場は昼頃には埋まる!早めに行くのが吉!駐車場へのアクセス方法!

広島エリアで最大級の呼び声の高い、おのみち住吉花火を見に行くには、当然車に乗って行かれる方も多いでしょう。
車で行くのにハードルになるのが駐車場ですが、土日であっても、おのみちの駐車場はかなり混雑します。花火大会はおよそ30万人の人が見に来るのでさらに混雑します。そして、住吉花火の当日は、駐車場は昼ごろには満車になってしまいます。出来るだけ早めに駐車する場所の確保をした方がいいでしょう。

さて、そんな住吉花火で停める駐車場探しはどうすればいいのでしょうか?
徹底的に調べてご紹介していきましょう!

おのみち住吉花火の駐車場(尾道駅前・千光寺エリア)

 おのみち住吉花火に車で行くのなら、まずは、打ち上げ場所に近い「尾道駅前」か「千光寺」に行くのがオススメです。  けれど、花火大会の当日には交通規制がしかれ、打ち上げ場所の近所の尾道市役所を中心に国道2号線から南のエリアが18時〜22時の間、一般車両の通行が出来なくなります。ですので、このエリアに駐車してしまうと、解除される22時まで出庫出来なくなります。なので、規制エリアには停めるのはおすすめしません。

また、おのみち住吉花火の当日は、臨時的に無料の駐車場が用意されますので、利用していきましょう。「千光寺公園」の駐車場は平常時、70台駐車ですが、花火大会では350台に拡大します。

■千光寺公園駐車場

〒722-0032 広島県尾道市西土堂町19−1
駐車場台数 420台

ここからは、駐車場の住所を載せておきますので、カーナビや、スマートフォンのナビ機能を使って、住所を入力してアクセスしてみてください。

おのみち住吉花火を見るなら、近場で車を止めてみたいと言う方もいらっしゃると思います。そこで、交通規制などにもかからない、打ち上げ場所に近い駐車場をチョイスしました。

■尾道駅前港湾駐車場

〒722-0036 広島県尾道市東御所町9
駐車場台数 230台
年中無休・24時間営業
最初の1時間200円、30分毎に100円。1日上限2,000円

■市営ベルポール駐車場

〒722-0036 広島県尾道市東御所町1−19
駐車場台数 199台
年中無休・24時間営業
最初の1時間210円、その後30分ごとに100円(24時間の上限2,470円)

おのみち住吉花火の駐車場(ベイタウン尾道エリア)

おのみち住吉花火の大会当日には、打ち上げ場所から少々離れたベイタウン尾道エリアにも駐車場が無料で提供されています。利用可能な時間は17時からです。

スポンサーリンク

■尾道市浄化センター

〒722-0051 広島県尾道市東尾道19−1
駐車台数 不明
時間帯 不明

■東尾道市民スポーツ広場

駐車場 利用可能時間17:30〜
〒722-0051 広島県尾道市東尾道19−3
駐車台数 不明
時間帯 不明

など、当日はベイタウン尾道の周辺に合計2300台分の無料駐車場が用意されます。なお、無料駐車場から会場には、シャトルバスを使いましょう。片道230円~280円の運賃になります。乗車場所によっては運賃が前後します。

さて、ここまで、駐車場の情報を取り上げてきましたが、ここで、ご紹介した情報はあくまでも過去の情報をもとにしたものになります。コインパーキングの料金改定や、ご紹介した後の閉鎖などもあるかもしれません。ご容赦頂きますようお願い申し上げます。

おのみち住吉花火の駐車場(向島エリア)

向かい側の向島であれば、尾道市の市街地程は混雑しないでしょう。混雑を避けて安全に近い場所で花火を楽しみたいなら向島がおすすめです。

■尾道市民センターむかいしま

〒722-0073 広島県尾道市向島町5531−1
駐車台数 100台
時間帯 不明

■向島運動公園

〒722-0073 広島県尾道市向島町11098−289
駐車台数 1000台
時間帯 不明

向島運動公園は、向島の中心から少し離れた場所にあります。ここからは、「尾道市民センターむかいしま」行きの有料のシャトルバスを使いましょう。向島の沿岸部から綺麗な花火が見れるでしょう。

住吉花火は海上・向島からも見える!穴場スポットの紹介!

おのみち住吉花火の穴場スポット!

■千光寺公園展望台

紹介してそうそうに穴場というよりは定番スポットをご紹介。
花火大会の当日は、ロープウェイも合わせて運行され、高台から住吉花火や尾道の街を合わせて楽しめるナイスビューな場所なんです。

■駅前緑化公園

駅に近くて、アクセスが良くて、な絶景ポイント。
ここは公式サイトでも紹介されているポイントで、打ち上げ会場からは少し離れていますが、駅前の尾道水道に少し張り出したところは、最も打ち上げ場所に近いところがあって、遮るものが無く視界良好で住吉花火を堪能できます。

■グリーンヒルホテル尾道の裏側

先ほどに続き駅に近いナイスビューポイント!JR尾道駅南口からすぐ。尾道水道に接するホテルの裏側にある穴場スポット。先ほどの緑化公園で無理ならグリーンヒルホテルはどうですか?綺麗に整備されたホテルの階段で、敷物でも持っていけば、花火見物に最高の場所になる事でしょう。花火が終わった後も、車を少し遠い場所に置いたとしても交通の便がいいから嬉しいですよね。

尾道住吉花火へ車で行くなら!駐車場・アクセス・時間まとめまとめ

いかがでしたか?
おのみち住吉花火の際は、無料の駐車場が提供されるなんて嬉しいですよね。それに駐車場がある場所に花火のビュースポットがあるなんていいじゃないですか、皆さんも千光寺公園の駐車場に車を停めて、千光寺公園展望台から住吉花火の美しさと、尾道の街並みを堪能するのがいいんじゃないでしょうか♪

子どもと花火大会はいつからOK?予想されるリスクと必須の持ち物まとめ!

スポンサーリンク