7月に使える!時候の挨拶の意味と使い方・手紙のおススメの色、モチーフ

最近若い人は、用事はメールで済ませて、あまり手紙を書かないといわれますが、それでも7月になるとそろそろ暑中見舞いを書こうかなと思う人もいるでしょう。

ビジネスの手紙やサークルや会合のお知らせなど、まだまだ手紙を書く機会はありそうです。親しいお友達ならば形式にとらわれず、すぐに用件でもいいのですが、目上の人に出すなら、時候の挨拶などもさらりと入れて、スマートに書き上げたいものです。そこで7月の時候の挨拶やその使い方をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

7月の時候の挨拶・夏・海開きの時期を表す言葉と意味

7月の時候の挨拶には暑さを表すものがたくさんあります。どれも暑そうですが、少しずつ意味合いは違うようです。使う時期がだいたい決まっているものもありますが、その時の天候に近いものを選んで使うのが良さそうです。

盛夏 夏の一番暑い時期 7月中

仲夏 夏なかば、陰暦の5月 6月6日~7月6日

猛暑 厳しい暑さ、ひどい暑さ 7月中

残暑 立秋の後まで残る暑さ

炎暑 真夏のはなはだしい暑さ 7月中

大暑 厳しい暑さ 7月22日~8月6日

盛暑 夏の暑さの甚だしいこと、夏の一番暑い盛りの時期 7月22日~8月6日

向暑 暑さに向かうこと、日増しに暑くなること

厳暑 厳しい暑さ、酷暑 7月中から8月6日

ご存知でしょうが、立秋は8月8日頃で(2018年は8月7日)これを過ぎると暦の上では、秋ということになります。ですから立秋前に出すのが暑中見舞いで立秋以後に出すのは残暑見舞いとなります。

スポンサーリンク

また季節を感じさせる時候の挨拶としては
海開き、海水浴、山開き、七夕、ほおずき市、夏祭り、蝉、朝顔などがあります。

実際に手紙を書くならば季節を伝える時候の挨拶に続いて、相手の安否を気づかう言葉を添えると良いですね。例えば、改まった手紙ならば

「盛夏の候、貴社いよいよご盛栄のこととお慶び申し上げます。」

親しい人への手紙ならば

「暑い日が続きますが、お変りございませんか。」あるいは「海開きの季節となりましたが、お元気にお過ごしでしょうか。」のように書き始めるのが一般的です。

7月のお手紙におススメの色とモチーフ・お花など!

目上の人や重要な手紙の場合は、便箋は白が無難ですが、親しい人ならば7月には海や山を思わせる薄水色や薄緑色の便箋や封筒が良く似合います。
夏を思わせる朝顔、ほおずき、ひまわり、貝殻、風鈴などのモチーフが入っているものも好感が持てます。絵を描くのが得意な人ならば無地の便箋やはがきにオリジナルのモチーフを描き入れると、もらった人は大喜びするでしょう。

7月(文月)に使える!時候の挨拶の意味と使い方・手紙のおススメの色、モチーフまとめ

7月に使う時候の挨拶は暑さを表すものが多く、使える時期がだいたい決まっているものもあるので注意したいです。その他にも季節の行事や花や自然にちなんだものもありますから、その時の天候なども考えてふさわしいものを使いたいものですね。

夏らしい涼しそうな色の便箋や封筒、絵柄もあったらなお嬉しいですね。自作の絵も大歓迎です、工夫を凝らした手紙やはがきで潤いのある生活を楽しみたいものです。

スポンサーリンク