出産でもらえるお金はパートだとどのくらい?パートさんの出産手当金の計算のしかた!

もうじき、出産を迎える、出産の時期が近付いているパートで働く女性の方々、出産するとなると何かとお金がかかってしまいますが、そんな時お世話になりたいのが、様々な制度ですよね。

その中でも、働いていて健康保険に加入していれば、制度を利用して給付を受けることが出来る制度があるのを皆さんご存知ですか?ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、この制度、健康保険に入っているなら使わないともったいないですよ!

スポンサーリンク

ということで、今回は、
「出産でもらえるお金はパートだとどのくらい?1日につき標準報酬日額の2/3!」
「出産でもらえるお金はパートだとどのくらい?出産手当金の計算の方法!」
について取り上げていきたいと思います。

出産でもらえるお金はパートだとどのくらい?1日につき標準報酬日額の2/3!

出産手当金とは?

「出産手当金」とは、妊娠して産休に入るため会社から給料の支払いが受けられない時に、健康保険から受けることのできる手当金をいいます。

 支給の対象となるのは、出産以前の42日間(多胎時妊娠、双子の場合には出産日以前98日間)から、出産日の翌日以降56日までの間に会社を休む事になった健康保険の加入者となっています。 支給対象は、上記の期間に会社を休んだ日数分となります。

一日分の支給額は、「支給対象者の一日につき標準報酬日額の2/3」の金額になります。

なお、この出産手当金を受ける為には、産休に入る以前に「出産手当支給申請書」という書面を前もって用意する必要があります。会社で用意してくれない時には、自分で社会保険事務所に取りにいかないといけなくなるので、前もって確認をしておきましょう。

出産手当金のもらえる条件

出産手当金は、「保険料を支払っていればもらえます!」という訳ではないようです。もらえる条件を見ていきましょう。

  • 被保険者の期間が継続して1年以上あること
  • 産休を取得して会社には在籍している方
  • 勤めている会社の健康保険に加入している方

出産する前に、勤めている会社に1年以上継続して勤めていて、勤めている会社の健康保険を1年以上支払っていれば、出産手当金を受給することができます。

パートやアルバイトの方でも、上記の条件を満たし、健康保険に加入して、保険料を支払っていればもらえます。保険によっていろいろな種類があります。まずは、自分の保険がどの保険なのか確認して下さい。

出産手当金もらえない場合

  • 国民健康保険に加入している方
  • 国民保険組合*
  • 専業主婦
  • 自営業、自由業
  • 扶養内

*国民健康保険に加入の場合、出産手当をもらう事はできません。
ただし、国民健康保険組合の場合には、もらえる可能性があるため、保険組合に問い合わせてみてください。

また、旦那さんなどの扶養に入っている方も、被扶養者の扱いとなって、出産手当金の対象にはなりません。ということは、扶養に入ったままパートをしている方も出産手当金の対象にならないということになります。

スポンサーリンク

出産でもらえるお金はパートだとどのくらい?出産手当金の計算の方法!

まずは、パートで働く女性がどのくらい稼いでいるのかを調べてみました。厚生労働省の「毎月勤労統計調査」によると、パート収入の全国平均月額が97,636円となっています。

この結果をもとに、パートの出産手当金についての計算方法をご紹介していきましょう。

出産手当金の計算方法

 産休期間中の仕事が出来なかった1日ごとに、出産手当金は支給され、その金額は、実際に会社から支払われたお給料から算出した「標準奉秋日額」というものを使用して計算することとなっています。 

実際に行われる計算では、場合によって多岐に分かれますので、これを全て説明することになると非常に量が多くなってしまいます。ですので、ここでは、最も基本的な計算方法をご紹介していくことにします。

計算の方法

例えば、4月・5月・6月に支給された給料をもとに計算する場合

1:4月・5月・6月に支給された給料の平均を計算します。
  もし、前月分の給料が翌月払いなら、3月・4月・5月となります。

2:その平均の金額が、下表の左列でどこに当てはまるかチェックして、その「日額」部分を見て下さい。
出産手当金は、その日額の2/3の額になります。

(計算例)
4月・5月・6月の給料が9万7千円ずつだったとした場合、月ごとに金額が異なる場合は、電卓で計算してください。
今回は、あくまでも計算方法なので簡略化しています。
ということで、給料の平均は、9万7千円、

9万7千円は、下表の第5等級となり、標準報酬月額は3,270円、出産手当金の金額は、3.270×2/3=2,180円ということになります。

実際にもらった給料 標準報酬
等級 月額 日額
63,000円未満 58,000円 1,930円
63,000~73,000円未満 68,000円 2,270円
73,000~83,000円未満 78,000円 2,600円
83,000~93,000円未満 88,000円 2,930円
93,000~101,000円未満 98,000円 3,270円
101,000~107,000円未満 104,000円 3,470円
107,000~114,000円未満 110,000円 3,670円
114,000~122,000円未満 118,000円 3,930円

出産でもらえるお金はパートだとどのくらい?パートさんの出産手当金の計算のしかたまとめ

「出産手当金とは?」「出産手当金をもらえる条件」「出産手当金がもらえないことも」「出産手当金の計算方法」などを取り上げてきましたが、いかがでしたか?

パートの給料の全国平均をもとに出産手当の金額を計算してみましたが、月額にすると2,180×30日=65,400円ですが、これだけ、入るだけでもかなり家計が助かるのはまちがいないでしょう。

今回ご紹介した出産手当金や他にもある制度を利用して、赤ちゃんのために使うもよし、産休中のお母さんの仕事のスキルアップに使うもよし、使い道は自由ですよ!

スポンサーリンク