シワシワお札を綺麗に伸ばす!マル秘裏技と銀行以外でピン札をGETする方法

財布にずーっと入れているといつの間にかくしゃくしゃになるお札。
お年玉なんかのポチ袋に折りたたんで入れられるお札。こういうお札って、何かブサイクだと思いません?やはりお金!特に一万円札はピンとまっすぐでシワのないものが美しいと感じます。特に大人になってくると、結婚式場での祝義袋にピン札は使いますので、出番の機会は増えてきます。

普段はそんなに意識することはないのに、ここぞ!という時、用意できないと非常に困ってしまうのがピン札です。うっかりでなかなか手に入らないと、焦ってしまうことも多々あります。

スポンサーリンク

しかし、このお札のくしゃくしゃをきれいに伸ばす方法というのはあるのでしょうか?まぁ、答えはとてもシンプル。銀行へ行けば、簡単に交換してくれます。ですが、わざわざ銀行へしわしわのお札とピン札を交換してもらいに行くのは少し面倒ですよね。そんな時に、お札のシワを伸ばしてピン札に近い状態を作り出すというとっておきの裏技があります。

というわけで今回は・・・くしゃくしゃなお札をピン札のようにしたい!でも銀行へ行くのは面倒!という方のために、マル秘テクニックをご紹介したいと思います。
どこの家でも簡単にできますので、知っておいて損はないですよ〜。

しわしわのお札を効果的に伸ばす裏技とは?お札をきれいに伸ばすときの注意点!

霧吹きを使った方法

★必要なもの

  • 霧吹き(水or洗濯のり)
  • アイロン

1.しわくちゃにお札の両面に霧吹きをまんべんなくシュッシュしていきます
2.アイロンで温風をこれまた両面にまんべんなく当てていきます

不思議な事にたったこれだけでピン札のようにお札がきれいになります。霧吹きに使う液体は水でもいいですが、洗濯のりの方が効果は期待できます。なぜ、洗濯のりを使用するのか?洗濯のりはそもそもTシャツなどの衣類の型崩れを防止するためや感触をよくするために使用されていました。要するにコーティングのようなものですね。

※注意点としてアイロンの温度は高くしないこと!お札はある程度耐久力を持ってはいるものの、それでも紙幣は紙幣、紙ですので、高い温度で長時間炙ると当然燃えちゃう危険性があります。そして、お札といえばきれいなホログラムがある部分、ここは特別熱に弱いですので気をつけましょう。万が一のために、ハンカチなどの布で紙幣をちょいと被せて、その上から低い温度でアイロンの温風をかけるといいでしょう。

スポンサーリンク

大根おろしを使った方法

★必要なもの

  • 適量の大根おろし
  • アイロン
  • キッチンペーパー

1.大根おろしをキッチンペーパーで包み、水分をよーく切ります(てるてる坊主のような形に)
2.大根おろしてるてる坊主をお札の両面にまんべんなくポンポンしていきます
3.あとは低音のアイロンで温風を浴びせていけば完成です

なぜ大根おろしでお札のしわくちゃが直るのか?その秘密は「デンプン」にあります。
元々、我々が使っているお札にはデンプンが塗られているんですが、このデンプンがピン札特有のピンとした状態を作っています。

ですが、しわくちゃになるにつれてこれが弱くなってピン!じゃなくなります。デンプンはしわくちゃになっても硬いままなのでより折り目などがつきやすいということ。

そこで、大根おろしの消化酵素の力を借り、デンプンを柔らかくするのです。水分と一緒にデンプンを柔らかくしたらアイロンの温風により水分だけが無くなり、残ったデンプンが再び硬くなりピン札のようになってくれるというわけです。

本物のピン札を手に入れたい時!銀行以外ではどこで手に入る?

上記の方法でピン札もどきを作るのめんどくさい!銀行とかでもらったピン札しか信用しない!という方は休日の場合どうすればいいのか?

実は他にもピン札を手にいれる方法はあります(*・ω・)ノ

  • 結婚式場・ホテル

ここでは、祝義袋がほぼ必須となるので、ホテル側もそれを見越してピン札を両替してくれるサービスを行ってくれるところがあります。

  • コンビニATM

これは賭けになりますが、コンビニのATMは新札が入っている可能性は高いので、一か八か出金してみて新札が出てくる希望はあります。ちょいとベーキングパウダーを買うついでに行ってみては?

  • デパート・百貨店

ここもホテルなどと同じく診察を両替してくれるお会計レジなどがあります。ただし「祝義袋をお買い求めのお客様のみ」という条件も突きつけてくる場合もあるので注意しましょう。

シワシワお札を綺麗に伸ばす!マル秘裏技と銀行以外でピン札をGETする方法まとめ

いかがでしたか?
意外と知らないピン札変身マル秘テクニックのご紹介でした。知っておくと必ずや役に立つと思います。

たかがピン札、されどピン札ですが、わざわざ外へ出かけてまで両替しに行くのは正直面倒ですよね。実行される場合はアイロンの火傷にはくれぐれもお気をつけて。

それでは良いピン札をヽ(*^ω^*)ノ

スポンサーリンク