風邪で声が出ない時!食べ物は何を食べればいいの?おすすめ食材・食べ物はこれだ!

風邪を引いたら「熱っぽい・鼻が詰まる・喉がおかしい・咳が出る」などなどの症状が現れます。

「熱っぽい」はご存知、熱さまシート。「鼻が詰まる」は鼻をシュッシュするスプレー。などなど、症状への対抗策はありますが、喉・咳に関してはなかなか対抗策というのは難しいです。

特に喉は栄養補給に必要な飲食で使うので、変なものを食べたりすると悪化する危険性があります。さらにのど風邪の怖いところは声が出せなくなるほどです。ですので、喉風邪の際は食べるものには十分気を付けましょう。

というわけで今回は・・・のど風邪を引いた際に食べるといいもの、そして食べてはいけないNGなものをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

のどが痛い時の食べ物!おすすめの食材・食べ物はこれだ!

風邪を引いて喉が腫れて痛いと「食べ物が喉を通らない!」というような感覚になることがあると思います。これは痛みだけではなく、気道や食道が喉の腫れによって狭く詰まっているような状態になるためです。これが、風邪を引いたときの食欲がないといった気だるさの原因です。よって、のど風邪の時はのどに負担のかからないものがいいでしょう。

やわらかいもの(茶わん蒸し、ゼリーなど)

のど飴

ハーブティー・ハチミツ生姜湯

上記の他にも、やわらかいゲル状の食べ物やうどんやおかゆなど柔らかくなるまで煮た料理がオススメ!さらにカフェインの少ない飲み物で喉を潤したり、のど飴をなめなめして唾液を多く分泌させることで喉を乾燥から守ることができます。コーヒーなんてご法度ですね。

また、のどに負担がかからないものだけでなく、のどを直接治すともいわれるものも食べるのもオススメ!その代表的なのが以下になります。

ハチミツ

 はちみつをぺろっとなめるだけでも十分喉の痛みには効果があります。 ただ、市販のハチミツではなくマヌカハニーがオススメ。マヌカハニーには炎症を抑える効果があると言われています。

生姜

 生姜に含まれる成分「ジンゲロール」「ショウガオール」が血行をよくしてくれます。 
ですが、生姜をそのまま食べるのはかなり刺激がキツイので、生姜湯やスープのように擦ったものを飲み物や食べ物に溶かすといいでしょう。

ネギ

 長ネギの香り成分の「アリシン」には殺菌効果があり、喉の悪いところを直してくれるそうな。 焼いて首に巻くとよいという言い伝えがありますが、当たり前ですが、加熱して美味しくいただいたほうが効果は高いようです。

大根

 大根の辛味成分「アリルイソチオシアネート」には抗炎症作用があり、非常に喉に良いと評判です。 オススメなのが大根とはちみつをタッパーなどの密閉容器に入れて寝かせ、出てきた汁を飲むのが良いそうです。大根おろしよりもハチミツがある分、こちらの方が摂取しやすいでしょう。

みかんの皮

 柑橘類の香り成分「リモネン」酸味のある「ビタミンC」などが風邪予防とのどの痛みに効果的です。 より栄養を増すためにみかんの皮を干したもの「陳皮」が売られていますので、これを生姜や黒砂糖などと一緒に煎じて飲むと効果的です。

キンカン

はーちみつキンカーンのど飴~♪でお馴染みキンカン。
みかんと同じ柑橘類なので風邪に効果的な「リモネン」や「ビタミンC」を含みます。だったらみかんの方がいいじゃんと思いますが、 キンカンは皮ごと実を食べられるのが特徴です。喉の痛みが気になるときにつまんで食べられますのでお手軽。 一工夫加えて黒砂糖で煮るとより効果が高くなります。

スポンサーリンク

キンカンにザラメ糖とはちみつを入れて長時間漬け込むと自家製キンカン飴ができます。これをスプーン1杯ほどぺろっと舐めることで喉の痛み軽減が期待できます。

ゴボウ

これまた意外な食べ物ゴボウ、喉の痛みには無縁なイメージですね。
 ゴボウに含まれる成分「サポニン」が喉の炎症を抑えてくれます。 ですがこのサポニンは灰汁の成分なので、喉への効果を期待するのであれば、灰汁抜きをあまりしないで調理したほうがいいでしょう。

タンが出てしまい気持ち悪いという方は、生のゴボウの根の汁、もしくはゴボウの種を煎じて飲むといいそうです。民家療法なのでちょっと美味しさについては保証できませんが。

黒豆

 黒豆の成分「アントシアニン」には喉の痛みを和らげる効果があります。 
このまま黒豆だけを煎じて飲むも良し、それにプラス、ゴマと昆布茶を追加して煎じて飲むも良しです。また、黒豆の茹でた汁に黒砂糖を加えて飲む方法も効果的です。

 梨の成分「ソルビトール」は喉の痛みを和らげて咳を鎮めてくれます。芯を取ってからはちみつを入れて蒸したり焼いたりして食べると効果があります。 梨をミキサーに入れてジュースにし、そこにはちみつを入れて飲むのもいいでしょう。ちなみにリンゴじゃダメなんだとか。

意外と喉にいいものはたくさんあるんですね~。ゴボウと黒豆は意外です。

喉が痛い時は喉を潤すこと刺激しないことが大事!おすすめケア!

喉を傷めて声も出ない時は刺激物を口にしないようにしましょう。

香辛料…唐辛子、わさび、マスタード、粗挽きコショウなど
炭酸飲料…コーラはあきまへんで
アルコール…中には風邪に効くお酒があるとか…?
熱すぎるものor冷たすぎるもの…おでん、カレー、アイス、かき氷など
味の濃いもの…いくらやわらかくても味噌煮込みうどんは濃すぎるのでNG

食べるものに注意したら最後は喉のケアです。
食塩水で鼻と喉をうがいしたら、首回りをマフラーなどで暖めましょう。

いかがでしたか?

急に声が出なくなると不安になりますが、パニクっちゃダメですよ。落ち着いて、筆談で会話をするなどネットで何かしら対策や情報を得ましょう。くれぐれも刺激物は口にしないように!食欲がないからって激辛料理なんてもってのほかです。

それでは良いお風邪ライフを(/・ω・)/

こちらの記事もおすすめです!




スポンサーリンク