子供のはさみはいつから持たせる?安全な持たせ方と練習法

小さな子供がはさみを持っているのを見ると、「危ない」「怪我するのではないか」と心配になってしまいます。

他の親御さんは何歳になった時からはさみを持たせているのか、安全持たせ方や練習法などどのような方法があるのでしょうか。

スポンサーリンク

子供のはさみはいつから大丈夫?

子供にはさみはいつから持たせたら良いのかということですが、いつから持たせなければならないということはありません。

お子さんが「はさみを使いたい」といったり、親御さんが使わせようと思った時にはさみを足せると良いということになります。

小さい頃から保育園や託児所に通っている場合には、親が知らないうちに使い始めている事もあります。まだ使い方がうまくなく、はさみを使っているのを見てしまうと辞めさせてしまいたくなりますが、大きくなったら使うものなので危なくないように見守りながら使わせていきましょう。

 市販の教材などでは、はさみを使う教材は2~3歳が対象年齢になっているようです。 

母子手帳などには4歳の頃の記録という欄に「はさみは上手く使えますか」と書いてありますので、3~4歳から使わせ始めるというのも良いでしょう。
お子さんや親御さんのタイミングに合わせ、はさみを使っていきましょう。

スポンサーリンク

子供にはさみはいつから?安全な持たせ方とおすすめの練習法!

子供にはさみをはじめて使わせるという場合には、はさみの先がとがっていないものを使わせると安心です。はさみを持ち握る力はあるけれど、はさみを開く力がないという場合にはスプリングの付いたものなど、幼児向けのはさみを選ぶことをオススメします。

はさみの使い方を覚えたら、補助などのついていない幼稚園の子が使うような子供サイズのはさみを使わせると良いでしょう。

はさみの使う場合には、まずは危なくないようにはさみを持ってウロウロしない・振り回さない・人にはを向けない・座って使う・お父さんやお母さんがいる所で使うなどルールを決めていきましょう。

切る練習をする場合には、紙を左手で持ち右手で切る・線に沿って切る・好きな形に切るという方法をたくさんやらせると良いでしょう。

楽しくはさみを使わせていと思うのであれば、市販の教材などを使い髪を切って何かを作るということをさせると良いかもしれません。

子供のはさみはいつから持たせるまとめ

はさみをいくつから使わせ始めたらよいのかというと、お子さんがはさみを使いたいと思ったり親御さんが使わせたいと思った時期からでよいようです。早ければ2歳から遅くても幼稚園に入る4歳くらいに使えるようになっていればよいということが言えます。

安心してはさみを使える環境を作り、ケガをしないように練習させていってみましょう。

スポンサーリンク