頭が痛いのはクーラー病のせい‼頭痛を改善するための3つのアイデア!

私たちの体は、周囲の気温などによって変化するようにできています。
夏の暑い時期には、血管を拡張させることによって、体の体温を外に逃がして、冬には血管を収縮させて熱をにがさないようにして体温を保持してくれているのです。

この働きを担っているのが自律神経ですが、しかし、この自律神経も夏のエアコンが効いている部屋と炎天下の屋外の行ききを繰り返すと正常に働かなくなってしまうのです。

あなたの頭痛の原因はクーラー病かもしれません、、、クーラー病のことを勉強して、しっかり対策をしていきましょう!

スポンサーリンク

まずはおさらい!厄介なクーラー病の症状とは?

クーラー病とは、別名冷房病といい、冷房がきつく効いた環境にさらされることによって、自律神経の機能が乱れてしまう病気のことをいいます。 正式な、病名はクーラー病とは言わず、主に冷房が原因で発生する「自律神経のバランスが乱れること」を指しています。 

人の体は、寒さや暑さに対応するために体温を一定に保とうとする機能があります。そして、この体温調整と発汗を制御しているのが、自律神経ということです。けれど、冷房が効きすぎで冷えすぎたり、冷房の部屋から炎天下の外に出入りすることによって、この自律神経が乱れてしまい、体調を崩してしまいます。

こうして、自律神経に負荷がかかってしまうと、手足の冷えにはじまり、頭痛、肩こり、腰痛、だるさ、下痢、便秘などというクーラー病特有の症状が顔を出します。この症状からすると、冷え症の症状と似ているため寒さ対策をしておけばいいだろうと思いがちですが、このクーラー病は症状がひどくなると慢性化してしまい、冷房が入った部屋にいると症状が出るのが特徴なのです。

仕事場はもちろん、レストランや外出先などに立ち寄った時にでも頭痛などの症状が出たり、悪くなると嘔吐などもあります。それ以外にも、食欲がなかったり、なんとなくだるいなどといった夏バテに類似した症状もあったりします。けれど、夏バテに似ているからといって同じ対処をしてもダメです。クーラー病と夏バテでは原因が異なるために対処法も違います。自己判断は要注意なのです。

その他にも、自律神経の乱れが生じると、睡眠の質が悪くなり、ストレス過多となって、それ以外にも体の外部、特にお肌にトラブルを起こしてしまいます。ホルモンや免疫力にも大きく関わっている自律神経は、バランスが崩れることによって,女性の月経不順や月経痛の原因や、風邪をひきやすくなったりの原因にもなります。

クーラー病の治し方3選!頭痛に効くのはまずは水分補給?

クーラー病の治し方!頭痛が起きてしまったら

 頭痛が起きてしまった時の対策としては、ストールやカーディガンなどで素肌部分を隠して、足を温めることによって頭痛が抑えられます。 その他に、オフィスでは難しいと思いますが、できるのであれば、窓をあけて換気をすることでも頭痛は軽減されます。

スポンサーリンク

クーラー病の治し方!自立神経を整える

自律神経の乱れから起こるクーラー病。
いかに自律神経を整えるかにかかっています。 そのためには、アロマセラピーや森林浴などを用いて、心と体をリラックスさせる方法などがあります。 

例えば、温めたお湯を洗面器などに入れて、その中に精油を数滴、ここでは、リラックス効果のある、ラベンダーやオレンジスイート、レモンなどの香りがいいでしょう。そして、お湯を足しながら10〜15分足をつけておきます。この方法は体に負担がかかりにくく、体調がすぐれない時にもできるのがいいところです。

クーラー病の治し方!汗をかくこと

 クーラー病になると汗腺の反応が鈍くなってしまいます。 このことにより、暑いところにいても汗が出なくなる症状がでます。こうなると、老廃物の代謝も滞るようになってしまいます。これを改善するには、意識的に汗をかくようにすることです。

例えば、毎日お風呂に入って温まる癖をつけたり、適度な運動をするのがいいでしょう。お風呂は、20分〜40分、38度のぬるいお湯にじっくり浸かってください。適度な運動は、ウォーキングがいいでしょう。汗ばむくらいまで行ってくださいね。そして、暑い時期に行うのですから、汗をたっぷりかいた後には、水分補給を忘れずに!

クーラー病の治し方!クーラー病対策アイテムのご紹介!

クーラー病で一番実行しやすい対策の方法は、服や小物で体温を調節することでしょう。冷え症の人が冬によく使っているひざ掛けは、足を温めるのに有効になってきます。下の方に溜まってきやすい冷気に対しては是非取り入れたい対策の方法になってきますね。

それ以外にも、先ほども述べましたが、スカーフやカーディガンなどで素肌部分を隠すことによってクーラー病には効果的です。冷房は、足元から冷えてくるので、厚手の靴下を履くのも効果的でしょう。あまりきつくて血行が悪くならないもので。

頭が痛いのはクーラー病のせいかも?頭痛を改善するための3つのアイデアまとめ

「まずはおさらい!厄介なクーラー病の症状とは?」
「クーラー病の治し方3選!頭痛に効くのはまずは水分補給?」
「クーラー病の治し方!クーラー病対策アイテムのご紹介!」について、取り上げてきましたが、いかがでしたか?

クーラー病になって、頭痛で悩まされているそこのあなた!クーラー病の頭痛には、スカーフやカーディガンで素肌部分を隠して、足を温めることが有効のようです。ぜひ、やってみてくださいね。ところで、江戸時代は夏の気温は今よりも3〜4度低かったそうです。今年の夏と比べるともっとかもしれません。そんな涼しい時代になれば、こんなクーラー病や熱中症で悩まなくてもいいのですが。

悩ましい時代ですが・・・文明の力も借りて、頑張って乗り越えていきましょう!

スポンサーリンク