日焼け跡を残さない!超簡単☆日焼けアフターケアの3ステップ!

暑い夏の日には日焼けが気になりますね。ほとんどの人が紫外線の害を知るようになりましたから、いろいろと紫外線対策はしていると思いますが、たまたま長時間外に出ていることになってしまったとか、うっかり日焼け止めを塗り忘れて顔がほてって、困ったという経験がある方も多いかもしれません。

日焼け直後は大丈夫でも秋口になって肌がくすんだり、ごわついたりすることもあるので、日焼けしてしまったら、できるだけ早くアフターケアをして、お肌のダメージを軽くし、シミやしわの原因にならないようにしたいものです。

スポンサーリンク

日焼け後アフターケアは冷やす!保湿!水分補給!の3ステップ!!!

 日焼けした後は出来るだけ早く、できれば72時間以内に適切なアフターケアをする必要があります。 紫外線によるダメージでシミやクスミの原因になるメラニンが出来るのを阻止しなければならないからです。それには何よりも冷やす、保湿、水分補給が欠かせません。

冷やす

 まずはほてったお肌を冷やすことが先決です。シャワーを浴びる、保冷剤を当てる、ぬれタオルで冷やすなど十分に冷やしましょう。 氷や保冷剤を直接また強くお肌にあてると皮膚が傷むこともあるので、タオルに包むなどして優しく抑えるようにするのが賢明です。日焼けがひどいときには時間をかけてほてりがおさまるまで冷やすことも必要です。

保湿

 日焼け後は肌から水分が奪われて乾燥しているので、ほてりが落ち着いたら、しっかり保湿する必要があります。保湿化粧水、できれば刺激の少ない敏感肌用のものをたっぷり馴染ませるのがいいですね。 皮膚が傷んでいることも多いので、こすったり、強くパッティングしたりすることは控えましょう。化粧水の後は乳液やクリームなどで皮膚を保護して水分の蒸発を防ぐことも大切です。日焼けがひどい場合はワセリンを塗るもの効果的です。

水分補給

日焼け後は肌だけでなく、体内の水分も不足しているので、水やスポーツドリンクを飲んで水分補給をすることが肝心です。 体の中から水分を補給することで体内の水分量が増えて、肌の保湿にもつながるからです。 

スポンサーリンク

美白肌に戻したいならホワイトニングマスクや低刺激化粧水パックもおすすめ!

 日焼けから1~2日たってお肌が落ち着いたら、美白肌に戻しシミやクスミの原因にならないために、ケアが必要です。ホワイトニングマスクや低刺激化粧水パックはお勧めできます。 

ホワイトニングマスクは効果的ですが、お肌が弱っているときには長時間の使用はかえって乾燥の原因になるので、使用時間には注意が必要です。低刺激化粧水はコットンにたっぷり含ませて肌にのせるのが効果的です。コットンパックもいいでしょう。

普段から心掛けたい日焼け予防としては食事で十分な栄養を摂ることです。健康な肌を保つにビタミンCやA、ミネラルが必要です。そのためにはトマト、パプリカ、イチゴ、レモン、グレープルーツ、キウイ、ブロッコリー、スイカ、ジャガイモ。ホタテ、牡蠣・牛肉、うなぎ、大豆製品などを積極的に食べたいものです。

紫外線を浴びると活性酸素が発生してメラニン色素が活性化し、シミやクスミの原因になりますが、この活性酸素を取り除くには抗活性化成分が必要です。それにはビタミンEやA、カテキン、イソフラボン、リコピンなどが効果的です。リコピンは赤い食品に多く含まれていて、トマトやニンジン、バナナ、アボガド、スイカなどに多く含まれているので積極的に取り入れたいものです。

日焼け後の超簡単☆アフターケアの3ステップまとめ

日焼けしたお肌はできるだけ早く冷やし、保湿し、水分補給をしてケアしましょう。肌が落ち着いたら、ホワイトニングマスクや低刺激化粧水で保護し、シミやクスミの原因にならないように気を付けたいものです。また普段の食生活で、ビタミン、ミネラル、イソフラボン、リコピンなどを積極的に摂り、美しく健康な肌を保ちましょう。

 

スポンサーリンク