子どもが歯みがきを嫌がる!いやいや期を克服するアイディア大特集!

赤ちゃんに可愛い二本の前歯が生えた時から、パパやママは大事な赤ちゃんの歯が虫歯になったら大変と歯磨きを考え始めるでしょう。最近幼児の虫歯が激減したのは、まさにこの歯磨きのおかげであると言われるのも分かる気がします。

赤ちゃんは歯磨きが好きとは限りません。口をぎゅっと結んで、あるいは泣き叫んで磨かせないお子さんもいます。虫歯が出来てしまっては可愛そう、かといって毎日大暴れされるのも大変と頭を痛めているパパやママのために、少しでも歯磨き嫌いを克服するアイディアを考えてみました。

スポンサーリンク

子どもが歯みがきを嫌がる原因はママ・パパにもある!?

子どもは好奇心旺盛で、なんでも口に入れたがるので、歯ブラシでも遊びでくわえるのは嫌いではないようですね。

でも歯を磨くとなると急に泣き出したり大暴れしたりするのは、懸命に磨こうとするママやパパにも原因がありそうです。早く磨かなくちゃ、ちゃんと磨かなくちゃ、と焦れば焦るほど、お子さんが嫌がるのは、口に歯ブラシを入れると痛いとか、押さえつけられるのが嫌だとか、あるいはまだ遊びたいのにもう歯磨きするのはめんどうだとか、眠くなった時に口をあけているは嫌だなとか、お子さんなりの理由があるように思われます。

虫歯を防ぎたい一心で「ちゃんと磨きなさい」と言い過ぎて、かえって歯磨き嫌いになってしまった例もあります。 まずはママやパパが歯みがきをきちんとしなくてはと焦る気持ちをぐっと抑えて、お子さんと一緒に歯磨きを楽しむようにしたいものです。 

子どもの歯磨き嫌いを克服するアイディア総まとめ!

 

スポンサーリンク

 お子さんが喜んで歯磨きをするようになるには、小さいお子さんならばお気に入りのぬいぐるみを持たせて安心させる、あるいはぬいぐるみに歯磨きをさせて、「○○ちゃんもやってみよう。」と誘導するのがいいようです。 

少し大きくなれば、絵本の虫歯や歯磨きの本を読んであげて、「歯磨きをすれば、虫歯にならないよ。」と説明すると効果があるようです。最初は上手く出来なくても、ちょっとでも歯ブラシを使えたら「上手にできたね。」「きれいになったよ。」と褒めてあげましょう。仕上げ磨きは短時間に、ゴシゴシ力を入れずにできるだけ優しく丁寧に磨いてあげましょう。じっとしているのが苦手なお子さんには好きな歌を歌ってあげながら磨くのもいいですね。

最近は飲み込んでも害のない美味しい味の歯磨き粉もたくさん出ているので、お子さんの好きな味を選んで使ってみるのもいいですね。

また歯磨きミラーという楽しい道具もあって曲をききながら歯磨きをし、自分の歯を鏡で見られるので小さいお子さんには人気があります。

また歯ブラシをくわえると歩き回って困るというお子さんには、歯ブラシの柄が口や喉に刺さったりしないようにフレキシブルになっている歯ブラシがあるので、試してみるのもいいでしょう。

また歯磨きができた日はシールを貼るとかカレンダーに赤丸をつけるとかご褒美があると、お子さんは俄然張り切ることもありますね。

子どもが歯みがきを嫌がる!いやいや期を克服するアイディア大特集まとめ

お子さんが歯みがきを楽しくできるようになるためには、ママやパパが焦らず、お子さんと一緒に歯磨きを楽しむぐらいの余裕をもって、歯磨きの習慣付けをしたいものです。

お子さんが眠いときや遊びに夢中な時を避けて、お子さんが安心できるようにぬいぐるみを使ったり、美味しい味の歯磨き粉を用意したり、歯磨きミラーの歌や鏡を使うなどお子さんにあった方法で歯磨きを促したいですね。仕上げ磨きも優しく手早く済ませましょう。

できた時には十分に褒め、シールを貼るなどのご褒美があるとさらに頑張れると思います。上手に歯磨きの習慣をつけて、きれいな歯で健康な毎日を過ごしたいものですね。

スポンサーリンク