おはぎ・ぼたもちは冷凍保存が正解?!美味しい保存方法と冷蔵保存がダメな理由!

春のお彼岸になったら「ぼたもち」を、秋のお彼岸になったら「おはぎ」を皆さんも作ったり、どこかの和菓子屋さんやスーパーで買ってきたりするのではないでしょうか。

おはぎやぼたもちって美味しいから、ついつい作りすぎたり、買いすぎたりしてしまって、そのあとの保存方法で困ってしまいますよね。常温で置いて置くのもいいけど、もって1日から2日ぐらいだし、置いて置くと味が落ちて美味しくない、でも、食べきれない。

そんな時にどのような保存方法があるのかと言うことで、今回は、おはぎ・ぼたもち美味しい不保存方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

なぜ?おはぎを冷蔵保存してはいけないのか?

秋になってお彼岸になっても暑さは残っていますよね。ですから、お彼岸にいただくおはぎって腐ってしまうのも早いわけです。それを、防ぐために、どのようにおはぎを保存すればいいのか、例えば、常温でおはぎを保存するとどうなるかを考えてみましょう。

常温でおはぎを保存するとどうなるのか?

密閉できるタッパーなどに入れて、直射日光が当たらない場所に保存するなどしても持って半日くらいです。季節と条件によっては、常温2日も可能な場合もあるかもしれませんが。ですから、できれば、その日のうちに食べてしまった方が良いと言うことになります。

冷蔵庫でおはぎを保存するとどうなるのか?

けれど結局、半日では食べきれなくて腐らしてしまうなら、冷蔵庫に入れて保存しようと言うふうになるのが通常だと思います。しかし、この思考が大きな落とし穴になってしまうのです。

意外なことに冷蔵庫の中は非常に乾燥しています。また、もち米のでんぷん質が劣化されてゴワゴワと固いものに変化してしまいます。おはぎの劣化が進むのは、0〜3℃ぐらいなので、冷蔵庫に入れておけばおくほど、おはぎの食感も風味もどんどん悪くしてしまうのです。

冷蔵すると劣化しやすい状況の中に美味しいおはぎを投入していいところを根こそぎ奪われてしまうということです。となると、あとの保存方法はどうすればいいのか、常温と冷蔵とくれば、残りは冷凍しかありません。

冷凍庫でおはぎを保存するのをおすすめする理由

 冷凍保存すると一気に零下になるまでおはぎを冷やしていくので、まずは、でんぷんに関しては劣化しにくい状態になります。 カチコチになるので解凍していただくことになりますが、冷蔵による劣化を防げているので美味しいおはぎは復元できます。

おはぎを冷凍保存する時のコツとおすすめ解凍方法

おはぎの冷凍保存

コツといっても、おはぎの冷凍方法はとても簡単です。
おはぎをラップに包んで(空気が入らないように)冷凍庫に入れて冷凍するだけになります。白ご飯を冷凍庫に入れて、保存するときと同様の方法ですね。

スポンサーリンク

可能であれば、急速冷凍を使用して、おはぎの美味しい状態を保ったまま保存できることで、解凍した際にも美味しくおはぎを頂くことができます。急速冷凍する際は、冷凍庫にアルミバット入れて冷やしておきましょう。その後、そこにラップしたおはぎを置くことで早く冷凍されます。

それから、包むものに関しては、ラップでもいいのですが、他にアルミホイルも急速冷凍には適しています。他にも、タッパーなどの保管容器にいれて冷凍してもいいでしょう。
その際は、解凍するときに手間がかかってしまいますので、おはぎ同士がくっついたりしないように気をつけてください。

おはぎの冷凍保存時の賞味期限

なお、冷凍保存して日持ちがすると言っても、冷凍焼けで味や風味が落ちてくるので、
できれば、 冷凍2〜3週間以内に食べきるようにしてください。 

おはぎの美味しい解凍方法

①おすすめは断然、自然解凍!!

 冷凍保存した、おはぎにとって、一番最適な解凍方法は自然解凍になります。 
冷凍保存されていた、おはぎを冷凍庫から出して、自然に解凍できるまで待ってください。

②お急ぎの時は、様子見しながらレンジ解凍

それでは、待ってられないと言う方については、おはぎを電子レンジで温めて解凍すると言う方法もあります。ただし、この方法は、溶け方にムラが発生してしまうので解凍が部分ごとに違ってしまい、食感がいまいちに感じられるかもしれません。電子レンジで解凍の際には気をつけながら解凍をしてみてください。くれぐれも熱々のおはぎになりませんように…。

きな粉のついたおはぎはどう解凍する?

他には、きな粉のついたおはぎもあると思いますが、この場合のおはぎには、解凍することによって、おはぎのもち米の水分がでて、きな粉のものはべちょつく可能性があります。このような場合には、 サランラップを剥がしてできるだけ水分を飛ばすように自然解凍がベスト。 

それでも、きな粉がまだらになってしまった場合は、再度きな粉をまぶしてしまえば見た目もきれいに戻ります。

おはぎ・ぼたもちは冷凍保存が大正解!美味しい保存方法と冷蔵保存がダメな理由!まとめ

「なぜ?おはぎを冷蔵保存してはいけないのか?」「おはぎを冷凍保存する時のコツとおすすめ解凍方法」について、ご紹介してきましたが、いかがでしたか?

美味しいぼたもちと、おはぎを長く食べたい時には、冷凍保存して自然解凍がベストと覚えておいてくださいね。冷凍と言っても永久的に日持ちするものではありませんから、2〜3週間以内には食べきるようにしてくださいね。

では、美味しいぼたもちと、おはぎを召し上がれ♪

おはぎのきなこのべちゃべちゃ断固阻止!きなこを湿らせない裏技とは?!

おはぎとぼたもちの違いは食べる季節!硬くならない美味しいレシピ紹介!

スポンサーリンク