固まった砂糖・塩をさらさらにする方法!アイデア・ライフハック!

どこの家にもある調味料と言えはやはり砂糖と塩ですね。たいていは調理台のそばに容器に入れて置いてあると思います。

砂糖や塩は傷むということはまずないので、一人暮らしの人ならば使い始めてからかなり長期間、容器に入れたままのこともあるでしょう。

ところがある日使おうとして開けてみたら、砂糖や塩がコチコチに固まってしまっていたということもありがちですね。スプーンですくうことはもちろん無理で、ナイフも刃が立たないなどということも・・・

塩と砂糖を何とかして元のようにサラサラに戻す方法と、日ごろから気を付けて砂糖や塩がコチコチにならないようにするコツをご紹介しましょう。

スポンサーリンク

砂糖や塩が固まるのはなぜ?原因は●●にあり?!

砂糖が固まる理由・原因!

砂糖が固まるのは乾燥するためです。
砂糖は製造過程で最後に水分を吹きかけてサラサラの状態になっているのですが、乾燥した場所に長く置くと、水分が飛んでしまって結晶化して固まるのです。

砂糖の性質上、湿気がある環境にさらされることで砂糖が水分を取り込んでしまい、砂糖の表面が蜜状に変化してしまいます。そして、この状態で乾燥することで固く固まってしまうのです。

ですから、 長い間、台所に置いてある砂糖がカチカチに固まってしまうのは、砂糖が湿気を吸ってしまいその後、乾燥することでこのような状態になってしまうのですね。 

なので、砂糖を固まらせないようにするには、一定に湿度を保持する必要があるのです。一度でも開いてしまった袋になると、湿気を通しやすい状況になるので、完全な対策をこうじるのであれば砂糖を密閉して湿気や乾燥にさらされない密閉容器に移し変えることが先決です。

ちなみに、砂糖は、固まったとしても性質は変わることはなく、例えカチコチになった砂糖の塊であろうとも食べられなくなる訳ではないので、捨てなくても問題ありません。

塩が固まる理由・原因!

逆に塩が固まる原因は湿気です。
塩はミネラルが多くて湿気に弱いので台所の調理台のそばだと料理の湿気で固まりやすくなるのです。ですから、砂糖や塩が固まるのは湿度が原因と言えるでしょう。湿度が低いなら低いまま、湿度が高いなら高いままであれば塩は固まることはありません。

 塩の場合は、塩の臨界湿度というものを境にして、その値が上下してしまうことが起こると固まってしまいます。塩には空気中にある水分を吸湿してしまう特徴があり、塩の表面が湿ることによって溶けていくのです。 このような状態から、空気中にある湿気が少なくなることで、次に塩の表面の水分が蒸発します。塩の表面は乾燥することによって結晶へと変化していきます。

このようなことを何度も繰り返していくことによって、塩の結晶がくっつきどんどん成長することになっていきます。その後は、大きな塊へと変化してしまうのです。

スポンサーリンク

固まってゴリゴリになった砂糖と塩をサラッサラにする3つの方法!

ゴリゴリになってしまった砂糖や塩はもう使えないと諦めることはありません。サラサラにする方法はあります。

砂糖をサラサラにする3つの方法

湿気を吸い込んでしまい、乾燥することによって再結晶化してしまってカチカチに固まってしまった砂糖を霧吹きやパンで湿度を+することによって復活を図ってみようと思います。

霧吹き

 固まった砂糖に霧吹きで水分を与えます。形が崩れてきたら、ほぐせる道具を使ってほぐしていきます。  くれぐれも、霧吹きで水をかけすぎないこと、溶けてしまって蜜状になってしまいます。少ない量で加減しながら霧吹きするのがポイントです。

食パン

 即効性には効果が乏しいですが、乾燥している場合に効果あり。 
やり方は簡単、食パンをちぎって、砂糖の入っている容器の中に投入するだけです。食パンは湿気を含んでいる為、砂糖に湿気が移ることで、5〜6時間程度でサッラサラです。

キッチンペーパー

 キッチンペーパーを折りたたみ、水に浸す。その後しっかりと絞る。お砂糖が入っている保存容器のふたを開け、キッチンペーパーを広げて上にかぶせる。ジッパー付きの密閉袋の中にキッチンペーパーごと入れ、しっかりと口を閉じる。  このことに、キッチンペーパーで湿気を与えられ、乾燥した砂糖を復活させることができます。

塩をサラサラにする3つの方法

湿気の影響によって、固まってしまった塩に関しては、加熱してサラサラにすることでフライパンを使ったサラサラにする方法や、生米を使った方法などをご紹介したいと思います。

フライパン

やり方はいたって簡単です。 固まった塩をフライパンに投入して、サラサラになるまで炒るだけです。 

生米

 塩の容器の中に生米を入れます。塩の湿気を生米が吸ってくれます。 
これで、塊になった塩も解けてサラサラに。ただし、即効性にかけるので、時間があるときに試してみてください。固まる前に入れれば、固まり知らず。

電子レンジ

 固まってしまった塩を耐熱皿にのせて、500Wの電子レンジで30秒〜1分程度加熱してください。  加熱したては火傷に注意!粗熱が取れるまではほぐさない。

固まった砂糖・塩をさらさらにする方法!アイデア・ライフハック!まとめ

「砂糖や塩が固まるのはなぜ?原因は●●にあり?!」「固まってゴリゴリになった砂糖と塩をサラッサラにする3つの方法!」について、ご紹介してきましたが、いかがでしたか?

お砂糖とお塩が固まってしまう原因とは、湿気と乾燥にあったんですね。つまり、空気中にある湿気や乾燥にお砂糖やお塩がさらされないようにすればいいのでは?それならば、ジッパー付きの袋でほぼ真空にするか、ペットボトルの炭酸を抜けなくするポンプで空気を抜いちゃって、湿気や乾燥知らずにするのはどうでしょう。

ご興味があれば、ぜひやってみてくださいね!

スポンサーリンク