【台風対策】室内を守るには窓をふさぐべし!台風対策の基本のき!

台風の季節になるとちょっと心配になる人も多いと思います。
特に最近は予想以上に強力な台風がおおすぎますね。普段は台風の被害が少ない地域では、台風に対する備えが少ないために被害が大きくなっている例もあるそうです。そこでどこに住む人でもとっさに出来る台風対策の一つとして、窓を強風から守る対策をご紹介しましょう。

すぐにできる台風対策!室内を守るためにはまずベランダを確認すると心得よ!

ガーデニングが好きな人ならば、ベランダに植木鉢やプランターを並べて草花を眺めて楽しんでいる人も多いでしょう。また園芸の材料や道具もベランダに出してあるかもしれません。

 でも台風などの強風のときはこうした植木鉢や園芸道具が吹き飛ばされて下に落ちたり、窓ガラスに当たって大きな被害が出ることがあります。強力な台風が接近しているときにはまず、ベランダに危険なものを置かないように気を付けないといけないですね。 
一時的にでも室内に入れたり、飛ばないようにロープで固定することも必要でしょう。

緊急時には窓に段ボールを張るべし!ガラス飛散防止フィルムの代用品のメリットデメリット

風速20メートル以上になるとガラス窓が割れる危険が高くなるので、窓に雨戸やシャッターがついている場合は台風が近づく前に閉めておくのが賢明です。雨戸やシャッターがない場合は、窓ガラスを補強し、カーテンを閉めてできるだけ窓に近づかないことが重要です。

スポンサーリンク

窓ガラスを補強するにはガラス飛散防止フィルムを張るのが最も安全ですが、用意がない場合はガムテープや段ボール、荷造り用のプチプチシートなどで代用します。それぞれの使い方を紹介します。

ガラス飛散防止フィルム
ホームセンターなどで買えますが、最近は100均にもあります。透明でガラスに貼ると物がぶつかってもヒビが入るだけで飛び散らないので安全です。素人でも十分張れるので、時間があるときに貼っておくのがいいですね。

ガムテープ
テープを窓にバツ印のように張っておくとガラスが飛び散るのをある程度防げます。ガムテープは紙の場合は後で剥がすのが大変なので、布制や張って剥がせるタイプの養生テープの方が良いでしょう。

段ボールや荷造り用のプチプチシート
これも応急処置として窓に貼ってガムテープ等で固定しておけば、ガラスの飛散防止にはなります。

ガムテープや段ボールはたいての家にあるので急場をしのぐには役に立ちますから、とりあえず使ってみるべきですが、飛散防止効果は十分ではないので、やはり飛散防止シートを張るのがより安全でしょう。ガラスを割れにくくすることは防犯にも効果があるので、検討する価値があるでしょう。

【台風対策】室内を守るには窓をふさぐべし!台風対策の基本のき!まとめ

台風の強風で窓ガラスが割れないためには、ベランダに物を置かない、あるいは台風の季節にはベランダに出してあるものを室内に片付けるようにする必要があります。

特に強力な台風に備えて窓にガラス飛散防止フィルムを張るのは効果的ですが、用意がないときにはガムテープやダンボール、プチプチシートをガラスに貼って代用することもできます。また室内のカーテンを閉めて窓に近づかないようにして、被害を最小限にすることも大切ですね。

 

スポンサーリンク