シュトーレンを美味しく食べきる食べ方アレンジ10選!

クリスマスの定番といえばシュトーレン。
クリスマスシーズンが近づいてくると、買ったり、いただいたり、または作ったりして食べますね。とても美味しいものですが、なかなか量が食べられず、いつのまにかシュトーレンがいたんでしまった、なんてことも。また、シュトーレンに、当たりはずれがあったりすることもしばしば起こりうることですね。さらに、作ってみたものの、うっかり失敗してしまい、どのように美味しく食べきってしまえばいいのだろうか……なんて考えることもあるかもしれません。

どうすれば、シュトーレンを最後まで美味しく食べきることが出来るのでしょうか。シュトーレンを美味しく食べきるアイデアを10個ご紹介します。

スポンサーリンク

シュトーレンにちょい足しで美味しく食べきる王道アイデア5選!

早速ですが、シュトーレンはいつ頃が食べごろかご存知ですか?

正解は、完成してから1カ月たった辺りなのです。その理由は、シュトーレンを熟成させることで、中身にあるドライフルーツやスパイスが生地によく馴染み、味を良くするのに効果を発揮するからです。

なので、ご自分で作るあるいはお店で購入する場合も、シュトーレンが作られてから1カ月ほどたってから食べ始めるのが美味しく食べるコツです。また、その食べ方ですが、一度にたくさん食べるのではなく、少しづつ切って日ごとにシュトーレンが熟成されていくのを味わいながら食べていくのが本場ドイツでの食べ方です。
シュトーレンはとてもカロリーが高いので、少しづつ食べるのは理にかなっていますね!

美味しい食べ方その1 常温でいただく

シュトーレンの熟成具合が日ごとに増すのを感じながら、味わって食べる。初めはパサパサとして、おいしさをあまり感じられないかもしれませんが、日を追うごとに旨さがにじみ出てきて美味しさを実感できます!

美味しい食べ方その2 焼いていただく

シュトーレンを少し厚めに切ってください。それをオーブントースターで焼きます。カリカリで香ばしいシュトーレンの完成です。

美味しい食べ方その3 温めていただく

こちらはレンジを使います。スライスしたシュトーレンをラップして15秒ほど温めます。温めることによって素材の香りを引き出します。バターも溶け出して、シュトーレンの中にあるお酒やドライフルーツ、スパイスなどの風味が合わさって絶妙の香りと旨さが堪能できます。

美味しい食べ方その4 冷やしていただく

シュトーレンをスライス後、その後ラップに包んで冷蔵庫で30分ぐらい冷やすのです。
初めは冷たいだけの味ですが、口の中でシュトーレンが温められると、味わいが溶け出し口の中に広がっていくの感じられます。
じっくりと味わって食べるのに持ってこいの食べ方です!

美味しい食べ方その5 クリームチーズと共にいただく

シュトーレンにクリームチーズを薄く塗っていただきます。
チーズとバター、ドライフルーツの異なる味わいが絶妙なハーモニーを生み出します。シュトーレンを温めた後にクリームチーズを塗ってもチーズのとろける感じが出て、おいしく頂けますよ!

スポンサーリンク

シュトーレンを食べきるためのアレンジアイデア5選!

食べきるためのアレンジその1 ホイップクリームを乗せる

シュトーレンの重厚感が、ホイップクリームのフワッと感と合わさってまろやかな食感になります。ホイップクリームは、シュトーレンの甘さが強いことを考えて、甘さを控えめにするのがベターです。

食べきるためのアレンジその2 ハチミツと合わせる

シュトーレンをスライスしてハチミツをつけるだけの簡単アレンジです。ハチミツの自然な甘みがシュトーレンの甘さと融合し、深みのある味を堪能できます。

食べきるためのアレンジその3 フルーツジャムと合わせる

シュトーレンにフルーツジャムをつけて食べます。
シュトーレンの中のドライフルーツとフルーツジャムがうまく調和し更に美味しく頂けます。甘すぎないフルーツジャムはシュトーレンの甘さをより引き立たせます。

食べきるためのアレンジその4(飲み物扁) 紅茶

シュトーレンは甘さが強いので、飲み物は、すっきりとして甘くないものだと、とても相性がよくなります。紅茶はその条件にピッタリの飲み物!?
シュトーレンと一緒にいただくとシュトーレンの風味と紅茶の香りがうまくミックスして絶妙です。また紅茶の苦みがシュトーレンの甘さと上手く作用して味を引き立ててくれます。

食べきるためのアレンジその5(飲み物扁) コーヒー

コーヒーにも苦みがあり、シュトーレンの甘さと相性がぴったりです。
また、コーヒーは香りが豊かなのでシュトーレンの香りとミックスして更に香ばしくなります!その際、コーヒーは甘さを除外するためにプラックもしくはミルク入りで飲むようにしましょう!!

番外編その1 ホットミルク

苦いのがどうも苦手だという人は、ホットミルクもなかなかですよ!?
シュトーレンの甘さとホットミルクのやさしい味わいがこれまたうまい具合に調和します。子供さんの場合、紅茶やコーヒーが飲めない場合もありますが、そんな時にはホットミルクだと安心して出してあげられますよね!

番外編その2 ホットワイン

ホットワイン専用のグリューワイン、シュトーレン、共にドイツ原産です。
なので、相性も抜群!ホットワインにはハーブやスパイスが混ぜるので、シュトーレンの甘さとホットワインのスパイシーさが絡み合ってとてもよく調和します。ホットワインはグリューワインを使うと簡単に作れます。

シュトーレンを美味しく食べきる食べ方アレンジ10選まとめ

シュトーレンの食べ方に、意外な方法があったことに驚いた方もいるかもしれません。本来なら、時間の経過とともに味が変わるシュトーレンを、いたむ前に食べきっておくのが一番の理想ですが、それでも残った時のための対処方法を上げてみました。

いずれにしても、せっかく作ったりいただいたりしたシュトーレン、最後まで美味しく食べきりたいものですね。それでも余ってしまった……なんてときには、知り合いに、お土産としておすそ分けするという手もありますね。クリスマスに会う知人や、親戚等におすそわけしたら、自分だけでなく、差し上げた方にも喜んでいただける機会になるでしょう。

クリスマスに食べるケーキとしては、まだまだマイナーなケーキであるシュトーレン。食べきるためのアイデアを紹介しました。今年はぜひ、クリスマスに食べるケーキとして、取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク