しもやけを早く治す方法!足にできた痛かゆいしもやけはコレで治そう!

寒くなると、いたかゆい「しもやけ」に悩まされる方も少なくはないと思います。
手や足が赤く腫れてしまって、見た目どころか、痛くて歩けなかったり、かゆくてかいてしまって傷になったり、血が出てしまったり…。

そこで、今日はしもやけができてしまった時の早く治す方法や、そもそもしもやけにならない為の予防方法を一緒に考えていきましょう!

スポンサーリンク

しもやけが足にできたときの治し方!

できてしまった「しもやけ」をなるべく早く治したい方必見です!

治し方①「お湯と水に繰り返しつける」

 しもやけになるとこの方法!と思っている方も多いはず。王道の治し方です。  40℃くらいのお湯にしもやけの部分をつけて温めます。そして、温まったら5℃くらいの水につけて冷やします。これを5回程度繰り返します。

治し方②「湿布を貼る」

 湿布を貼ることにより、血行をよくしてくれるため痛みを緩和できるそうです。  注意☆湿布のパッケージの効果効能に「しもやけ」と書いてあるものを必ず使ってください!

治し方③「入浴時にマッサージ」

入浴時に患部やその周りを優しく血行を流すイメージでマッサージしてみてください。

治し方④「ビタミンC・Eを摂取する」

血管を健やかに保ち、血流をよくしてくれる効果があるそうです。

治し方⑤「有酸素運動をする」

軽いウォーキングからはじめてみてください。きっと、血行が促進されてぽかぽか暖かくなると思います。

スポンサーリンク

しもやけが足にできないための予防方法!

先ほどは治し方を紹介しましたが、しもやけを作らない様にしっかりと予防すれば、いたかゆいで悩むことがなくなります。まず、そもそもなぜしもやけになってしまうのかというと…「寒さ」「冷え」「温度差」が引き起こす血行不良が主な原因になっているそうです。

早速予防方法を紹介していきます!

予防方法①「とにかく体を冷やさない」

どこにいても体をとにかく冷やさないように心がけましょう。外出時には防寒具で体温を下げないようにしてください。また、体に水分(汗、水など)がついてしまったら出来るだけ早くふき取ってあげてください。水分がついていると体の体温が奪われやすい状態になってしまいます。特に、湿ってしまった靴下には要注意です!

予防方法②「基礎代謝をあげる」

とにかく体を温めるには、体元々の体温をあげる必要があります。定期的に運動をしたり、バランスの良い食事を心がけたり、しっかり睡眠を取り、基礎代謝をあげて体温をあげましょう!

予防方法③「窮屈な靴や靴下は履かない」

窮屈な靴や靴下を履くことで血行を悪くしてしまします。
また、入浴時に予防的にマッサージをするのも効果的です。

しもやけが足にできたときの対処法まとめ

とにかく、「寒さ」「冷え」「温度差」には気を付けて手軽に予防できるマッサージを試してみてください。

血行がよくなれば、体がポカポカして冬の寒さにも負けない体を作れるかもしれません。基礎代謝をあげて、しもやけにも負けない体を一緒に作りましょう!

しもやけが治らない!手のしもやけを早く治す方法!

スポンサーリンク