喉のイガイガの治し方!セルフで喉の痛みイガイガを根こそぎ消す複合アプローチ!

寒くなってくると、一番気をつけたいのは体調管理ですよね。
寒くなり空気が乾燥したり、カラオケでたくさん歌を歌ったりすると、喉の調子が悪くなりますし。病院で薬をもらうのも一つの手ですが、なるべく薬にたよらずに自力で治せたらいいと思いませんか?

特に空気が乾燥していると、いつの間に喉がイガイガと痛み出し、それが風邪につながることもあります。忙しいと病院に行く暇もないですし、セルフで喉の痛みやイガイガの治し方はないでしょうか?

今回は私も実践している、喉のイガイガの治し方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

まずは喉を温める!口をゆすいでうがいの後はマスクでしっかり湿度を保つ!

喉の痛みやイガイガや風邪を引いた場合、暖かい飲み物などで喉を温めると少し楽になります。

 喉を温めることで痛みの原因のウイルスの繁殖を防ぎ、喉の腫れや痛みを抑えてくれます。ネックウォーマーやハイネックの服、マフラーやストールなどで首を温めるのも効果的です。 

人間は首と名のつく部位が冷えやすいので首を始め、手首、足首なども温めて、免疫力を下げないようにしましょう。そして、外出から帰ってきたときは、口をゆすいだり、うがいをした後はマスクで湿度を保つようにしましょう。

 マスクの効果というのは、マスクの網目で菌やウイルスが通るのを防ぐではなく、口元を覆って呼気で湿度を保つことで、菌やウイルスが入り込むのを防いでいます。 

ですので、うがいなどをして喉が潤ったら、マスクをして湿度を保つようにしましょう。喉のイガイガの治し方にもオススメですし、予防にもなりますよ。

イガイガにダイレクトアタック!おすすめ喉対策アイテム5つ

喉がイガイガする場合には、どのような対策アイテムがいいのでしょうか?
次に喉のイガイガに効く喉対策アイテムを紹介します。

・のど飴やトローチ

これは言わずもがなですね!そもそものど飴とトローチってどう違うの?と疑問に思われる方もいるかと思います。簡単に説明すると、のど飴は基本的には食品、トローチは基本的には薬です。しかし、のど飴の中にも医薬品として認められるものもあったり、トローチの中にも医薬品に該当しないものもあるので、有効成分の有無を確認して選ぶといいですよ。ドラッグストアや薬局で購入するときは、薬剤師さんや薬に詳しい方に聞いてみるのもいいと思います。

・マヌカハニー

マヌカハニーとはニュージーランド産のはちみつです。
殺菌作用のあるはちみつで、喉の痛みだけでなく、整腸作用があり、火傷や切り傷、口内炎にも効果がありますマヌカハニーには「UMF」や「MGO」という抗菌の濃度を表す数値があり、この数値が高いものほど殺菌作用も高いそうです。効果を期待するなら「UMF」は10以上、「MGO」は263以上が目安になります。
一日3回、ティースプーンに一杯ぐらいを目安に摂取するといいです。数値にもよりますがお値段が高めなので、手軽に取り入れたい方はスーパーやコンビニで販売しているマヌカハニー入りの、のど飴を試してみるといいかもしれませんね。

・大根はちみつ

大根とはちみつには抗菌作用と保湿作用がある成分が含まれていて、喉のイガイガを治すのに効果的です。
また、大根は消化を助ける成分が、はちみつには腸のビフィズス菌のエサになると言われているオリゴ糖が含まれていますので、第二の脳と呼ばれる腸の健康にもいいですね。※1歳未満のお子様には、はちみつは与えないようにしましょう。

スポンサーリンク

・喉スプレー

のどぬーるスプレーは喉についたウイルスにダイレクトに殺菌、消毒成分を届ける医薬品です。
うがいやトローチを舐めることができない状況でも使用できるので、とても便利ですよね。ミントやメントールなどのスーっとする風味のものが主流ですが、メントールが苦手な方は子供用の甘い風味のものを使用するといいかと思います。

・マシュマロ

意外かもしれませんが、マシュマロも喉のイガイガに効果があります。
マシュマロは原料に「マーシュマロウ」という植物の根の粉末が使われていました。マーシュマロウは気道の炎症に効果があると言われていたそうです。しかし現在販売されているマシュマロのほとんどはマーシュマロウではなくゼラチンが使われています。このゼラチンも喉を保護する効果があり、喉の乾燥対策にもなります。外出中にも持ち歩いて、手軽に食べやすいですよね。

体質によっても効果は変わりますので、ぜひ自分にあったアイテムを見つけてくださいね。

喉が痛い時はこれに注意!喉を傷める+冷やすNGの食べ物

喉が痛いときは、食べ物が喉を通りにくいと感じることもあるかと思います。これは喉の痛みだけでなく、喉の腫れによって気道や食道が狭くなっているからです。喉の炎症を悪化させないように、喉に刺激を与える食べ物は控えるようにしましょう。

・唐辛子・わさび・からしなどの香辛料
・炭酸水 ・チョコレート(意外かもしれませんが、刺激物になるので喉の痛みにはNGです。)
・メロンやパイナップルなど、酵素が多い果物
・そば、きゅうり、ナス、セロリなどの体を冷やすもの

上記のような、喉を傷める、冷やす食べ物はNGです。

またお酒もNGです。
お酒を飲みすぎて酒焼けをしたことがある人もいる思います。アルコールは喉に負担がかかります。加えて冷たい状態で飲むと喉を冷やすことになり、免疫力も低下するので、避けるようにしましょう。

後はウーロン茶もよくありません。
油物にはウーロン茶が合いますが、それはウーロン茶が油分を流してくれるからです。喉の場合に油分を流してしまうと、喉を守るものがなくなってしまって、菌に攻撃をされやすくなってしまいます。声優さんでも、ウーロン茶は喉に悪いから絶対に飲まないなんて人もいるそうです。

ぜひうまく食べ物を選んで、喉のイガイガを悪化させないようにしてくださいね。

喉のイガイガの治し方!セルフで喉の痛みイガイガを根こそぎ消す複合アプローチまとめ

喉がイガイガするときは、放っておくと痛みや腫れが悪化することが多いです。私は風邪は喉からくるタイプですので、乾燥をする時期は喉のケアが欠かせません。それこそ毎日のように龍角散のど飴を舐めています。自分の体質は自分が一番わかっているはずです。そして、その体質に合う喉のイガイガ対策や治し方は必ずあります。

今は色々は喉のイガイガ対策アイテムがあります。飴でもいいですし、飲み物でもマスクでもなんでも構いません。ぜひ自分に合って、続けられる喉のイガイガ対策を見つけてくださいね!喉のイガイガの治し方を参考に、早めの対策で症状をやわらげましょう。

スポンサーリンク