風邪の時はアイスがおすすめ!のどの痛みにも効果アリ?!

風邪の時に無性にアイスが食べたくなることはありませんか?

痛いのどを冷やしたい…、熱であつい体を冷ましたい…、とにかく甘いものが食べたい…様々な理由がありますよね。ですが、風邪の時に体を冷やしていいのかと不安になり、伸ばした手をひっこめてしまう方も少なくはないと思います。

そこで今回は風邪の時のアイスについて詳しく調べていこうと思います。

風邪ののどの痛みに意外とアイスを食べるのは有効?!

ついつい風邪でのどが痛いと、のどを冷やしたくてアイスを食べたくなってしまいますよね。 冷たいアイスがのどを通るときに、痛いのどが冷やされて気持ちいい感覚になりますよね。それは、赤く腫れたのどを一時的にクールダウンして痛みを和らげてくれる効果があるからだそうです。 

風邪になると動きたいのに体が思うように動かなかったりしてストレスが溜まってしまいますよね。しかし、ストレスが体の免疫機能を弱めてしまい、風邪にはとても大敵です。アイスを食べる事で、のどが冷やされたり、熱で熱くなった体をクールダウンしてくれたりするので、気持ちがリフレッシュされストレスを軽減してくれる効果が期待できます。

 また、風邪で食欲がない時にでもアイスはスーパーやコンビニで、手軽にたんぱく質や糖質などの栄養をとることができます。 風邪をひいたときに不足になりがちな栄養素を補う手助けをしてくれるので、何も食べたくない状態の時にアイスを食べてみるのはいかがでしょうか。

風邪の時のおすすめアイスはコレ!

風邪の時は、氷菓やラクトアイスは避け、乳脂肪分が多く含まれている「アイスクリーム」をなるべく選ぶようにしてください。

スポンサーリンク

その中でも特に「バニラアイス」がおすすめです。バニラの香りには、リラックス効果や抗菌・抗ウイルス作用によって免疫を高める「リナロール」という成分が含まれています。アイスクリームを食べる際、食べれるようでしたらビタミンCのたくさん含まれているフルーツをトッピングして一緒に食べるのが特におすすめです。

風邪でアイスを食べるときの注意点!

ただやはり風邪の時にアイスクリームを食べ過ぎると、「体を冷やしてしまって免疫力を弱めたり、胃腸の不調を引き起こしてしまい下痢になってしまう可能性」が考えられます。
食べ過ぎには気を付けて少しづつ体調に合わせて食べてください。

また、アイスだけでは人間が健康に生きるための栄養素は補えません。食べる気がわかない時もあると思いますが、消化の良くて温かい物(おかゆや雑炊・うどんなど)を少しずつでもいいので食べるようにして、早く元気になってくださいね!

こちらの記事もおすすめです!





スポンサーリンク