マスクが息苦しい方必見!快適マスク選びのポイント+マスク改造対策!

冬の時期はマスクは必須ですよね。風邪予防はもちろん、自分が少し体調が悪いときなどエチケットとしてマスクをするべきだと思います。しかし、マスクってつけ慣れていないと息苦しいと感じてしまいますよね。マスクには様々なタイプがありますが、息苦しいと感じない快適マスクだったり、マスクの改造方法はあるのでしょうか?

マスクをつけたいけど息苦しいと感じる人へ、快適マスクやマスクの改造方法について解説をしたいと思います!

スポンサーリンク

マスクが息苦しくて嫌いな人におすすめの息のしやすいマスクの特徴4つ!

マスクをして息が苦しいと感じるのは、通気性が悪かったり、口や鼻をマスクが圧迫することによって感じます。しかし、通気性が良かったらマスクの意味もありませんし、そこのバランスは難しいですね。しかし、今はマスクが息苦しいので嫌いな人にも、マスクの効果を落とさずに息のしやすいマスクもあります。そのようなマスクの特徴を紹介します。

立体型

 立体型のマスクは、口元が立体的に広がっているため、マスクからの圧迫が少なく息苦しいと感じにくいです。 また、女性の場合、お化粧移りも起こりずらいので、嬉しいですね。

センターワイヤー型

鼻のところにワイヤーがついていることで、 鼻の形にマスクをフィットさせることができます。それにより、立体感も生まれ、マスクの圧迫を和らげることができます。 

ソフト生地タイプ

使い捨てのマスクではなくて、 柔らかい生地でできた、洗って繰り返し使うタイプのマスクです。ソフトなつけ心地で、負担が少なくて、マスクのつけ心地も気持ちよくなっています。 

シルク配合タイプ

 マスクの生地にシルクが使われている使い捨てのマスクです。耳や鼻、口への圧迫も少なく、柔らかな生地のため、息苦しいという負担が軽減されています。 マスクには色々なタイプがあるので、ぜひ自分に合ったものを見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク
鼻や口を覆っている生地が薄いほうがマスクで息苦しいという現象を抑えられます。私も何種類かマスクを使ってみて、生地が薄めのマスクのほうが息がしやすく、快適につけれました。立体マスクや、3D構造になっているマスクもお勧めです。そして口元が浮いているタイプのほうが、圧迫感がなく、マスクをしていて息苦しいのを抑えてくれます。女性用の口紅がつきにくいタイプでよくある、センターワイヤー入りも、おすすめですよ。マスクをしていて息苦しいと感じる方は、息のしやすいマスクの特徴をとらえて、選ぶことをおすすめします。

マスクが息苦しい時の応急処置!簡単快適マスク改造方法!

息のしやすいマスクの特徴をとらえて購入したものの、それでもマスクが息苦しい時の応急処置の方法をご紹介したいと思います。マスクが息苦しい時の応急処置として、簡単にできる快適マスクの改造方法はないでしょうか?結論から言えばあります。

空間を作る

息のしやすいマスクの特徴でもご紹介したように、マスクに圧迫感があると、マスクが息苦しいと感じやすいので、マスクと口の間に空間を作るようにしましょう。方法はカンタン!マスクの上辺、鼻に当たる部分にティッシュを畳んで挟む、これだけです。これによって、マスクの上部にわずかな隙間と空間ができて、息苦しいのを大きく軽減してくれます。またこの方法によって、マスクによってメガネが曇るのを防ぐことができます。

マスクの換気・交換

長時間マスクを使用していて、マスク内の温度や湿度が上がると、マスクが息苦しいと感じることがあります。そういう時はマスクを外して、しばらく喚起をするか、新しいマスクに取り換えましょう。

パッケージに息がしやすいと書いているものを意識して選ぶ

それでもマスクが息苦しいときは、マスクを換気・交換をしてミントやハッカの飴やフリスクをなめるのはおすすめです。口臭予防にも役立ちますよ。わたしは息がしやすいマスクの特徴と、マスクが息苦しいときの応急処置で、快適にマスクを使用することができています。個人差はあると思いますが、是非お試ししてみてください。

マスクは風邪対策や、エチケットには必要不可欠です。そして、そのマスクのタイプもたくさんあります。マスクが息苦しいと感じて苦手という人も、自分に合ったマスクを見つけて、しっかりとマスクを着けるようにしてくださいね!

スポンサーリンク