つゆだく牛丼の保存方法!常温?冷凍?作り置き・翌日でも美味しい保存方法!

牛丼って美味しいですよね。
こま肉でも家で簡単に作れるため、牛丼を食べたくなったら家で作るという人も多いのではないでしょうか?牛丼を家で作ると、味付けも自分好みにできるため、ハマってしまいますよね。しかし牛丼を家で作る場合、困ってしまうのが保存です。牛丼を作りすぎて保存に困った経験はありませんか?作りすぎた牛丼の保存方法としては常温にするか冷凍にするか、それとも冷蔵でしょうか?

実際、よくわかりませんよね。ここでは、作りすぎた牛丼を翌日でも美味しく食べられる保存方法について解説をしたいと思います。

スポンサーリンク

牛丼の美味しい保存方法!常温・冷蔵・冷凍まとめ

牛丼ですが、保存方法を常温・冷蔵・冷凍でそれぞれまとめたいと思います。

牛丼の正しい保存方法!常温編!

牛丼は常温でも保存はできますが、保存期間はだいたい20時間ほどになります。常温で保存する際には、できるだけ高温多湿の場所は避けるようにしましょう。また夏場では、保存期間はもっと短くなるので、お腹を壊す心配がある方は夏場の常温保存は避けるようにしましょう。

 翌日すぐに食べる予定があるのなら常温保存でも良さそうですが、逆にそれ以外なら、やはり冷蔵か冷凍の方が良さそうですね。 

牛丼の正しい保存方法!冷蔵編!

牛丼を冷蔵で保存する際には、ご飯と具は別で保存するようにします。ご飯と牛丼の具を一緒に保存をしてしまうと、ご飯が水分を吸ってしまって、べちょべちょの食感になってしまいます。牛丼の具を冷蔵保存する際は牛丼の具だけをタッパーなどに入れて、しっかりと蓋を閉めて、密閉するようにしましょう。そして食べる際には、電子レンジでチンをしたら、熱々のご飯の上にかけることで出来立ての牛丼が食べられます。

また少し古くなった牛丼は、ご飯と牛丼の具をそのまま、炒めてチャーハンにしてしまうという裏技もあります。作り方としても、牛丼をそのままフライパンに入れたら、そのまま炒めて、お好みで中華だしやごま油を入れるだけです。牛丼チャーハンという、なかなか破壊力のあるレシピですが、意外とマッチして美味しいですよ。ただの牛丼に飽きたらちょっと冒険をしてみるもの良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

牛丼の正しい保存方法!冷凍編!

牛丼の冷凍方法としては、牛丼の具を作ったら、その粗熱をとって、そのまま汁ごとジップロックなどの密閉容器に入れるようにしましょう。またその際には、しっかりと空気を抜くようにしましょう。それを冷凍したら、後は牛丼を食べたい時に、容器ごと湯煎をするか、電子レンジでチンをすればOKです。電子レンジの加熱時間としては600Wで3分ほどです。牛丼チェーンのレトルト食品の場合もこのような方法で解凍しますね。

牛丼は冷凍をすれば賞味期限も気にせず、まとめて作り置きも可能です。うまく活用してくださいね。

牛丼の賞味期限は?美味しく食べられる保存期間とは?

牛丼ですが賞味期限は、常温なら1日、冷蔵なら3日ほどで、冷凍なら1ヶ月程度になります。それ以降でも食べられないことはないですが、賞味期限が過ぎて、時間が経てば経つほど、牛丼の美味しさは低下していくでしょう。

また上記の賞味期限は、理想的な保存環境の場合です。ですので、夏や湿気が多い梅雨の時期には、賞味期限や保存期間は短くなってしまいます。ですので、保存期間に限らず、やはり牛丼はできるだけ早めに食べることをオススメします。やはり理想は出来立ての牛丼を頬張ることでしょう!牛丼をうまく保存をして、最後まで美味しく食べるようにしてくださいね。

牛丼の保存方法日持ち・保存方法まとめ

消費期限・日持ち 保存方法 注意点
常温 約20時間(夏場は不可) ラップをして保存 なるべく早めに食べるのが○
冷蔵 3日 ご飯と具を別にして密閉保存 保存の際密閉することが大事
冷凍 1ヶ月 粗熱を冷まして密閉保存 解凍の際は600Wで3分か湯煎で

牛丼は手軽に作れるだけでなく、うまく保存をすれば、長期間の保存も可能な便利な料理です。またこれは牛丼に限らず、豚丼など作り方が似ているものには応用が可能です。牛丼はお肉をしっかり食べることができて、スタミナもつきます。牛丼を最後まで美味しく食べて、毎日を元気に過ごすようにしてくださいね!

スポンサーリンク