【即席】絆創膏の代わりになるもの3選!おすすめラップで湿潤療法!

子どものころからちょっとした切り傷や擦り傷には絆創膏を貼ってきたのではないでしょうか?小さい子どもはよく転びますが、絆創膏を貼っただけで安心しますよね?また大人でも外出先や突然の出来事で絆創膏を常備していなかった、忘れてしまったというケースがままあることです。

急遽ケガをして絆創膏を貼りたいけど、絆創膏が家にない!ということありませんか?応急処置として家にあるもので絆創膏の代わりになるものを3選に絞り、紹介をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

即席!絆創膏の代わりになる!ラップ絆創膏のメリットと向かない傷!

普通の絆創膏は水にぬれるとすぐにはがれてまた貼り直し、テープでかぶれることもありますよね?何枚も使っていると絆創膏のコストも気になります。低コストで気にせずに何回も貼りなおすことができ、傷跡が残ることが少ない絆創膏代わりとして使えるのが、食品用ラップの絆創膏です。

ラップ絆創膏とは、ラップフィルムを絆創膏代わりに使うことですが、ラップを絆創膏代わりに使う方法を「湿潤療法」といいます。「湿潤療法」は傷ができた後に出てくる浸出液に含まれる細胞修復の成分効果を最大限に発揮できる方法で、絆創膏を貼るより、傷跡が残ることが少ない方法です。また、ラップであれば、かぶれる事が少なく、簡単に貼ったりはがしたりをする事ができるため、皮膚のトラブルを防ぐことができます。ラップ療法の材料は食品用ラップと医療用テープです。消毒もガーセも必要ありません。

メリットは、普段キッチンで使っている食品用ラップを使うのでコストがかかりません。また、ラップは簡単に貼ったりはがしたりできるのでかぶれることが少なく、皮膚の弱い方や、お子さんの皮膚のトラブルも防げます。 なんといっても絆創膏より早く治り、傷跡が残りにくいことです。 

【ラップ絆創膏の方法】

①傷があるところを水道水で洗い流し、よく拭きます。擦り傷に砂や小さなゴミが入っているときは水でよく洗い流しできるだけ取り除きます。傷口から出るジュクジュクした液体は拭かないようにし、気になる場合はワセリンを塗って保護します。

②傷を覆うようにラップを巻きます。

③医療用テープでとめます。

ただし、「湿潤療法」には向かない傷もあるので注意が必要です。血管を傷つけている可能性のある出血多量な傷、動物や人に噛まれてできた傷、皮膚内の組織が見えて、臭いがする傷は自己判断でラップ療法をするのではなく、医療機関を受診しましょう。

スポンサーリンク

即席!絆創膏の代わりにする!指先の傷に応急処置ティッシュとマスキングテープ!

料理をしていて、包丁で指を切ってしまったという経験を持つ人は少なからずおりますが、そんな包丁で指を切ってしまった時に絆創膏がないときに応急処置として利用をすることができるのがティッシュとマスキングテープです。

応急処置としてティッシュをマスキングテープにのせ、絆創膏のように巻いてみましょう。マスキングテープは少しは水をはじくので一時的な絆創膏としては十分使えます。お気に入りのマスキングテープならお子さんも気に入って貼ってくれそうですね。また、普通の絆創膏をマスキングテープでリメイクしてかわいくする方法もあります。キャラクターの絆創膏は枚数が少なく、少し割高ですが、マスキングテープでリメイクしたものならコストも安く、かわいい絆創膏がたくさんできますよ。作り方も簡単、絆創膏の上にマスキングテープを貼り、絆創膏の形に整えてカットするだけです。

効果はラップよりも薄いものの、菌が入ってしまう可能性を防いでくれて、すぐに用意をすることができ、処置もしやすいため、ティッシュとマスキングテープは応急処置としてはとても役に立つモノだという事が分かります。

しかし、ティッシュとマスキングテープの応急処置をする前に必ず傷口を水で洗う事が大切です。

即席!絆創膏の代わりにする!血が止まっている傷には効果抜群に卵の薄皮!

傷口に卵の薄皮を貼る方法があります。血が止まっている傷の場合に卵の薄皮が効果があるという何とも信じがたい行為ですが、昔からある民間療法で実は、相撲界では常識とさえされています。実際に力士の多くが卵の薄皮で傷口に貼るという事を行っており、今では当たり前とされています。

卵の殻についた薄皮は「卵殻膜」といい、コラーゲンやヒアルロン酸、グルコサミンなど、皮膚組織を修復する力があるとされており、卵白にはリゾチームという殺菌力のある酵素があり、抗炎症作用や出血抑制、組織修復作用があります。卵白のついた薄皮を貼ることにより、リゾチームがはたらいてくれます。また、皮膚の細胞が活発に増殖して、傷を早く治す効果もあります。血が止まっている傷には効果抜群です。おばあちゃんの知恵袋的な民間療法ですが、一部では「天然の絆創膏」とも呼ばれ理にかなった療法といえます。

アルマード社が、卵殻膜による傷の治療について東京農工大学との研究論文が、アメリカの科学専門ジャーナルに掲載されることを発表している事でも知名度が上がっていますが、効果抜群であり、すぐに効果があらわれる事から、おすすめの処置であるという事が分かります。

絆創膏の代わりになるもの3選まとめ

怪我をしてしまった時、切り傷を作ってしまった時に絆創膏の代わりになるものをいくつか紹介をさせていただきましたが、どれも効果抜群であり、すぐに用意をすることができるものばかりです。万が一の為にも絆創膏の代わりになるものをしっかりと覚えておき、実際に必要になった時にはどの方法が効果があるのかをしっかりと考えられるようにしておきましょう。しかし、あくまで応急処置の方法です。どのシチュエーションでも必ず良い方法とは限りません。そのため、いつ怪我してもすぐに処置をすることができるように絆創膏を用意しておくことが大切です。使い慣れている絆創膏であれば、すぐに処置をすることができるため、絆創膏を切らさないで確保をしておきましょう。

絆創膏がなければ家にあるもので絆創膏の代わりになり、ちゃんと傷も治る方法があります。ちょっとした傷なら、まずは即席で貼っておいて、それが適切かは医療機関に診察してもらうことをおすすめします。できればコストをかけずに絆創膏で自然治癒力にまかせておきたいところですが、まちがった治療は悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。即席で絆創膏の代わりに!というときには簡単にできるのでやってみてください。

スポンサーリンク