冬の乾燥でかゆみが止まらない?腰回りのぶつぶつの原因とは?

寒くなると乾燥で肌がかゆくなってしまうけど、どうしたらいいかわからない方、悩んでいる方必見です!空気が乾燥していると、かゆくてついつい掻いてしまいますよね。寝ている間に傷になっていたり・・・。かゆみならまだしも湿疹や黒ずみが出るわで手なんかはひび割れになっちゃうことも・・・

今回は、冬の乾燥のかゆみの原因と腰回りにできるぶつぶつについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

冬の乾燥のかゆみ!腰回りのかゆみの原因とは?

 皮膚が乾燥しているときにかゆみが起きてしまう原因は…肌が老化しているサインかもしれません! 

 

そもそもの原因は、気温の低さによる血行の悪化、これにより肌細胞にまで栄養がいかなくなります。ましてや、冬は汗もあまりかきませんから皮脂膜の減少にもなります。

さらに、空気の乾燥によりお肌の中の水分量が減少し、皮膚表面に微細なひび割れができてバリア機能が低下します。バリア機能が低下した角層は、外部からの刺激を防ぐことができないため、刺激を受け続けることになります。

さらにさらに・・・

かゆみの神経が皮膚の正面近くまで伸びてきてしまうことから、ちょっとした刺激でもかゆくなる「かゆみ過敏」の状態になってしまうのです((((;゚Д゚))))オソロシイ…

全ての元凶は乾燥により発生するターンオーバーです。

暖房による乾燥やお風呂での洗いすぎ(こすりすぎ)、熱いお湯に浸かりすぎが主な原因です。よくかゆいと思うところに“黒ずみ”がありませんか?これ実は乾燥によってできるんですよね、かくと、さらに黒ずみ悪化しちゃいますよ(゚Д゚;)

お肌のターンオーバーを簡単に説明すると、お肌の角質が古くなっていくと次に新しいお肌の角質に生まれ変わるそれの繰り返し、いわゆるお肌のサイクルですね。簡単にいうと・・・出来損ないのかさぶたが出来ちゃうんですねφ(`д´)メモメモ…

乾燥により、そのサイクルが遅くなって古くなって乾燥した角質が溜まっていきます。古く乾燥した角質は柔軟性を失い剥離しやすくなるため、そこから外部のアレルゲン物質が侵入し易くなり炎症が起きます。それがかゆみです!

そして老化によるうるおい成分の減少

また、歳をとると、肌にうるおいをとどめておく皮脂や細胞が減ってしまいます。そのため、肌が乾燥しやすくなり、かゆみが起こります。

また、 肌が老化してしまうと肌の新陳代謝が低下してしまいます。そのため、ターンオーバーのサイクルが遅くなり、古く乾燥した角質が肌表面に溜まってしまいます。乾燥し分厚くなった角質は、柔軟性を失いはがれやすくなってしまいます。そのはがれた所から、アレルギー物質が侵入しやすくなり、炎症を起こしてしまいかゆみが起こってしまうそうです。 

かくと悪化してしまう恐れも・・・

かゆくて、炎症部を引っ掻いてしまうと、その部分の角質がまたはがれてしまうのでアレルギー物質が侵入してしまいます。そこからかゆみを悪化させてしまう可能性があるので注意してください。かゆくなってそれをかけばまたかゆくなっちゃうので、さらにそれを抑えようと強く引っ掻くことにより先ほど言った出来損ないのかさぶたまでも引き裂いてさらに悪化する・・・という負のスパイラルに陥ってしまいます(;゙゚’’ω゚’’):

スポンサーリンク

 この症状は腰回りだけでなく、足のスネや背中、骨盤でも見られますのでお気を付け下さい。 さらに女性の場合、妊娠中はホルモンバランスの変化によって肌質が変わることによりかゆくなりやすいらしいです( ノД`)イヤァ

冬の乾燥のかゆみの対策方法

まずは、かゆみ止めの成分の入った医薬品でかゆみを抑え、かくのを控えるようにしましょう。しかし、症状を抑えるだけでなく、お肌の状態を改善できるものを選ばなければなりません。次に、入浴後にできるだけ早く保湿剤をお肌に塗りこみましょう。(できれば入浴後10分以内がベスト)これにより、入浴によってお肌の中の水分が逃げなくなる蓋の役目を担うことができます。

対策方法①「エアコンの風を直接受けない」

肌が乾燥する原因の一つに、寒い冬に部屋を暖めるために使う「暖房」があります。エアコンの風が直接当たらないように風向きを調節したり、加湿器を使ったり、肌が乾燥しない様に心がけましょう。

対策方法②「入浴方法を改める」

急激な温度の変化で乾燥を引き起こしかゆみが起こってしまうそうです。熱いお湯に長くつかると、皮膚の保湿効果が低下してしまうので、お風呂は38℃~40℃くらいに設定してみてください。

また、保湿効果のある入浴剤やボディーソープを使うことで、全身の保湿をすることができるので、乾燥によるかゆみを抑えられる可能性があります。

対策方法③「ボディクリームやオイルを使う」

入浴後は必ず水分を肌に閉じ込めるイメージで、ボディクリームやオイルを優しく塗りながらマッサージをしてあげてください。好きな香りで癒されるし、体のむくみもマッサージによって軽減されるので、ぜひお気に入りのクリームやオイルを見つけて試してみてくださいね!

最後に・・・疲れやストレスはお肌のかゆみを悪化させますので、十分な睡眠と栄養をとりましょう。 ちなみに・・・お肌のケアに最適な栄養はビタミンA(ウナギ、レバー、ニンジン等)、ビタミンE(豆類、たらこ、植物油等)です。普段の食事に積極的に盛り込んでいきましょう(^▽^)/ 

冬の乾燥でかゆみが止まらない時の対処法まとめ

冬の乾燥によるかゆみはとにかく「保湿」をすることが大切です。つい、顔の皮膚の乾燥が気になってしまいがちですが、ボディケアも忘れずしっかりしてあげてくださいね。

やはり、かゆいと保湿剤とかどうでもいいと思うほどかきたくなりますよね。ある意味これが最大の敵かもしれませんその衝動をグッとこらえて、体全身をしっかり保湿して、乾燥知らずのもちもち肌を一緒に目指しましょう!(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

スポンサーリンク