【3.11から学ぶ】+αの防災グッズ!女性だから持っておきたいアイテム6選!

地震、集中豪雨・・災害というのはいつどこで起こるかわかりませんよね。そこで備えあれば憂いなし、ということで準備のお話です。今、私がこの記事を書いているこの時に、災害が起こる可能性も十分ありますよね。非常食や水、懐中電灯などの防災グッズを準備している方も多いのではないでしょうか。

今回はそういった定番の防災グッズはおまけとして、女性ならではの防災グッズをご紹介します。

+αの防災グッズ!女性だから持っておきたいアイテム6選

冷静に自分を見つめる「手鏡」とメイクは無理でも「眉墨」は自尊心を保つのに良かった!

被災したときに鏡で顔を見たり、眉墨を使う余裕なんてあるの!?と思われる方もいるかもしれません。しかし、【3.11】の被災者の女性の中には、「手鏡」と「眉墨」を持っていればよかったと思われていた方もいるようです。 被災した時にしっかりとメイクする余裕はなくても、眉毛だけでも書くことで女性としての自尊心を保ち、精神的な不安からくる疲労を少しでも軽減することができたそうです。 

メイク用品などは支援物資では優先順位も低く届きにくいものですし「手鏡」と「眉墨」は被災して不安な気持ちでいっぱいの女性の心を少しでも明るくしてくれるアイテムではないでしょうか。お風呂に毎日は入れない状況では、メイク落としシート、洗顔シート、ボディシートなども便利です。

防寒はもちろん目隠しにも!多用途に使える「大判ストール」は必須アイテム!

実は、大判ストールはすごく多才なアイテムなのです。 大判ストールの活用方法は寒いときの防寒だけでなく、明るい場所で寝づらいときの目隠しや、ケガををした時の三角巾代わりにもなります。 大きめのバスタオルでも代用できますよ。

【防寒】
肩から羽織ったり、マフラーのように首に巻いたり、腰に巻いて巻きスカートにできます。靴下がわりに足に巻くと足元が冷えません。寝るときは毛布に重ねてしいたり、足の下にひいて足を少し高くして寝ることもできますよ。

【目隠し】
避難所では人が多く、プライバシーがなくなるのでカーテン代わりにかけることもできます。日差しが強い場所では紫外線対策にもなります。首に巻いて体全体を隠すようポンチョのように使えば体を拭いたり着替えるときの目隠しに便利です。

洗濯できない下着を清潔に保つ「パンティーライナー」は女性の味方!

 洗濯ができない状況でも、下着だけはなるべく清潔にしておきたいですよね。 そういう時に役に立つのが「パンティーライナー」です。パンティーライナーは軽くて薄いので、かさばらないのもいいですよね。

【おすすめの香り付きパンティライナー2選】

  • ソフィ Kiyora ホワイトフローラル 

清潔感のある上品な香りがふわっと広がるパンティーライナーです。通気性の良いシートが、べた付きやムレを防いでくれるので、洗い立ての下着のような気持ちよさが続きます。

  • サラサーティ コットン100 ナチュラルローズの香り

天然コットン100%のふわふわなシートは、肌への刺激や負担が少なく、優しい肌触りです。また、ナチュラルローズの香りは強すぎず、うっとりするような香りです。

スポンサーリンク

絶対に入れておきたい「生理用品」は使い慣れた物を最低1周期分は入れておく!

 女性にとって「生理用品」は必需品ですよね。防災グッズには必ず入れておくようにしましょう。必需品である生理用品は1周期乗り切れば救援物資として届きやすいので、最低1周期分は入れておくと良いかとおもいます。 また、生理用品のナプキンやパンティーライナーはすごく清潔に作られていて、ケガをした時に傷口に当てることもできますよ。

多くのストレスを感じると生理が不順になってしまうこともありますし、頻繁に変えることができないときもあるので、ナイト用も必要です。生理用のショーツも多めに用意し、生理時に鎮痛剤が必要な時は常備しておきましょう。生理用品は1周期を乗り切れば救援物資として届きやすいこともありますが、やはり使い慣れたものが肌へのストレスをかけなくてよいので、準備しておくとよいでしょう。

洗濯しやすく体を締め付けない「カップ付きインナー」は1枚あるだけで全然違う!

被災された方の中には、救援物資として届いた下着がサイズや素材が合わなくて、結局一か月ぐらい同じブラジャーを付けていた、という方もいるそうです。 カップ付きインナーは洗濯しやすい上に、体を締め付けないので寝るときにつけていても、不快感を感じにくいので1枚は持っておくことをおすすめします。 

【おすすめのカップ付きインナー2選】

  • ユニクロ エアリズムブラキャミソール

やはり、定番のユニクロのエアリズムは優秀です。機能性抜群で付け心地がとても良い上に、ブラの作りもしっかりとしているので、バストラインも綺麗に見せてくれます。サイズも充実していて、XS~3XLまであります。(XS、XXL、3XLはオンラインのみの販売です)

  • ニッセン アンダーフリーブラトップ

内臓ブラのアンダーゴムがないので締め付けを感じにくい、ストレスフリーな着心地です。アンダーゴムがなくても、ブラトップ全体がストレッチ性の高い生地を使用しているため、優しくしっかり体にフィットする作りになっています。

見直し用!基本持ち出しグッズ(一次持ち出し用)

  • バッグ・・まずは、避難!という時に持ち出すのでリュックタイプがオススメです。両手は空けときたいですからね
  • 水1人1日3㍑
  • 食料品(乾パン、缶詰などすぐに食べられるもの、飴やチョコレート、野菜ジューズなどもあると気持ちが落ち着いたり、栄養のフォローにも)最低でも3日間、できれば1週間程度
  • 救急医薬品、常備薬・・処方薬、傷薬や頭痛薬、絆創膏、その他飲み慣れた薬、処方箋の控も入れておくと便利
  • 携帯ラジオ、予備の電池
  • 懐中電灯、ランタン
  • 現金、貴重品・・私は防犯の意味もあり別に管理していますが、リュックの一番上に「現金 貴重品 鍵」と書いたメモを貼ってます。千円札や小銭が、すぐ使うのには便利。
  • 預金通帳、印鑑
  • 免許証などの身分証明書、保険証
  • タオル・下着・靴下など衣類(できれば長袖、長ズボン)、雨具
  • ヘルメット、ホイッスル(居場所を知らせたり、危険を知らせるには便利)
  • 軍手、手袋(なるべく厚手のもの)
  • ロープ(縛る、つなぐ、張るなど色々使えます)
  • マッチ、ライター、携帯用カイロ
  • ティシュ、ウエットティッシュ、歯みがきシート
  • 洗面用具、お湯無しで使えるシャンプー
  • 簡易トイレ
  • 粘着テープ、油性マジックペン、貼れる付箋
  • 携帯充電器、モバイルバッテリー

おさらい少し落ち着いて安全が確認できたら必要になる二次持ち出し!

  • カセットコンロ、ボンベ
  • 食料品(簡単な調理で食べられる物。特別に非常食として揃えておくのも良いのですが、ローリングストックを実践して、日頃から意識するのもいいと思います。)
    ※ローリングストックとは、普段遣いしながら備蓄をする方法・・保存できる缶詰やレトルト食品などを少し多めに買って、食べたら買い足す。いつも備蓄ができている状態です。保存期間が迫ってきているものから使うのもポイント。

これらは、少し落ち着いてきてからなので、キャリーケースや大きなボストンタイプのバッグに入れておくと運ぶのに便利です。家族皆で分担して運べるように分けておくのもいいですね。

持ち出す物が準備できたら、置く場所も大事です。玄関や、ベッドの下のすぐ手が届く場所など、取り出しやすい場所に置いておきましょう。クローゼットの奥なんてことはないように!そして、靴。できれば夜の災害に備えて、ベッド近くに運動靴が備えられているのが理想です。地震などで壊れたガラスを踏んで逃げることも考えられますので。台風などの時は長靴の使用も考えられますが、中に水が入ってしまって身動きが取れなくなることもあるようなので、状況に応じて履き替えましょう。逃げる時は着の身着のまま、という状況も考えられます。玄関の分かりやすい所に帽子(飛んでくるものから、頭を守ります)やちょっとした上着(パジャマの上にさっと羽織れる)を常備しておくと安心ですね。

防災は心構えと準備が大事

日本には四季があり、特に夏と冬は気温が全然ちがいますよね。防災グッズは夏と冬で入れ替えることをおすすめします。冬は防寒のしっかりした厚手の服やストールを夏は身に着けるものは薄手でかさばらない分、水分をしっかりと準備しておきましょう。今準備してある防災グッズに、女性の方はこの記事に書いてある「手鏡」「眉墨」「大判ストール」「パンティーライナー」「生理用品」「カップ付きインナー」を+αの防災グッズとして準備しておくと、いざというときすごく役に立ちますよ。

とはいえ、あれこれ考えると、心配は尽きません。でも、ローリングストックのように、非常食のことを非常食と考えずに準備しておくと、買い足しということなので、非常食を考えなくちゃ!というストレスはなくなります。また、いつもの味を非常時にも食べられるということで気持ちが落ち着きます。準備品のリストの中には、アウトドア用品や介護用品なども入れてみました。歯みがきシート?と思われた方は、介護用品のコーナーを見てくださいね。日頃行かない売場も、違う視点で見ると便利グッズの宝庫かも知れません。ウチには赤ちゃんはいませんが、赤ちゃん用のおしり拭きだったらお肌に優しいので何にでも使えそう!と常備しています。準備をする際には余裕があるので、少し楽しみながらという気持ちをプラスしてもいいのではないかと思います。あまり難しく考えずに、日常生活の延長で考えてみましょう。ローリングストックの発想は、食料品だけではなく日用品にも応用できますので試してみては如何でしょうか?

 

スポンサーリンク