PTA役員決めを徹底的回避!角の立たない円満な断り方はこれだ

お子様が小学校に上がると、ご両親からしたらだいぶ楽になる一方、PTAなど人間関係で悩まされることも多くなります。子供達のために、親同士が仲良く協力できればいいのですが、実際はそれも難しいことが多いです。「PTA役員になってストレスを感じた、もうやりたくない!」そんな声もよく聞きます。PTAの役員で、自分のご家庭がなおざりになってしまったら、正直意味がないですよね。ですので、PTA役員決めを徹底的に回避するというのも一つの手です。しかし、そんな時に角の立たない円満な断り方はあるのでしょうか?

ここでは、色々と悩まされることの多い、PTAの役員決めについてや回避の方法について解説をしたいと思います。

スポンサーリンク

PTA役員決めを徹底回避!知っておきたい免除規定はあるの?

PTA役員決めですが、PTAの免除規定はあるのでしょうか?
結論から言うと、これはそのPTAの地域によるところが大きいです。会社でいう就業規則のような、PTA規則が文書としてあるところはあるのですが、作っていない地域では当然ながらありません。ただ規則がある場合は、免除規定も書かれていることが多いので、そちらをしっかり読むようにしましょう。

免除規定がある場合は、以下のような人が免除される可能性が高いです。

・妊娠中である
・小さい子供がいる
・役員を以前にした
・一人親
・介護がある

これらの場合は確かに、PTAをするのは大変ですよね。ですので、このような免除規定に当てはまっていたら全力でそれを盾にしましょう。

スポンサーリンク

PTA役員決めを徹底回避!角の立たない円満な断り方はこれだ!

上記のような理由があれば、その理由でPTAの役員決めを回避すれば大丈夫でしょう。しかし、免除規定がなかったり、どれも当てはまらない場合、円満な断り方はあるのでしょうか?紹介したいと思います。

町内会ですでに役員

PTAと町内会は別の組織です。例えば、町内会の役員の方が楽そうだったらそちらをやってしまうのは手です。それで、すでに町内会の役員をやっていることを理由にPTAの役員決めの方を回避しましょう。

事前に選考委員or現PTA役員の人に伝える

事前に選考委員の人や現PTA役員の人にPTA役員をやりたくないことを伝えておくのも一つの手です。理解をしてくれる方ならうまく手回しをしてくれるかもしれません。

夫が反対していると言う

旦那様には悪いですが、夫が反対をしているということにして、矛先を旦那様に向けてしまうのもありでしょう。ただその際は、旦那様には事前に相談をして理解をしてもらってくださいね。

キッパリと断る

PTA役員決めの際に、一番最悪なのが、中途半端な態度で、断りきれなくて引き受けてしまって結果的に周りに迷惑をかけることです。ですので、この際、嘘はつかないでキッパリと断るというのも手です。角が立たないという点では、そうではないかもしれませんが、逆にキッパリと断ることで意思表示ができるので、すんなりPTAの役員決めを回避できるかもしれません。

親しい友人とやる

これも回避とは少し違うかもしれませんが、仲の良いママ友の方で同じように困っている人がいたら、その方と先にPTA役員をやってしまうのもありです。PTA役員決めは大抵くじ引きになります。その際、仲が良くない方やちょっと苦手な方と一緒に仕事をすることになったら精神的にもきついと思います。だったら、PTA役員決めの際に楽しんでできそうな、仲の良い方と一緒にやってしまって、先にPTA役員をやったという既成事実を作るのはありです。

 PTAの仕事は円滑にできれば案外楽しかったりします。その環境を自分から作るのも手ですよ。 

PTA役員決めはめんどくさいことが多く、回避したい気持ちもわかります。今はPTA役員というのも疑問視されており、PTA廃止の動きも出てきています。うまくPTA役員決めを回避して、大事な家族との生活を第一に考えるようにしてくださいね!

スポンサーリンク