ひな祭りはいつからいつまで人形を飾るの?はじめてのひな飾り

3月3日といえば女の子の節句ひな祭りです。

初めて女の子が生まれてひな人形を飾るという場合、いつから飾りはじめいつ片づけたらよいのかと悩んでしまいます。

初めてのひな祭りいつから飾って、いつ片づけるのかを紹介していきたいと思います。

実は当日じゃない!ひな人形はいつから飾るのか知っておこう!

女の子が生まれ、初節句を迎えるという場合にはひな人形を階に行ったり、またはご両親から購入していただくという家庭もあるようです。
華やかでおめでたく、お子さんが健やかに育ってくれることを願いお祝いをする行事となっています。

ひな人形を購入する場合や飾りつけをする場合に、大安や仏滅といったものが気になるという人もいるようです。日本では縁起を担ぐ人も多いことから、大安や友引が良いと言われています。

ですから、お祝いのためにひな人形を購入する場合、気になるのであれば購入しすぐに持ち帰るということは少ないと思うんで、家に届く日が大安や友引になるように調べ、配達や郵送をしてもらうというのはいかがでしょうか。

また、ひな人形を飾る場合には古くからのしきたりとして、立春または2月最初の大安に飾るのが良いと言われているようです。

2月3日の節分で厄を払った後、ひな祭りの1週間前くらいまでには飾った方が良いと言われているので、カレンダーを調べ2月中の大安を調べひな人形を飾っていきましょう。

絶対にそうしなければならないということではないので、家の都合などに合わせて飾っていくと良いでしょう。

スポンサーリンク

ひな祭りの人形を片付けるのはいつ?

ひな人形は、「早く片付けないとお嫁に行くのが遅くなる」と言われることがあります。

このようなことを聞くと早く片付けなければと思ってしまいますよね。
しかしこれは、「片付けがきちんとできないようでは、きちんとした女性になれずお嫁さんにもなれない」としつけの意味を込めた言い伝えだと言われています。

 ひな人形を片付ける時期は、3月3日に片づけるという地域、旧暦(4月3日)まで飾っている地域様々です。 

実際は、啓蟄の日の3月6日ごろにひな人形を片付けるのが良いと言われているようです。
しかし、天気が悪く雨が降っている場合湿気がひな人形などに残ってしまい次の年に明けた時、カビやシミができてしまっては悲しくなってしまいます。

ですから、次の年もきれいなひな人形を見る事ができるように、お天気と相談をしながら大切にしまって片づけていくということが大切になってくるようです。

ひな祭りはいつからいつまで人形を飾るの?まとめ

ひな人形は、2月3日の節分が終わった日から、3月3日のひな祭りの1週間前までの間の大安や都合の良い日に出すことをオススメします。

また、片づけるのは3月6日の啓蟄の日以降、天気が良くひな人形などに湿気が残らないお天気が良い日に行うようにしましょう。

毎年、きれいなおひな様に遭えるように、きれいにお手入れをしてあげましょう。

スポンサーリンク