髪の毛の悩み寝る時ミディアムの人はどうしたらいいのかまとめました!

髪の毛の寝癖がひどくて、朝の準備がモタモタと時間がかかることないでしょうか?髪を整えるのに時間がかかってしまうと、朝から疲れた気分になってしまいますよね。そんな髪の毛の悩み、寝る時に気を付けたいポイントがあります。

今回はミディアムヘアの人は寝る時にどうしたらいいのかをご紹介します。

スポンサーリンク

髪の毛のケア寝る時にミディアムの人が気をつけたい寝癖の原因3つ!

髪の毛の寝癖の原因は、主に3つあります。

寝癖の原因その①  髪の毛をしっかりと乾かさずに寝る

髪の毛は、湿った髪が完全に乾くときに形が決まります。そのため、しっかりと乾かさずに寝てしまうと寝ている間に乾き、髪の毛の寝癖によるハネやうねりの原因になります。

寝癖の原因その②  寝汗をかいてしまう

地肌に寝汗をかいてしまうと、しっかりと乾かしていても根元にクセがついてしまうことがあります。

寝癖の原因その③  枕との擦れ

①、②のような髪の毛が湿った状態で枕と髪の毛が擦れてしまうと、ひどい寝癖になってしまうこともあります。髪の毛の湿りや睡眠環境が寝癖の原因となるのですね。

次は、そのような寝癖がつきにくくなる方法をご紹介します。

髪の毛のケア寝る時にミディアムの人がすべき寝癖対策ベスト5!

髪の毛のケアをしっかりしないと、寝る時にミディアムヘアの人は寝癖がつきやすいかと思います。では、おすすめの寝癖対策ベスト5をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1.髪をしっかり乾かす

髪を洗った後、タオルでやさしく吸水するように髪の毛を拭きましょう。根本は指の腹で優しくマッサージをするように、毛先はタオルで挟むようにやさしく拭きましょう。ゴシゴシこするのは髪を傷める原因になるのでNGですよ。

次にドライヤーをあてます。毛先を内側に入りやすくするには、ドライヤーを下から上にあてて、髪を根元から持ち上げるように乾かすのがおすすめです。

 髪を乾かす時のポイントは、洗った後すぐに乾かすことです。 髪の毛は湿った髪が乾くときに形が決まるので、濡れた髪はすぐに乾かすほうがクセがつきにくいですよ夏場の汗をかきやすい季節は、仕上げににクールモードで地肌を冷やすと発汗を抑えることができます。

2.髪を乾かすときにヘアオイルなどを使う

髪を乾かすときに、ヘアオイルや洗い流さないトリートメントを使うと、髪の毛がしっとりとまとまりやすくなりますよ。ただし塗りすぎると髪の毛がベトベトになってしまうので、適量を使うようにしてくださいね。

3.ゆったり結んで寝る

寝返りは平均的に10回すると言われています。寝ている間に髪の毛が枕や布団でつぶされて頑固なクセになってしまうことがあります。

寝返りによる髪の乱れを防ぐために、シュシュなどの跡の付きにくいゴムで根元から3~4cmはなして、ゆったりと結びましょう。基本的には2つに分けて結ぶことをおすすめしますが、三つ編みやカーラー巻きにして、翌日のヘアアレンジに活かすのもいいかと思います。

4.ナイトキャップや帽子をかぶる

ナイトキャップや帽子をかぶるのも髪の毛の寝癖の防止になります。毛先のパサつきや髪の毛の擦れを防いでくれるナイトキャップは、髪の毛の寝癖防止だけでなく髪をキレイに保つ効果もあります。毛先のパサつきがあまり気にならない方は、パーカー帽子などのゆったりとした帽子を被って寝るのも寝癖の防止になりますよ。

5.枕を変える

髪の毛のクセがつきやすい高反発の固い枕を低反発のやわらかい枕に変えてみるといいですよ。低反発の枕は、枕が頭の形にフィットするので髪の毛のクセがつきにくくなりますよ。

また、枕カバーの素材を摩擦の少ないものに変えてみるのもいいですよ。枕カバーの素材はシルクが摩擦が少なく、髪のダメージも軽減してくれるのでおすすめですよ。美しいシルク素材は見ているだけでも気分が上がりますよね。

朝起きたときに髪の毛がハネやうねり、摩擦でバサバサになっているなんてことは出来るだけ避けたいですよね。この記事の髪の毛のケア寝る時のミディアムの人がすべき対策方法を参考にして、朝の準備をスムーズに行いましょう。

スポンサーリンク