ニキビに効くおすすめの石鹸!敏感肌のあなたに捧げるおすすめ石鹸!

ちょっと仕事で疲れたり、季節の変わり目になると、途端に肌がチクチクカサカサ。ニキビまでできちゃった。なんてことありませんか?「ニキビを早く治したいしスキンケアを見直してみようかな・・・」と思っているあなたに!

ニキビができた肌にも優しい無添加・オーガニック石鹸について調べてみました!

スポンサーリンク

ニキビ用石鹸のおすすめ敏感肌のあなたは無添加・オーガニックにこだわるべし

思春期ニキビと違って大人の敏感肌のニキビは、皮脂の過剰分泌だけが原因じゃないのが厄介なところ。空気の乾燥や紫外線によって皮膚のターンオーバーが乱れて、お肌の水分をキープする角質層のバリア機能が低下。角質層が上手に生まれ変われず分厚くなってしまい、毛穴の入り口をふさぐことでアクネ菌が増殖し大人のニキビが発生してしまいます。

しっかり洗顔して清潔を保つことはニキビ対策に必要ですが、思春期ニキビと違って洗浄力の強い石鹸でしっかり洗ってしまうと、逆に肌のバリア機能を奪ってしまう結果に。
大人ニキビができてしまう敏感肌の場合は肌に優しい石鹸で洗う必要があるのです。

石鹸は天然油脂にアルカリ成分を混ぜて加熱することで出来上がります。昔ながらの製法で作られた石鹸であれば、天然油脂に含まれるグリセリンと呼ばれる保湿成分が残るので、洗っても突っ張らず保湿効果が見込めます。
そして、余分な合成成分が入っていないため、肌本来が持っているターンオーバーを正常化する力を邪魔しません。

敏感肌の人が、普通の石鹸を使ってしまうと、洗浄成分である「合成界面活性剤」の力が強すぎて、肌の潤いを奪ってしまい、ニキビの治りが遅くなってしまいます。 洗いあがりがしっとりするので大丈夫なように思えますが、それは合成保湿剤の成分が添加されているせい。ほかにも、腐らないための防腐剤や酸化防止剤などが配合されているので、敏感肌でお肌が疲れている時は避けたほうがいいですね。

敏感肌でニキビができやすい…季節の変わり目の肌の揺らぎで急にニキビが…そんなあなたにオススメしたいのが無添加石鹸やオーガニック石鹸です!肌への刺激に繋がる合成成分が入っていない無添加石鹸は、ニキビなどのトラブルで弱まった肌にも安心して使えますよ。オーガニック石鹸も低刺激なものが多く、オーガニック植物の成分が含まれていることで肌に優しい石鹸となっております。

どちらも肌に優しいことが特徴ですが、それぞれの石鹸に違いがあるので自分にはどっちが合っているのか考えてみましょう。

ニキビに効く無添加とオーガニック石鹸の違い!

 

ニキビに効く無添加石鹸とは?

まずは無添加石鹸の説明です。
無添加石鹸の場合、主に天然由来の原料を使用して作られています。そのため、肌に優しいだけでなく天然由来成分の効果を肌にもたらす効果があり、特に保湿や老化防止や抗菌作用の効果を期待できますね。
植物由来の保湿成分などが含まれていれば、肌のバリア機能を高めることができます。もちろん無添加なため刺激が少ないことから、 ニキビなどの肌の調子が悪い時の洗顔にオススメしたいのが無添加石鹸になります。 

スポンサーリンク

大人ニキビを繰り返しやすい女性やニキビができてしまったときは、肌へ刺激を与えるのは避けるのがいいと思いますよ!

ニキビに効くオーガニック石鹸とは?

次に、オーガニック石鹸の場合、材料は植物由来のハーブやオイルなど、自然成分を使用して作られています。
また、「オーガニック」には「有機的」という意味があります。遺伝子組み換えされた種を使っていない事や、更には化学肥料が使用されておらず有機栽培で育った植物を使用した製品を指しています。植物油脂に含まれていた保湿成分がオーガニック石鹸に残っているため、 洗い上がりは肌がしっとりとしており、つっぱりしにくい所が特徴ですよ。 
購入する際に注意する点は、オーガニック石鹸は自然由来のものを使用していますが、アレルギーや刺激が少ないことを売りにしていない場合があることです。「オーガニック」といっても使用されている植物オイルなどを把握し、どんなものが特徴なのかじっくり見て考えて購入しましょう。

洗顔は毎日行うものです。ですから石鹸選びも大切にしたいですよね。自分の肌の持つ問題やなりたい肌を想像しながら、石鹸の特徴を見比べて購入してみるのをオススメしますよ。

オーガニック石鹸を選ぶ時のポイント!

実は日本には石鹸のような化粧品の無添加・オーガニックを定義するルールがありません。

石鹸を製造・販売する会社に一任されてるのが現状です。
とある成分を1つでも添加していなければ「無添加」と名乗れるので、無添加石鹸と銘打って販売している石鹸が、実は「石油由来の合成界面活性剤不使用」なだけで「植物由来の合成界面活性剤」を使い、防腐剤や合成保湿剤が配合されているケースも。オーガニックに関しても、フランス・ドイツ・オーストラリアなど海外では基準を設けている国もありますが、日本にはオーガニックであるかを認定する基準が設けられていません。植物成分由来のオーガニック製品と言いながらも添加物を使っているケースもあります。

せっかく無添加・オーガニックの石鹸だと思って買ったのに…なんて、がっかりしたくないですよね。
 敏感肌のニキビに効くいい石鹸を探すときは、裏面の成分表示もしっかり見て、不用な成分が入っていないかを確認して購入する事が大切です。 

チェックするポイント
・石けん素地/カリ石けん素地の記載がある
・防腐剤(パラベン)が入っていない
・酸化防止剤が入っていない
・アルコールが入っていない
・香料や着色料が入っていない

もちろんこれらの成分は化粧品基準の認可を受けて配合されているものなので肌に悪いわけではありません。でも、敏感肌になっているときは少しの刺激も避けたいもの。
自分のお肌に合う石鹸を見つける目安にしてください。

大人のニキビはストレスや睡眠不足、偏った食生活などの生活習慣や、女性ホルモンの影響なども受けるので癖になりがち。生活習慣を見直しつつ、ニキビに効くおすすめの石鹸を使ったスキンケアを行うことで、ニキビのないつるつる肌を目指しましょう!

 

スポンサーリンク