花粉症で肌荒れ!このスキンケアで対策しよう!

花粉症の季節…「肌荒れを起こしてしまった」なんて経験したことある女性も多いのではないでしょうか。

花粉症が原因で起こる肌荒れにもしっかり名前があります。その名前は「花粉皮膚炎」。初めて耳にする方も多いと思うので、花粉症皮膚炎について詳しく知ったうえで、一緒に予防方法を考えて対策をしましょう!

スポンサーリンク

花粉症による肌荒れ!どんな症状がみられるの?

先ほど紹介した「花粉症皮膚炎」って?と思う方もいると思うので簡単に説明させてもらいます。

~花粉症皮膚炎とは?~

アレルゲンとなる花粉が皮膚に付着することで肌がかぶれて痒くなったり、炎症を起こしてしまいます。

また、花粉症の予防でマスクを常につけていたり、ティッシュで鼻をかむ回数が多いと、皮膚に摩擦がかかっている状態になります。そうすると繊細な皮膚の表面がめくれてしまい、赤み、粉吹き、顔の痒み、腫れといった症状が出てしまうことがあるそうです。

「私、花粉症じゃないから大丈夫~安心~」って思った方。それは間違いなんです。

花粉による、鼻水や目の痒みなどの症状がない方も、花粉症皮膚炎を発症してしまう可能性があるそうです。花粉が多くなる春先に肌の調子が悪くなり、毎年肌荒れがひどくなるって方は花粉症皮膚炎の可能性があります。

花粉が多い季節に肌荒れを起こさないためにも一緒に予防方法を考えましょう!

スポンサーリンク

花粉症による肌荒れのスキンケア!予防方法を伝授!

予防方法①「摩擦を減らす」

マスクの摩擦、鼻をかむときのティッシュの摩擦、花粉による肌の痒みを手でかいてしまう摩擦。
花粉が多く飛んでいる季節には、肌に摩擦をかけてしまう機会が多いです。摩擦がかかると肌のバリア機能が弱くなってしまうので、少しでも肌に摩擦をかけないような工夫が大切です。

予防方法②「肌を保護してくれるようなものを塗る」

外出時に、何か肌に塗ることによって花粉を防げるそうです。ただ、この方法は予防法なので、肌荒れを起こしているときには悪化させてしまう可能性があるので、できるだけ何も塗らないようにしてください。

肌を保護してくれるおススメの化粧品→日中用保護美容液(Dプログラム アレルバリアエッセンス)

予防方法③「帰ってきたら洗顔、シャワー」

外から帰ってきたら、お肌にはたくさんの花粉がついています。花粉が長時間肌に付着していると、花粉症皮膚炎になる可能性が高くなってしまいます。ごしごし擦らないように、優しく洗い流してあげるイメージで、洗顔やシャワーをしてみるのもいいかもしれません。

予防方法④「とにかく保湿」

肌を強くするためにとにかく保湿を心がけてください。肌を擦らず、自分にあったスキンケアでしっかり保湿をしてあげてください。

花粉症で肌荒れ!このスキンケアで対策しよう!まとめ

花粉が多い春先に花粉症皮膚炎を起こす方が多いそうです。でも、春の訪れとともに季節に合わせたメイクを楽しみたい方や、新しい場所で新たな気持ちでメイクをしたい方も沢山いると思います。しかし、肌荒れを起こしていたら、メイクをお休みしなければなりません、そうならないためにもしっかりと予防をしましょう。

スポンサーリンク