人参の冷凍方法!美味しく賢く人参ストック【日持ち・注意点・おすすめ料理】

料理でよく使われる人参ですが、冷蔵庫に入れておいたらいつの間にしなしなになってしまったという経験がある人が多くいます。半端に余ってしまった人参を保存するにはどうすれば良いのでしょうか。人参の保存方法について詳しく説明をします。

スポンサーリンク

人参の日持ちと冷凍保存するメリット・デメリット!

そもそも人参はどのぐらい日持ちをするのでしょうか。 人参の日持ちはおよそ1カ月を目安に使い切る事が大切です。 保存方法によっては日にちが伸びたり、縮んでしまったりするため、保存方法についてはしっかりと守る必要があります。

また、人参を調理したからといって必ず日にちが伸びるわけではありません。料理によってはすぐに腐ってしまうという事が考えられるため、できる限り消費をする事が大切です。

人参の場合、冷凍保存をするという人が多いのですが、冷凍保存をする際に気をつけなければいけないメリットとデメリットがあります。

にんじんは冷凍保存ができますが、丸のまま冷凍してしまうと使う時とても不便になります。調理しやすい形に切ってから冷凍することが解決策とされています。

冷凍をすることによって鮮度を保つ事ができますが、筋っぽさがのこり、生と全く違った食感になり、臭いもきつくってしまう恐れがあります。

スポンサーリンク

また、煮物やスープ系で使う場合、冷凍したまま煮立った煮汁に加えることで、1~2分で火が通り炒め物よりも筋っぽさが強く残り、臭いもきつくなるので注意が必要です。

冷凍人参を美味しく冷凍する方法・解凍する方法!

 

 冷凍人参を美味しく冷凍する方法として1度に使う分だけ小分けにしてラップで包み、フリーザーバッグなどの密閉容器に入れ冷凍保存する事によって、必要な分だけ取り出すことができ、鮮度を保つことができます。 

冷凍したにんじんを使う時はいずれも凍ったまま調理して大丈夫ですが、炒め物の場合は、大量に凍ったままのニンジンを投入すると一気に温度が下がってしまい、水が出てくる為、解凍をする際は常温解凍かレンジで解凍してから使うようにすると使いやすくなります。

冷凍した人参におすすめの料理と料理に使う際のポイント

すぐに冷凍した人参を使いたい場合におすすめの料理はあるのでしょうか。冷凍した人参をすぐに使いたい場合はニンジンスープ、にんじんラペ等がおすすめです。冷凍した人参を料理に使う際はポキポキと折って必要な量だけ取り出し、凍ったまま加熱調理することが大切です。そうする事で、必要な分だけ確保することができ、作りすぎを防ぐことができます。

料理をする上で余りがちな人参ですが、冷凍方法や解凍方法、おすすめの人参料理を知ることによって、鮮度や味を変えてしまうことなく美味しくいただくことができるようになります。

冷凍人参を早く使いたいからといって、きちんと解凍をせずに料理をしてしまうと鮮度だけではなく味も落ちてしまう恐れがあります。

 

冷凍人参を使う際はしっかりと解凍をし、美味しく料理に生かしましょう。

スポンサーリンク