そうめんをもらいすぎた!リメイクして美味しくいただくアレンジ方法5選!

日本人といえば麺類が大好物! でも家で作るのはちょっと大変です。そうめんを大量に買いすぎてしまった、もらいすぎてしまったという人も多く、処理をしきれない程余って困ってしまう経験多々あるのではないでしょうか?普段食べているそうめんでは飽きてしまった、何か他にそうめんをアレンジする方法は無いかと頭を抱えてしまっている人も少なくないはず!

そこで、大量にそうめんが余ってしまった場合のリメイクして美味しくいただくアレンジ方法を5選にまとめてみました。

スポンサーリンク

そうめんリメイク!トッピングをプラスしてマンネリ回避アレンジ

そうめんといえば麺つゆでいただくというのが定番であり、一般家庭の多くがそうめんの食べ方は一択しかないと思い込んでしまっています。しかし、そうめんのトッピングをプラスする事で普段とは少し違ったそうめんの楽しみ方をする事ができます。そうめんのトッピングで美味しいものを5選紹介します。

トマト

トマトは彩りがよくなるだけでなく、酸味が食欲を促進させてくれます。
トマトは夏野菜の一つであり、夏に不足しがちなビタミン類とミネラルを豊富に含んでいるため、トッピングとして楽しむだけではなく、きちんと栄養も摂る事ができる為、おすすめです。

オクラ

オクラのネバネバ感がよくそうめんに絡み、食欲のないときでもさっぱりとしていて食べやすくなります。細かく切れば切る程、ネバネバ感が強くなり、のど越しも良くなる為、食感も変わり、そうめんをより美味しくいただく事ができる事間違いなしです。

わさび

お蕎麦には必ずといって入っているわさびですが、実はそうめんにもわさびが合います。
ピリっときいたわさびと一緒に食べる事によって、より爽やかでのどごしが良くなり、軽なチューブのわさびを使えば手間いらずですぐに用意をすることができるのでおすすめです。

白ごま

白ごまは、そうめんに香ばしい風味をプラスしてくれる優れモノです。
また白ごまには、ミネラルや不飽和脂肪酸、そしてカルシウムなど夏に不足しがちな栄養素が含まれているため、手軽に栄養を摂取することができます。

スポンサーリンク

ごま油

そうめんにごま油を加えると、香ばしさだけでなくまろやかな味わいになる事間違いなしです。
一日に小さじ1杯〜2杯程摂ると良いとされており、めんつゆなどに少量加えて、そうめんをつけて食べても良いですし、野菜などをトッピングした上にかけて、ぶっかけたりと自分好みにアレンジができます。

そうめんリメイク!プラスαで和風以外に簡単リメイク!

そうめんのトッピングをアレンジしてもそうめんそのものの食感に飽きてしまった、別の食べ方は何かないのかと疑問に持たれる方もとても多くいます。そこで、そうめん自体をリメイクする方法を5選ご紹介します。

そうめんと豚肉のミルフィーユ仕立て

難しそうですが茹でてあまったそうめんを使って簡単に作る事ができます。
フライパンにごま油をひき、茹でて冷水でもみ洗いした後で水気を切ったそうめん、塩とコショウを振った豚肉、青じそを交互に重ねてミルフィーユ状に。ふたをしたら、蒸し焼きにするだけで簡単なそうめんと豚肉のミルフィーユ仕立てにすることができます。ジューシーな脂とそうめんのモチっとした食感でそうめんがメインディッシュにも活用できます。

フルーツポンチそうめん

一見、本当に美味しいのだろうかと疑わざるを得ないのですが、そうめんは材料が小麦粉となっているため、デザートにもアレンジしやすいです。
茹でて、冷水でもみ洗いし、水気をよく切ったそうめんを器に入れて、切ったキウイやイチゴ、グレープフルーツ、缶詰のみかんや白桃を汁ごと入れて、食べる前にサイダーを注ぐだけで簡単にデザートにすることができます。

洋風トマトそうめん

トマト缶と、そうめんでつくる事ができる洋風トマトそうめんです。
トマト缶と水、しめじ、玉ねぎを入れ煮込み、調味料、小口ネギを入れ味を調え、そうめんを茹で、茹で上がったそうめんにオリーブオイル、パセリ、ブラックペッパーをかけるだけで出来上がります。
和風に飽きてしまった場合はこの洋風トマトそうめんで一新する事ができます。

野菜洋風そうめん

味噌とにんにくが入ったコクのあるトマトスープで野菜も素麺もツルッと食べられます。和風のそうめんでは刺激が足りないという人にピッタリの食べ方であり、何度食べても飽きが来ない食べ方です。

そうめんのジェノベーゼ

沸騰した湯にそうめんを入れ、少し芯が残っている状態でザルに上げて滑りが取れるまで水で洗い、小鍋に水と牛乳を入れて沸かし、コンソメとジェノベーゼ ソースを入れて溶かし、スープを作るだけで簡単にできます。和風のテイストに飽きてしまった時に、洋風に変えるにはピッタリの食べ方です。

そうめんと一口に言ってもトッピングや作り方をアレンジすることによってより美味しく、飽きが来ない食べ物になります。さらに、挑戦をしてみて自分好みの飽きのこないそうめんに挑戦してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク