恵方巻きのコンビニ比較!セブン・ファミマ・ローソン注文するならどこ?

節分の日にその年の恵方を向いて食べると縁起のいい恵方巻き、みなさんは毎年食べていますか?

大阪から発症した恵方巻きは、今や全国に広がり地域の特性を生かした様々な恵方巻きを目にするようになりました。最近ではスーパーやコンビニなどでも手軽に購入できるようになり、より身近になりましたね。節分が近付いてくると色鮮やかな恵方巻きのポスターが店頭に飾られ、食欲をそそられます。食欲旺盛な私は、毎年どこのお店で恵方巻きを購入するか迷ってしまいます。
そこで今回は、セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンの三店舗に絞って恵方巻きを比べてみたいと思います。

スポンサーリンク

恵方巻きのコンビニ比較一覧!

恵方巻きに入っている定番の具材は、卵焼き、アナゴ、きゅうり、おぼろ、椎茸煮、かんぴょう、高野豆腐の7種類です。セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンの恵方巻きにもほぼ同じ具材が使われています。違いがあるとすればサイズと価格でしょうか。

セブンイレブン

13×4.5cm (ミニサイズ 8.5×4.5)
420円  (ミニサイズ298円)

ファミリーマート

14×4.7cm
420円

ローソン

13×5cm
390円

スポンサーリンク

サイズが一番大きいのはファミリーマートですが、価格で言うとローソンが一番お手頃ですね。セブンイレブンはミニサイズを販売しているので、女性の方やお子様がいるご家庭で重宝するかと思います。3店舗の恵方巻きのポスターはどれも美味しそうで見た目では判断がしにくいと思うので、サイズで選ぶか、価格で選ぶか、家族構成で選ぶかによって店舗を決めてみてはいかがでしょうか。

恵方巻きのコンビニ比較おすすめの恵方巻きはコレだ!

コンビニによっては定番の恵方巻き以外にも様々な具材の恵方巻きが販売されています。

セブンイレブンでは牛肉煮タレ和えと玉子ソースが絶妙なハーモニーを醸し出している男性が喜ぶ牛すき巻。

ファミリーマートではキングサーモンに甘海老、三陸産いくらに本ズワイガニ身煮が入った海鮮好きにはたまらないプレミアム海鮮巻き。

ローソンでは、リラックマのオリジナルタオルが付いたリラックマ恵方巻きセットが、それぞれ販売されています。

定番の恵方巻きに飽きたら店舗ならではの恵方巻きにしてみるのも楽しいのではないでしょうか。

恵方巻きコンビニまとめ

定番の恵方巻きに店舗オリジナルの恵方巻きと、店舗によってたくさんの種類があるので選ぶのに迷ってしまいますが、恵方巻きは縁起の良い食べ物です。ご自身に合った恵方巻きを選んで食べて今年一年を楽しく過ごしましょう。

スポンサーリンク