かぼちゃの冷凍方法!美味しく賢くストック【日持ち・注意点・おすすめ料理】

かぼちゃって美味しいですよね。
甘みが強く栄養もあり、様々な料理にも使えるので、かぼちゃをよく食べる人も多いと思います。また、買い出しを減らしたり、特売の場合は、かぼちゃをまとめ買いする人も多いのではないでしょうか?かぼちゃをまとめ買いをすると便利ですが、しかしその場合に気になるのがかぼちゃ日持ちですよね。

一番長く日持ちをさせる場合は冷凍保存ですが、かぼちゃを美味しいまま冷凍するにはどうのようにすればいいのでしょうか?

ここではかぼちゃを美味しいまま冷凍する保存や、その解凍方法、調理について解説をしたいと思います!

スポンサーリンク

かぼちゃの日持ちと冷凍保存するメリット・デメリット

かぼちゃですが、スーパーではカットされた生のものを買うことがほとんどですよね。かぼちゃは生の場合ですと、比較的傷みやすい食材になります。かぼちゃの実の部分自体には水分はそこまで入っていないのですが、 かぼちゃのわたや種には水分が多く含まれているため、そこから傷みやすく、日持ちとしては5日程度になります。 

ですのでかぼちゃを長期間保存するとなると、冷凍保存は必須となります。しかし、かぼちゃを冷凍保存する際にメリットとデメリットはどのようなものがあるのでしょうか?ここではまず、かぼちゃの冷凍保存のメリットとデメリットを説明したいと思います。

かぼちゃを冷凍保存するメリットについて

まずはかぼちゃの冷凍保存のメリットについてです。かぼちゃの冷凍保存は以下のようなメリットがあります。

・長期間の保存が可能
何と言ってもまずは長期間の保存でしょう。 かぼちゃを冷凍保存をすると約2週間の日持ちが可能になります。 普通の保存の場合が5日だと考えたらそれだけでだいぶ余裕ができますね。

・時短調理が可能
冷凍保存だと、カットした状態であったり、調理をした状態でも保存が可能になります。調理をする際にはそのまま使えるので、あらかじめ準備をして冷凍保存をしていたら、家事の時短に繋がりますね。

かぼちゃを冷凍保存するデメリットについて

では続いて冷凍保存のデメリットです。

・食感が変わることもある
かぼちゃの特徴といえばあのホクホクとした食感ですよね。このホクホクとした食感は、かぼちゃの中に含まれる水分が要因となります。冷凍をすると水分が抜けやすく、調理をした際にパサついた食感になってしまうことがあります。

・管理がしにくい
冷凍をすると、長期期間の保存が可能な分、どれがどれくらい保存をしているかわからなくなってしまうことがあります。ですので冷凍保存をする際には保存容器に日付などを記入して、しっかり管理をするようにしましょう。

このように、かぼちゃを冷凍保存する際にはメリットとデメリットがそれぞれあります。どちらもしっかり理解した上で、保存をするようにしてくださいね。

冷凍かぼちゃを美味しく冷凍する方法・解凍する方法!

では続いて、そんなかぼちゃを冷凍する際に、美味しく冷凍する方法と解凍をする方法を解説していきます。まずはかぼちゃを冷凍する方法から紹介しましょう。

スポンサーリンク

①かぼちゃのわたと種を取って水分を拭き取る
買ってきたかぼちゃのわたと種をスプーンで取り除きましょう。それて全体をキッチンペーパーで水分を拭き取るようにします。

②かぼちゃをカットする
料理に合わせて、かぼちゃをカットするようにします。煮物なら角切りにし、炒め物なら薄切りにしておくとよいでしょう。一度茹でてマッシュ状にして保存をするのも味が落ちにくくオススメです。

③一食分をラップに包む
だいたい一回使用分をまとめてラップに包むようにします。この際空気はしっかり抜きましょう。

④密閉容器に入れる
ラップだけですとかぼちゃが乾燥しやすいので、密閉容器に入れて、さらに空気をしっかり抜いて保存をするようにします。あとは冷凍をしたかぼちゃの解凍ですが、自然解凍などはさせずに、そのまま調理で火を通すようにしましょう。

その方が、かぼちゃの食感も味も落ちにくいため、オススメです。時短にもなって、美味しさも損なわれないのは嬉しいですね。

冷凍したかぼちゃにおすすめの料理と料理に使う際のポイント

では冷凍したかぼちゃのおすすめ料理やその際のポイントについても、解説をしていきます。

・冷凍かぼちゃのサラダ

材料
・冷凍かぼちゃ  150g
・玉ねぎ  1/4個
・マヨネーズ 適量
・塩  適量

冷凍かぼちゃを耐熱ボウルに入れてレンジでチンをして解凍して、あとは玉ねぎを混ぜてお好みの調味料で味付けをしたらかぼちゃのサラダの完成です。

ポイントとしては、かぼちゃはマッシュ状にしてから保存をした方が、水分が抜けなく、しっとりとした舌触りの美味しいかぼちゃのサラダになります。手早くできますので、お弁当にもおすすめです。

・かぼちゃの和風簡単煮

材料
・冷凍かぼちゃ 250g
・だし汁  1/2カップ
・醤油  小さじ2
・砂糖  小さじ2

かぼちゃといえばやっぱり煮物ですね。かぼちゃの煮物ももちろん冷凍かぼちゃで作ることができます。

これらの材料を混ぜた状態でかぼちゃを耐熱ボウルに入れて、ラップをかけた状態で5分加熱をすれば、それだけで一人分かぼちゃの煮物がすぐにできます。

ポイントとしたら加熱をしたら味が染み込むまで、少し時間を置くようしておきましょう。

まとめ

かぼちゃはうまく冷凍保存をすれば、時間が経っても美味しく食べることができます。

ぜひうまくかぼちゃの冷凍保存を活用して、最後までかぼちゃを美味しく食べるようにしてくださいね。

スポンサーリンク