さつまいもの冷凍方法!美味しく賢くストック【日持ち・注意点・おすすめ料理】

さつまいもって美味しいですよね。
ホクホクとした食感と自然な甘さで、特に冬には焼き芋が美味しくて食べてしまいますよね。また、さつまいもは焼いても揚げても煮ても美味しく料理に使いやすいので、特売の日などにさつまいもをまとめて買う人も多いと思います。まとめて買った場合に困るのは保存ですよね。

さつまいもはどのようにしたら美味しく、そして長く日持ちをさせることができるのでしょうか?意外とわからないですよね。さつまいもの日持ちや保存方法について、詳しく解説をしていきたいと思います!

スポンサーリンク

さつまいもの日持ちと冷凍保存するメリット・デメリット!

まずさつまいもですが、普通に保存をした場合はどのくらいの日持ちをするのでしょうか?そこから解説をしていきたいと思います。さつまいもですが、日持ちとしてはだいたい1ヶ月ほどになります。しかし適切な保存方法を心がけたら3ヶ月から半年ほどの日持ちが可能です。

さつまいもは常温保存が可能です。

土付きのさつまいもの場合は、土がさつまいもをカバーしてくれる役割があるので、そのまま新聞紙に包んだ状態で風通しのよい冷暗所においておけば、長い期間の日持ちがします。

ただ梅雨時期や、保存方法を間違えると、いつの間にさつまいもにカビが生えてしまって食べられなくなったりと常温保存の場合は、さつまいもの様子に気を配る必要があります。

またさつまいもを保存するスペースがないという人もいると思います。そのような人にオススメなのがさつまいもの冷凍保存です。

さつまいもは冷凍保存も可能です。

ではさつまいもの冷凍保存のメリットとデメリットはあるのでしょうか?それぞれ解説をしていきます。

○メリット

・確実に保存できる
冷凍保存の場合、常温保存より環境に左右されません。ですので、1ヶ月以上の保存が可能になります。

・調理にすぐに使える
さつまいもを調理に使える状態で保存をしておけば、さつまいもを料理に使いたい時にサッと取り出して使えるので、家事の時短につながります。

これはさつまいもに限らず多くの食材にも言えることですね。

○デメリット

・準備が必要
後述をしますが、さつまいもの冷凍の場合はある程度の準備が必要です。そのままホイっと冷凍をすることができないので少し面倒に感じるかもしれません。

・多少味が落ちる
うまく冷凍をしないとさつまいもが冷凍臭くなってしますこともあります。

しかし、それらも次に紹介するさつまいもの冷凍の方法をうまくできれば、抑えることができますので、しっかりと方法を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

冷凍さつまいもを美味しく冷凍する方法・解凍する方法!

ではさつまいもを美味しく冷凍する方法と解凍する方法について、解説をしていきたいと思います。

①さつまいもを適当な大きさにカットする

さつまいもを冷凍をする際にそのまま冷凍をしてはいけません。さつまいもを冷凍する際カットをしないと、大きくて冷凍ムラができてしまいます。冷凍ムラが起きると食感がモソッとしてしまい、さつまいもの食感が失われてしまいますので注意をしましょう。

②10分ほど水にさらしてあくを抜く

あくを抜くのも大事な準備です。
あくを抜かないと冷凍をした際にさつまいもにあくが残ってしまい、食べる際に臭みや苦味の原因となってしまいます。

③さつまいもが柔らかくなるまで煮る

さつまいもを柔らかくなるまで煮ます。加熱をすることで、さつまいもを冷凍しても味が落ちない状態を保つことができます。電子レンジで加熱をするでも構いません。

④水気を取り、密閉容器に入れて空気を抜いて保存をする

加熱したさつまいもは水気をしっかりとって、ジップロックなどの密閉容器に入れて空気を抜いて保存をしましょう。

そうすることで中まで均等に冷凍され、日持ちをさせることができます。さつまいもを解凍する際にはそのまま加熱調理をしてしまえばOKです。さつまいもを冷凍するには手間がかかってしまいますが、先に調理をしてしまえば、下ごしらえなどは必要ありません。

下ごしらえを事前にすると思って、しっかり行うようにしましょう。

冷凍したさつまいもにオススメの料理と料理に使う際のポイント

 

では冷凍をしたさつまいもにオススメの料理とそのポイントについて、解説をしていきたいと思います。

さつまいもの煮物

さつまいもを冷凍する際に、煮物のサイズにカットをしておけば、そのまま加熱をしてさつまいもの煮物を作ることができます。

また時間がある場合は前日より冷凍したさつまいもを、冷蔵庫に移動させて自然解凍をすれば、ホクホクのさつまいもの食感を残したまま煮物ができますよ。

さつまいもの炊き込みご飯

さつまいもの炊き込みご飯の場合は、ポイントとしては小さめにカットをして冷凍をしておきます。

あとはそのまま炊飯器に入れて、出汁を入れてスイッチを押せば、簡単にさつまいもの炊き込みご飯の完成です。他にもたくさんの冷凍したさつまいもは料理に使えますので、ぜひ試してみてくださいね。

さつまいもはうまく冷凍保存を活用すれば、調理の手間が省け時短につながって、なおかつ保存期間も長持ちします。

もしさつまいもを買いすぎた場合などはぜひ冷凍保存を活用してみてくださいね!

スポンサーリンク