玉ねぎの冷凍方法!美味しく賢く玉ねぎストック【日持ち・注意点・おすすめ料理】

玉ねぎを野菜室に入れっぱなしで、気づいたら腐ってしまっていたという経験があるという人が多くいます。そんな料理をした際に残ってしまった玉ねぎの冷凍方法はどのようにすれば良いのでしょうか。

また、玉ねぎのストックをする際の注意点についても詳しく説明します。

スポンサーリンク

玉ねぎの日持ちと冷凍保存するメリット・デメリット!

玉ねぎを冷凍保存する際に気になるのが日持ちです。玉ねぎを冷凍保存した際の保存期間としてはおよそ1カ月です。

それ以上冷凍保存をしてしまうと味や風味が損なわれてしまったり、色が変色してしまう恐れがあるため、冷凍保存したからといっていつまでも残しておくのではなく、早めに使い切る事が大切です。

また、玉ねぎを冷凍保存をするメリットとして火が通りやすくなる、味がしみこみやすくなる、甘みが凝縮して、こっくりとした味になるといったメリットがあります。

デメリットは冷凍することで玉ねぎから水分が出ていってしまう事です。水分が出ていくせいで玉ねぎのシャキシャキ食感が損なわれてしまう為、サラダや玉ねぎドレッシングなど、玉ねぎの「シャキシャキ感」を活かした料理をしたいときは冷凍玉ねぎを使うのには向いてないのです。

その為、冷凍玉ねぎを使用する際は作れる料理が限られてしまうのでレシピを考えなければいけないです。

スポンサーリンク

冷凍玉ねぎを美味しく冷凍する方法・解凍する方法!

 冷凍玉ねぎを美味しく冷凍する方法として、使いやすい大きさにカットして冷凍する事が便利です。玉ねぎはあらかじめカットして冷凍しておくと、解凍時にさまざまな料理に使いやすくなります。 

また、冷凍する際は玉ねぎの皮をむき、くし切りやみじん切り、薄切りなど使いやすい大きさにカットし、冷凍用保存袋に玉ねぎを平らになるように入れ、空気を抜いて封をし、冷凍庫へ入れると風味を損なう事なく、美味しく冷凍する事ができます。

そして、冷凍玉ねぎを解凍する際は使いたい分だけを手で押し出して、凍ったまま加熱調理します。

冷凍した玉ねぎにおすすめの料理と料理に使う際のポイント

冷凍した玉ねぎにおすすめの料理は何といっても冷凍を生かした料理です。冷凍玉ねぎの味がしみこみやすくなるメリットを活かして秋鮭グリルの玉ねぎソース、アンチョビをきかせたツナトマトカレー、醤油麹白ワインバターソース等がおすすめです。

また、冷凍した玉ねぎを使えば炒める時間が短くなり、アメ色玉ねぎが時短で作る事ができるようになるため、料理の彩りもより良くなります。

生の玉ねぎを冷凍するとシャキシャキとした食感が失われるとデメリットに感じてしまうのではなく、甘味が凝縮されておいしく感じるメリットを活かしてわざと冷凍して甘味を活かす料理を作るという方も多くいます。

玉ねぎを冷凍保存する事によってシャキシャキとした食感が失われるデメリットがありますが、同時にメリットも多くあります。

料理によって玉ねぎを冷凍するか、生のまま頂くかと判断する事で料理のレパートリーを増やすことにも繋がります。

ぜひ、玉ねぎが余ってしまった際は使いやすい大きさにカットして冷凍をして、料理に活かしてみましょう。

スポンサーリンク