かぼちゃの冷凍方法!美味しく賢くストック【日持ち・注意点・おすすめ料理】

かぼちゃを丸ごと買っても食べきれない。どうしよう?
冷凍保存をすれば良いのだろうけど、良い方法は何かないかな?
そんな時に読んで頂きたいのが今回の記事です。

スポンサーリンク

かぼちゃは丸ごと包丁が入っていない状態で、直射日光が当たらず涼しく風通しが良い場所ならば、1ヶ月半~2カ月という長期間、質の良い状態で保存することが可能です。

これは他の野菜に比べて、水分の含んでいる量が少ないためです。しかしながら、例えば4分の1だけ使いたくて包丁を入れると切り口から酸化し、腐るスピードが早くなり長期保存が出来なくなります。

そこで、工夫をして冷凍保存をしましょう。

かぼちゃの日持ちと冷凍保存するメリット・デメリット!

冷凍保存のメリットは包丁を入れると本来ならば冷蔵庫で4、5日ほどしか保存できない所を、1か月ほど品質を保持できるという点にあります。

しかし、何もせずそのまま冷凍すると食感が変わってしまい不味くなるのは勿論のこと、冷凍とはいえ、徐々に乾燥し冷凍焼けが進んで品質の低下が起こるというデメリットがあります。

ですが、このデメリットも適切な処理を行えば味と品質の低下を防ぐことが出来ますので次はそちらを説明いたします。

冷凍かぼちゃを美味しく冷凍する方法・解凍する方法!

冷凍するにはまず、種とわたを綺麗に取り除きます。2番目に電子レンジで加熱するか、鍋に入れて茹でます。そのあとはジップロックや真空パックに入れて冷凍庫に保存します。

スポンサーリンク

用途が決まってない場合は2~3センチ四方の角切りで保存しておく分と、くし形切りで薄くして保存しておく分の2つに分けて保存しておくと良いでしょう。

ポダージュやサラダにすり下ろしたものとして使う場合は、マッシュしてから冷凍しましょう。マッシュとは茹でたり、レンジで熱を加えた後、すりつぶすことです。

冷凍したかぼちゃにおすすめの料理と料理に使う際のポイント

みそ汁、煮物に使う場合は、解凍せずに凍った状態で使うことができます。
天ぷらや炒めものに使う場合は、薄くスライスした状態のかぼちゃを解凍せずに使うことができます。

しかし、先に電子レンジや冷蔵庫の中で自然解凍をさせるとより美味しく食べることができますのでお時間がある時は後者の方法をお試しください。カボチャのコロッケなども美味しいのでお勧めです。

マッシュしたカボチャは電子レンジで解凍してそのまま使うことができます。マッシュしたカボチャはパンプキンポタージュや生クリーム、卵、薄力粉と混ぜてあげればケーキも作れます。

また、バターや塩、でんぷん、醤油、砂糖、みりんを混ぜれば外はカリカリ、中はモチモチのかぼちゃ餅も作れてしまいます。

余談ですが、カボチャの種や綿も栄養が沢山含まれています。綿には甘みがありβ-カロテンを含んでいるため皮膚や粘膜の調子を整えてくれます。また、種は亜鉛や鉄分を含んでいて、貧血の改善や成長ホルモンの分泌に役立ちますので捨てずに食べてみてください。

以上かぼちゃの冷凍方法!美味しく賢くストックでした。いかがでしたか?私は想像しただけでお腹がすいてきました。

 

カボチャは美容にも、腸内環境にも良くて優れた食材です。もし、直ぐに食べきれないと思っても、保存方法をマスターして捨てずに食べ切りましょう!

スポンサーリンク