寝起きの首が痛い!どうすればいい?原因と対策を教えます!

朝起きてベッドから起き上がろうとすると…「あれ?首が痛い」。そんな経験したことがある方も少なくはないはずです。しっかり寝ていたのに…首が痛いと出かけるのも嫌になってしまいますよね。今日はそんなつらい、寝起きの首の痛みの原因と対策を一緒に考えていきましょう!

スポンサーリンク

 

寝起きの首の痛みの原因とは?

早速、寝起きの首の痛みの原因に考えられることを紹介していきます。

首の痛みの原因①「寝る姿勢」

横向きに寝ている方必見です。横向きに寝ていると肩関節に負担がかかってしまい、首の筋肉が引っ張られて固まってしまうことにより痛みが出てしまうことがあるそうです。

首の痛みの原因②「枕が体に合っていない」

毎日寝起きの首の痛みに悩んでいる方必見です。人間は寝ている間にたくさんの寝返りをうっています。寝返りを楽にできるような枕を選ぶことで、寝起きの痛みが改善される可能性があります。

首の痛みの原因③「疲労がたまっている」

日中の長時間の作業や姿勢の悪さが体に疲労を溜めてしまいます。睡眠不足が続いていたり、ストレスが溜まっている方は要注意です。食べ過ぎによる内臓の疲労も、疲れが溜まりやすい体になってしまうので気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

寝起きの首の痛みを緩和する方法

方法①「枕を自分に合ったものに変える」

条件としては、立っているのと同じ姿勢で寝られる・横向きで寝た時に、顔の中心と胸の中心がまっすぐになる枕を選んでください。ただ急に枕を買うとなると難しい方もいると思います。そこでバスタオルを折りたたんで自分の高さに合わせて簡易的な枕を作る事ができます。新しい枕を選ぶ基準にもなりますので高さを変えて試してみてください!

方法②「ストレッチ」

就寝前にストレッチをすることが効果的だと考えられています。ストレッチの方法はたくさんありますが、いざ始めるとなると時間がなかったり、めんどくさかったりで、なかなかスタートできないことも…。

そこで簡単で、いつも私がやっているほぐし方をご紹介します!→肩甲骨をほぐすイメージで肩から腕を前後に大きく回していてください。ぜひ試してみてください。

方法③「寝る姿勢を変える」

先ほども言ったように、横向きに寝ている人が寝起きに首が痛くなってしまうことが多いそうです。仰向けに寝ることで解消されることがあるそうです。

上の方法を試してみても改善されない場合や、酷く痛みが続く場合は体が歪んでいる証拠なので、整体に行くのもおすすめです。

寝起きの首に痛みはどうすればいいまとめ

寝起きの首に痛みに悩んでいる方は「枕を自分に合ったものに変える」「就寝前のストレッチ」「仰向けに寝る」を試してみてください。ただ、体の不調はやはり疲れだったり、ストレスをため込んでいるときに起こりやすくなります。ため込まないように発散して、この記事を読んだ方がすっきりとした朝を迎えられますように!

 

スポンサーリンク