女性の一人暮らしで必要なものと防犯対策!これチェック忘れてない?

今の季節、卒業を迎え、これから新天地に引っ越す若者も多いことでしょう。そのための一人暮らしの準備、手続き等も面倒とはいえ、一番大変なのはやっぱり引っ越すことですよね。まして、女性が初めて一人暮らしを始めるなら、もしかしたら男性以上にいろいろ気を使わないといけないこともあって苦労が絶えないかもしれません。

私自身、過去に一人暮らしをしていた経験があり、一人暮らしを始めるうえで準備の大変さが身に染みました。そこで、私が実際に準備を進めていくうえで必要だと思ったものや、かかる費用や調べてみてこれを持って行けばよかったな~と思ったものを紹介します!

スポンサーリンク

一人暮らしの女性に必要なものはコレだ!必需品チェックリスト

いざ、一人暮らしを開始するってなっても何が必要か明確に思いつきませんよね。
私もそうでした。

どうしても必要な物ということでは、炊飯器や冷蔵庫などの家電は持って行った方がいいでしょうが、基本的には身一つでも行けなくはないと思います。

最近は、100均などで何でも手に入りやすくなっているので、生活に必須な物でも、引っ越した当日が不便というくらいで、よほど辺鄙なところへの引越し先でなければ、揃えるのに苦労はしないでしょう。新しくしようとするとお金がいくらあっても足りませんので、必要なものだけ持っていくようにするとよいです。

実際に一人暮らしをはじめてみて、「正直これ使わなかったな」と思うようなものを買ってしまったらもったいないので、必要最小限の出費で抑えるためにも一緒に考えていきましょう。

評価記号:◎…絶対必要 ○…あれば便利 ●…個人による

家電

◎TV ◎ドライヤー ◎アイロン(衣類用) ◎掃除機 ◎時計 ◎電子レンジ 

○PC ○洗濯機 ○炊飯器 ●ヘアアイロン ●エアコン ●シーリングライト

・電気ケトルは必要かと思われがちですがあまり使用頻度が高くなかった為書きませんでした。

・エアコンとシーリングライトは引っ越し先についている場合があるので確認をしてみてください。

・洗濯機は一人なので使用頻度が高くありませんでした。短期の一人暮らしの場合は近くにあるコインランドリーを使用したほうが安く済む可能性があります。ある程度計算してみるのも一つの手かもしれません。

インテリア・家具

◎ベッド(寝具) ◎机 ◎カーテン ◎ラグマット 

○テレビ台 ○収納(チェスト) ○椅子 ●ドレッサーや鏡 

キッチン

◎食器類(茶碗、皿大小、深皿、コップ、はし、など…)

◎消耗品(スポンジ、雑巾、食器洗剤、ごみ袋、ラップ、キッチンペーパー、タッパー)

○調理器具(鍋、フライパン、包丁、まな板、ボウル、ざる、お玉、など…)○調味料 

調理器具は料理をする予定のない方は最低限でいいと思います。私自身、一人暮らしは想像以上に疲れが出てしまって、ついお店で買って食べて済ましてしまう機会が多かったです。一人なので、食品が残ることが多いと思うので保存ができるタッパーやラップは必需品です!

風呂・トイレ・洗濯

◎お風呂洗い洗剤 ◎ヘアケア、ボディケア商品 ◎歯磨きセット 

◎タオル(バスタオル、フェイスタオル)◎トイレの掃除用具

◎トイレットペーパー ◎生理用品 ◎洗濯用洗剤 

◎洗濯干し用具 ◎洗濯ネット

○掃除用手袋 ●柔軟剤 ●バスマット ●体洗いタオル

一人暮らしだと洗濯する回数が少ないので多めのタオルを用意しておくと便利です。特にフェイスタオルを多めに準備してください。また、何かとハンガーを使う機会が多かったので、ハンガーを多めに準備しておくと役に立つと思います!

スポンサーリンク

小物

◎はさみ ◎ドライバー ◎ティッシュペーパー ◎くし ◎爪切り 

○懐中電灯 ○延長コード ●防犯ブザー ●ウエットティッシュ

これくらいあれば、ある程度一人暮らしのスタートはきれると思います。

あとは各自で、必要なものを思い出す度にメモをして買い忘れないようにしたり、本格的に一人暮らしを始めてから必要だと思うものは買い足してください!

荷物はなるべく少なく!引っ越した後からでも揃えられるものはコレ!

最小限で生活用品を整えるなら、食器とか調理器具とか、生活雑貨も100均で全部揃えるのがいいと思います。調味料や洗剤なども、ドラッグストアで安くで買えます。あとは必要に応じて、買い足していけばよいでしょう。

バストイレ用品、キッチン用品、机などの家具、特に、机などの家具は早々に欲しいので持っていかない場合は、最初に購入するといいかもしれません。

女性の一人暮らし、かかる費用の平均はどれくらい?

 上記の必需品の金額合計が、選ぶ品物やメーカーによって変わりますが、 約10万円~25万円かかります。 

また、選ぶ部屋や引っ越し方法によって異なりますが大体、が40万円以上かかるそうです。なので、引っ越しにかかる初期費用は最低でも約50万円以上かかります。

女性の一人暮らしは防犯も大事!カーテンの色は要注意!

カーテンの色は特に大事です。
外にいながら、どんな人が住んでいるのかを連想しやすくなるからです。例えば、ショッキングピンクのカーテンだったら、女性が確実に住んでいそうなことが連想されます。あとベランダは一度そこに入ってしまうと、しゃがむと外からは見えなくなるので、窓の防犯はとりわけ大事になります。

 勘違いしてしまいがちですが、窓には鍵が付いてないところの方が多いです。半月状の鍵のような物は厳密には鍵ではなく、窓ガラスの密閉度を高める目的の器具なのです。したがって、本来鍵ではありませんので、別途鍵を付ける必要があります。ここは大事なのでしっかり押さえましょう。 

あとこの半月状のクレセントだけでも、他に鍵が付いていても、窓ガラスが割られてしまえば、意味がありませんので、防犯フィルムを必ず窓ガラスに貼るようにしましょう。最近は、ヒビは入ってもくだけちらない物もありますので、それならばどんな状況でも、窓ガラスは割れなくなります。 夜のベランダの対策なら、センサーライトを付けるのも一つの手ですね。 

もう一度整理すると・・・

・まずカーテンで情報を与えない、もしくは男性が住んでいそうなカラーにする。

・クレセント以外の鍵を必ず付ける

・窓ガラスは必ずフィルムを貼るです。

あと、最近は減っていますが、洗濯物を外に干さないようにした方がいいですね。窓もしくはベランダと玄関は狙われやすいので、気をつけるようにして下さい。

玄関も鍵を二つにするなどの工夫をするようにして下さい。マンションの鍵だけでは危ないです。やりすぎなくらいでちょうどいいので、早めに引っ越し後早期に対策をするようにしましょう。

一人暮らし必要なもの!女性編まとめ

一人暮らしにはかなりの費用がかかります。それを踏まえたうえで、必要なものを考えて必要最小限の出費で抑えるようにしましょう。また、必要以上に物を増やさない事も大事ですので、持っていく物はしっかり厳選して下さいね。

あと言うまでもありませんが、女性の一人暮らし、防犯はしっかりと念入りに行いましょう。一人暮らしの準部がスムーズに進み、素敵な一人暮らし生活がおくられますように!

スポンサーリンク