食後3時間で胃痛がやってくる!食後の胃痛の原因とは?

急に食後に胃痛が…。せっかく楽しくおいしくご飯を食べたのに…。

胃痛が起きてしまうと、原因がわからず安心できず食べるのがついつい怖くなって、食べるのを制限してしまいますよね。そうなってしまったらせっかくの食事が台無しです。今回は、食後に起こる胃痛について徹底的に調べていこうと思います。

スポンサーリンク

 

食後の胃痛の原因はいったいなんなのか?

主な原因は胃酸の過剰分泌が原因と考えられています。胃酸が過剰分泌されると、胃を守ってくれる胃粘膜の作用と胃酸のバランスが崩れてしまいます。胃酸が多くなることで胃粘膜を傷つけてしまい、胃痛を引き起こしてしまいます。胃炎や胃潰瘍などの病気にもつながってしまいます。

胃酸の過剰分泌は主に「食べ過ぎ」「早食い」「脂質の多い食事」「アルコール」「香辛料などの刺激物」などが考えられています。

また、加齢や体調によって胃が弱り、胃の運動機能が低下して胃痛を引き起こす原因になっている可能性もあります。

スポンサーリンク

食後の胃痛を和らげる方法をご紹介

胃痛を和らげる方法①「温かい飲み物を飲む」

胃が痛い時には冷たいものは避けましょう。温かい飲み物は熱すぎるのもだめです。ちょうど温かいくらいの刺激の少ない飲み物を飲むようにしましょう。(ホットミルク、お茶、白湯など)

胃痛を和らげる方法②「胃を空にしない」

胃酸によって胃痛を引き起こしている場合は、胃を空にしない様にしましょう。消化にいい温かいものを少しずつでもいいので食べてください。(スープ、うどん、おかゆなど)

胃痛を和らげる方法③「食事のバランスを考える」

この方法は予防策になるかもしれませんが…
脂質をとり過ぎないように、野菜もしっかり食べてバランスのいい食事を心がけましょう。

食事による胃痛が続く場合は、脂質や刺激物は避け、消化にいい温かいものを食べるようにしましょう。

他にも「しっかり体を温める(お風呂、カイロ、湯たんぽなど)」「体の右側を下にして寝る」「胃痛に効くツボを押す」などあります。

上記の方法を試してみてもなかなか症状が改善されない場合や、少しでも不安がある場合は病院に行って相談してみるのをおススメします。

食後の胃痛の原因まとめ

胃痛を和らげるには「体を温めて、胃を刺激しない」ことが大切です。

しかし、胃痛はストレスで起きてしまったり、悪化してしまうこともあります。胃痛が起きているときはリラックスして普段疲れている心や体をしっかり休めてあげてくださいね。この記事を読んでくれた方が、早く元気になりますように。

スポンサーリンク