ホワイトデーのお返し!職場で失敗しない方法はこちら!

3月14日はホワイトデーです。バレンタインデーが終わり雛祭りも過ぎると、クッキーにマシュマロ、マカロンといったカラフルなお菓子が店内を彩ってホワイトデーを盛り上げてくれています。

バレンタインデーを受け取った男性は、ホワイトデーにお返しをします。でも目で見ても楽しめるお菓子がずらりと並んでいると、どれを選んだらよいか分からないですよね。特に職場でもらった義理チョコは、毎年同じ人にお返しをすることになるので、何を基準に選んだらよいか、本当に困りますよね。

そこで今回は、ホワイトデーのお返しの中でも職場でのお返しに注目して調べてみました。

スポンサーリンク

ホワイトデーのお返し!社内の人にまとめて返すなら!

ホワイトデーのお返しで、押さえておきたいポイントは次の5つです。

  • 賞味期限の長い食べ物(日持ちがするもの)
  • 個別包装されているもの(社内で分けやすい)
  • 消え物(形に残らないモノの方が気を遣わない)
  • ラッピングをしっかりと行うこと(目で見て楽しめる)
  • 手軽に食べられるもの(休憩時間等空いた時間にサクッと食べることが出来る)

以上を踏まえたうえで人気なお返しというと、やはりお菓子ですね。

無難なクッキーは日持ちがするので喜ばれていますが、見た目がキュートなマカロンやマシュマロも好評です。意外性だと、和菓子はどうでしょうか。年齢問わず食べることが出来ますし、イチゴ大福などその時期ならではの和菓子だと高評価を得られると思います。

スポンサーリンク

また笑いを取りたいなら、パイもお勧めです。なぜかというと、3月14日はπ(パイ)の日でもあるからです。π=3.14、つまり円周率とホワイトデーをかけたオシャレなダジャレ、これも面白いのではないでしょうか。

義理チョコへのお返しの相場は大体このくらい

ホワイトデーの相場は大体500円~1,000円ぐらいと言われています。

バレンタインデーの義理チョコが100円~1,000円ぐらいなので大体1~2倍返しですね。でも選ぶお返しがお菓子だと分かり、相場が分かっても悩む方は多いと思います。同じ金額でも、数で選ぶべきか、味で選ぶべきか、見た目で選ぶべきか、悩みは尽きないですよね・・・。悩んだときにお勧めなのが、量より質を選ぶ方法です。普段お店で売っていないようなお菓子だったり、人気店のお菓子だったり、話題性のあるお菓子は、女性の心をくすぐります。

ホワイトデーのお返し!職場の場合まとめ

成功のポイントは女性目線でお菓子を選ぶことです。定番から新作までたくさんのお菓子がありますが、きっと喜ばれるお菓子が見つかります。

毎年ホワイトデーのお返しで悩む男性の方、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク