花粉症でコンタクトが曇る!ずれる!痛い!そんなあなたに

現在ではコンタクトを使う人が増えています。しかし、花粉が飛ぶ時期になると花粉症の人はとてもつらい時期になってきます。コンタクトが曇る・ずれる・痛いといった症状がおこるからです。

そんな人にオススメの対処法を紹介していきます。

スポンサーリンク

花粉症でコンタクトが曇るのはなぜ?対処法とは!

花粉症の人は、コンタクトが曇ったりずれたりすることがあります。

花粉症に場合には、見目の中に花粉が入り、免疫作用として涙がたくさん出る・目がかゆい・赤くなるという症状がおこります。このような症状は、目の中に入った花粉を洗い流そうとするからです。

涙にはタンパク質が含まれ、これがコンタクトレンズに付着し残ることでコンタクトが曇ってしまうのです。

花粉症の人がコンタクトレンズ曇りを改善するための対処法としては、眼鏡を使うことがオススメです。しかし、メガネは嫌だという人もいるでしょう。

そのような人は、1日使い捨てのワンデータイプのコンタクトを使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ワンデーにすると汚れが落ちていないコンタクトを目に入れるというリスクを減らす事ができ、目のトラブルを抑える事ができます。

一度お医者さんに相談してみましょう。

花粉症でコンタクトがゴロゴロする時の対策!

花粉症でコンタクトがゴロゴロする場合には、目に花粉が入り免疫反応によって刺激物が発生し神経や血管を刺激し、ゴロゴロしたように感じることがあります。こうなるとコンタクトがずれたり、痛みが出ることがあるんで注意が必要です。

 このような場合の対処法として、目を市販の人口涙液などを使い洗っていきましょう。 

目は涙でおおわれているので、水など涙と違った成分で洗うと目を傷つけることがあるので十分注意して行いましょう。

 また、冷たいタオルを目に乗せ冷やすという方法も効果があるようです。 

ひどい場合には、眼科で治療を受けることをオススメします。治療法としては、免疫療法の注射などもありますが、簡単にできる方法としては内服薬・点眼薬があります。

スポンサーリンク