子どもの車酔い対策!まずは試してほしい酔い止め方法!

週末や長期間のお休みになると、家族で車で出かけるという人はたくさんいらっしゃると思います。しかし!楽しいはずのお出かけが子供の乗り物酔いのせいで、辛い時間打を過ごすことになってしまう場合もありますよね。子どもの車酔いをおこさないようにするためには、車酔いしやすい子供には対策が必要です。

それでは子どもの酔い止めや車酔いの対処法を紹介していきます。

スポンサーリンク

まずは酔い止めで様子見!子どもの車酔い対処法!

子どもが車酔いをしてしまった場合、気分が悪い・冷や汗が出るといった症状から、胃の不快感・吐き気・嘔吐、ひどい場合には頭痛をおこしてしまう事があります。

 車に乗っていて子どもが気分が悪そうな場合には、ベルトやボタンをゆるめてあげる・楽な姿勢をとる・窓を開け空気を入れ替える・車から降りて休憩させることが大切です。 

小さいお子さんの場合には自分で気づかない・伝えきれないということがあるので、親御さんが様子を見てあげておく事も大切になってきます。

子どもが車酔いをおこし症状が軽く飲み物を飲める場合には、酔い止めの薬を飲ませると良いでしょう。酔い止めの薬は、車に乗る前に予防する事もできますし、酔った時に症状をやわらげる事もできるのです。

子供用の酔い止めにはドロップタイプのも・ドリンクタイプのものがあります。

子どもさんが飲みやすい方を飲ませてあげましょう。

スポンサーリンク

子どもの車酔いの原因は車の振動?におい?

子どもが車酔いをおこす原因としてどのようなものがあるのでしょうか。

車酔いは、平衡感覚をつかさどる耳の前庭や三半規管などが刺激を受けることで、自律神経のバランスが乱れおこります。

三半規管は体の揺れを感じバランスを取る働きをしています。子どもは三半規管が発達していないため、車の振動などによって乗り物酔いをしてしまうのです。

その他に、見ている物や臭い・不安などの精神的ストレス・疲れや睡眠部素気も影響する事があると言われています。

一度車酔いをしたことがある子どもは、また前のようなことがおこるのではないかと不安になってしまう事があります。本人が気にしているようであれば、予防のために酔い止めを飲ませ、「これを飲んでおけば車には酔わないからね」と安心させてあげましょう。

車酔いをおこさなければ不安は解消されますし、三半規管などが発達してくると車酔いをおこさなくなるでしょう。

子どもの車酔い対策!まずは試してほしい酔い止め方法まとめ

子どもに体は、まだ未発達の部分が多く様々なことに対応できない事があります。
また、以前車酔いをおこし嫌な思いをしてしまった場合には、不安になり繰り返してしまう事もあるのです。

車酔いをおこさないようにするには、酔い止めを飲ませ安心させてあげるということも大切になってきます。成長することで、車酔いが治ったという人もいるので、親御さんが様子を見ながら対応してあげましょう。

スポンサーリンク