歓送迎会の挨拶の順番はこう!模範解答と例文はこちら!

歓送迎会のシーズンがやってきました。新しい職場にドキドキ緊張している新入社員や中途入職者の方にとって歓迎会は職場の方と親密になれる絶好の機会です。また次のスタートに向かって邁進していく中途退職者や長年職場を支えてきてくれた定年退職者の方に催す送迎会は今までの労をねぎらう感謝の会です。

様々な思いが込められている歓送迎会の幹事にもし抜擢されたら・・・挨拶の順番は?司会進行の段取りは?催す側、催される側双方が楽しく会が進行するには?どうしたらよいのか分からないことだらけで、かなりのプレッシャーがかかってくると思います。

スポンサーリンク

今回は、幹事になっても安心して歓送迎会が繰り広げられるように、流れや挨拶、締めの言葉などをまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

歓送迎会の挨拶の順番をおさえておきましょう!

幹事になったら把握しておきたいのが、歓送迎会の流れです。挨拶の順番と合わせて覚えておくとスムーズに会が進行するので覚えておきましょう。大まかな流れは下記をご参照ください。

  • 開会の挨拶(幹事)
  • 上司の挨拶(出席者の中でナンバー1にあたる人→社長、部長など)
  • 乾杯の音頭(出席者の中でナンバー2にあたる人→課長、係長など)

お食事を食べたり、談笑したりして過ごします。その後余興があれば余興の挨拶も行います。

  • 仲間の挨拶(先輩・同僚・後輩)
  • 主賓の挨拶
  • 閉会の挨拶(出席者の中でナンバー3にあたる人→主任など)→1本締めもしくは3本締め

以上が大まかな歓送迎会の流れです。挨拶をされる方に事前にお願いをしておくと挨拶される方も事前準備ができるのでよりスムーズに会が進行できると思います。

スポンサーリンク

歓送迎会の前準備!挨拶の例文、模範解答とは!

幹事の挨拶も会の進行に欠かせません。簡単ではありますが、例文をいくつか挙げたいと思います。

①開会の挨拶。

「ただいまから〇〇(職場名)の新人歓迎会もしくは送別会を開催します。本日幹事を務める〇〇(名前)です。よろしくお願いします」

②上司の挨拶。

「開会にあたり〇〇(上司の名前)さんご挨拶をお願いいたします」

③乾杯の音頭。

「乾杯の音頭は〇〇さんにお願いしたいと思います」

乾杯の音頭が終わったら

「ありがとうございました。しばらくの間、ご飲食ご歓談ください」

④仲間の挨拶

「部署を代表して〇〇さん挨拶をお願いします」

⑤主賓の挨拶

「新入者の〇〇さん、もしくは長い間会社を支えてくださった〇〇さん、一言よろしくお願いします」

⑥閉会の挨拶

「宴もたけなわですが閉会の時間となりました。最後に〇〇さんからご挨拶を戴きます」

閉会の挨拶が終わり、そのあとに二次会があれば二次会の案内もします。

「それではこれにて本日の歓迎会もしくは送別会を終了します。みなさんお疲れ様でした。
尚、二次会は〇時から〇〇(場所)で行います。ぜひご参加ください」

上記は例文です。職場の雰囲気や対象者によっていろいろな言い回しがあるかと思うので、ご自身に合った言い回しをぜひ探してみてください。

歓送迎会の挨拶まとめ

歓送迎会の幹事は、とてもプレッシャーが大きいと思います。
でも会に出席された方が楽しく過ごしてくれたらすごくうれしいですよね。不安なときは、以前の幹事や先輩に聞くのも一つの方法です。ぜひ素敵な会になりますように・・・参考にしてみてください。

スポンサーリンク