顔の産毛処理に困っていない?自分でできる産毛対策!

人と話をしていて、見てしまうのは「顔」と答える方も少なくはないと思います。話している相手の顔を見ていて、産毛が生えているとついつい気になってしまいませんか。腕や足のムダ毛処理はしっかり行っているのに、一番見られる顔の産毛処理をついつい忘れがちになっている方必見!

今日は顔の産毛処理について徹底的に紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

顔の産毛処理していないとどうなるの?

顔の産毛処理をしていないことで、自然と本来の肌の綺麗さを引き出せていない可能性があります。一緒に見ていきましょう。

①「化粧乗りが悪くなってしまう」

産毛を処理していないと、せっかく下地をしっかり作っても化粧崩れしやすくなってしまいます。顔に生えている産毛の上に下地を作っていることになるので、肌への密着度が下がってしまい崩れやすくなります。

②「顔色がくすんで見える」

産毛の色は黒に近い色が多いので、産毛がたくさん生えていると肌がくすんだ印象に見えてしまいます。

産毛をきちんと処理することで、肌の印象が明るくなり透明感が上がるそうです。

③「スキンケアが浸透しにくくなる」

顔に生えた産毛が邪魔をしてしまい、せっかくしたスキンケアの浸透力を下げてしまう可能性があるそうです。

④「ニキビができやすくなる」

産毛は皮脂や汚れが絡みつきやすいそうです。そのため、肌を清潔に保つことができず、ニキビができやすい状態になってしまいます。

スポンサーリンク

これがおすすめ!自分でできる顔の産毛処理の方法!

ここからは私が実際に産毛処理の方法を試してみておすすめだったものをご紹介します。

おすすめ①「電動シェーバー」

肌をあまり傷つけず、顔の産毛処理を行うことができます。カミソリを使うのが苦手な方でも、肌がカミソリ負けしてヒリヒリしてしまう方でも、刃が直接肌に触れない構造なので、肌に負担をかけず簡単にきれいに剃ることができます。コンパクトで持ち歩きもでき、どこでも鏡さえあれば産毛処理ができます。

少し値段は高いですが、肌を傷つけたくなくて、手軽さを求める方におすすめです。

おすすめ②「しっかり肌を保護しながらカミソリ」

カミソリだけを使うのはとても危険なのでやめてください。クリームや専用のフォームを薄めに塗り、しっかり肌を保護しながら、顔剃り用のカミソリを使って処理してください。私自身、洗顔フォームで保護をして処理をしていた時、肌がヒリヒリしてしまう事が多々ありました…。しかしクリームを使ってしっかり保湿をしながら剃ることで、きれいに産毛処理をすることができます。

カミソリはドラックストアやコンビニでも手軽に手に入り、値段も比較的安いので初心者の方や学生の方でも、手が出しやすいと思います。

(注意☆カミソリを使う場合には、無理な角度から剃らず、肌を傷つけないように注意してください)

顔の産毛処理に困っていない?自分でできる産毛対策まとめ

産毛処理後は肌が敏感な状態になっています。処理後はしっかりと保湿をして、肌を鎮静してあげてくださいね。シートパックをして肌を休めてあげるのもおすすめです。
産毛処理をきちんとすると、自然と美肌効果にも繋がります。一緒につるつる産毛無し美肌を一緒に目指しましょう!

スポンサーリンク