ママ必見!小学生の子どもが早く寝るようになる方法

小学生の子どもがなかなか寝てくれないと悩んでいるお母さんがたくさんいるようです。
朝起きれない・疲れているという小学生も多く、できれば早く寝るようにしてほしいですよね。
そんな小学生の子どもが早く寝るようになる方法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

小学生の子どもがなかなか寝ない原因とは?

小学生の子どもがなかなか寝ないという原因として、塾や習い事の通っていたり、テレビや動画を見ている・ゲームをしていることが上げられます。塾や習い事に通っている場合、それが終わって自宅に帰り食事・宿題・入浴などをしていると時間がどんどん遅くなってしまいます。

その他、テレビや動画を夜遅くまで見ているなどの場合には、学校の友達の影響を受けていることがあります。ゲーム等にハマりやめられず夜遅くまで起きているという子どももいるようです。

このような子どもは、ずっと画面を見続けることで、脳が興奮し寝れなくなってしまいます。

 小学生くらいの子どもは、成長期なので睡眠時間は9時間から10時間程度必要だと言われています。  年齢や体格によって多少違いが出てきます。

睡眠不足が続くと、体の成長・脳の成長や働きに影響が出てきます。学校などの学習についていけなかったり、集中力・記憶力が不足する、キレやすくなってしまう事があるので注意しておきましょう。

スポンサーリンク

簡単にできる、子どもが早く寝る方法

まずは、朝起きたら朝日を浴びると良いと言われています。

朝の光を浴びることで体内時計がリセットされるからです。

日中は体を動かすことが大切になってきます。

日中体を動かすと夜は疲れ深い眠りにつく事ができるからです。

さらに1日の生活リズムを作ってあげましょう。

夕食は寝る1~2時間前までに終わらせ、お風呂は寝る1時間前までに終わらせてあげましょう。熱いお風呂だと体温が上がり過ぎ寝つけなくなるので注意が必要になってきます。

その後決まった時間には布団に入ることが大切になってきます。部屋の電気を消し真っ暗にする事も子供が早く寝る方法のひとつです。

さらには、テレビやゲームなども寝る1時間前までにはやめさせましょう。
子どもが早く寝る方法としてこのようなことを行なっていくことが大切になってきます。

小学生の子どもが早く寝るようになる方法まとめ

小学生の子どもが早く寝るようになる方法として、朝日を浴びさせる・日中は体を思い切り動かす・夕食・お風呂・テレビやゲームの時間管理が重要になってきます。子どもが早く寝るようになる事で、成長ホルモンの分泌が良くなり、脳や体にとって良い働きをしてくれます。塾や習い事・共働きで時間の腸瀬性が難しいという人もいると思いますが、生活に合わせ子供のために工夫していきましょう。

スポンサーリンク