カメムシ対策!ベランダからカメムシを駆除する方法とは!

暑さも一段落して過ごしやすくなった頃にいつの間にか姿を現すようになるカメムシ。暖かい日、自宅のベランダにその姿を見つけるとショックですよね~。1匹ならまだしも大量発生なんてことになると。。。

私もここ数年は困るほどのカメムシに遭遇していないのですが、かつて実家があった団地は山が近かったせいか、家の壁や洗濯物についていたりと大変な時期がありました。幸いうちの母は山育ちでしたので、虫には全く動ぜず駆除してくれたので私は怖い思いをせずに済みました。が、普通はあの姿を見るだけで恐怖…な方が多いと思いますので、みなさんお困りのカメムシの駆除方法について調べてみました。

スポンサーリンク

カメムシ対策すべき時期をおさえてカメムシを撲滅しよう!

まずカメムシの発生時期は秋の9~11月と春の3~5月。

一般的には秋の方が多く発生すると思いますが、この時期は冬眠する場所を探して暖かい日当たりのいいベランダなどに飛来するようです。また、近くにカメムシの好む葛が生えていると大量に発生してしまうようです。実はカメムシの種類は非常に多く、種類によって効果のある薬剤や忌避剤が異なるようですが、ベランダでの対策としては壁や手摺に噴射するタイプの忌避剤を撒く。それでも窓などの隙間から室内に入っている場合は、数匹の場合はその場で窒息させたり、凍結させたりするスプレータイプの薬剤を使って駆除し、心配な場合は産卵されたりしないようにバルサンを焚いておくといいかもしれません。うっかり室内で冬眠させ春の繁殖期を迎えると恐ろしいですから。。。

スポンサーリンク

カメムシ対策して洗濯物を守る方法!

ベランダの洗濯物にカメムシが洋服に付いてるだけでも嫌ですが、気付かずに取り込んで畳んでしまったり、そのまま着てしまうなんてことを考えるだけで恐ろしいですよね(-_-;)

カメムシは殺虫剤ではなかなか死なないそうですが、小さな子供やペットがいるとあまり殺虫剤は使いたくない方も多いと思います。

発生時期にはベランダには洗濯物を干さない!と決めてしまえば簡単ですが、やっぱり天日干ししたい!殺虫剤は出来れば使いたくないと思う方は、以下の方法を検討してみてはいかがでしょうか。

洗濯物のカメムシ対策

□白い洋服だけはベランダへ干さない。(白いモノによって来るそうなので)
□芳香剤の使用は避ける。
□吊り下げタイプの忌避剤を使ってみる。(マルカメムシには効果あるそうです)
□ベランダ用に蚊帳を購入し、その中に干す。(2000円~で買える)
□ハーブ類をたくさん植える。
□畑対策のようにきらきらするアルミホイルなどを吊り下げてみる

これでもカメムシを発見してしまったら、
最悪刺激しなければ臭いは付きませんから、臭いを出す前に窒息、凍結させたりするタイプのスプレーで駆除するしかないでしょう。

カメムシ対策!ベランダからカメムシを駆除する方法まとめ

余談ですが、あの嫌な臭いについて驚いたのはカメムシ自身も、あの臭い成分に殺られるそうなんです。瓶の中にカメムシを入れ、つついて臭いを出させたあと、蓋を閉めておくと、死んでしまうことがあるとか!!

なんちゅー臭いだしてるねん(# ゚Д゚)って感じですよね~

でも逆に危険な臭いならカメムシ臭をぷんぷんさせておけば他のカメムシは逃げちゃうんじゃ?と思ったりしてしまいましたが、どうなのでしょうね。

スポンサーリンク