地鎮祭はいらない?地鎮祭をしないとどうなるの?

新しく家を建てる時に地鎮祭と言うものをします。ハウスメーカーで家を建てる場合には必ず含まれている場合が多くあります。

地鎮祭は何のためにするのでしょうか。しない場合にはどのようなことがあるのでしょうか。
地鎮祭について調べてみました。

スポンサーリンク

地鎮祭は何のためにするのか?

地鎮祭とは、土木工事や建築を行う前に行うものです。その土地に宿る神(氏神)を鎮め土地を利用させてもらうことの許しを得る儀式です。

昔から日本では、神様に許可を得ず様々なことを行なうと、神様がおこり悪いことがおこると言われていました。家を建築する前の大安日などを選び、神主に祝詞をあげてもらい地鎮祭を行うことによって工事の安全を祈願します。この他に、家をづくりをお願いする施主に加え、施工業者・設計者・棟梁・職人がそろうことでお互いの顔を知る機会になるのです。

 お互いの信頼関係を作る機会になるということが言えます。 

地鎮祭をしないとどうなるのか?自分でする方法はあるの?

現在では、建売住宅を購入するという人も増えてきていることから、お互いの顔合わせというものは減ってきているようです。

このようなことから地鎮祭はしないという人も増え、ハウスメーカーの人も施主の意見を尊重し無理に進めたりはしないようです。しかし、建築料金に含まれていることがあるのでしっかりと確認しておきましょう。

さらに、建設業者の棟梁や職人は縁起を担ぐ人も多く、地鎮祭で安全祈願をしないと施業をしたくないという人もいるかもしれません。住んでいる場所と家を建てる場所が離れいている場合には略式で行う場合もあります。神社によっては、新築のお祓いをしてくれる所もあります。

スポンサーリンク

現住所・氏名・同居人数・新築する住所・着工日・現在住んでいる家からどの方角に新築するかを記入し、お初穂料を払いお祓いを受けます。御砂・鎮物・棟札を持ち帰り、御砂を建設予定地の四隅にまき、鎮物(基礎の中心に埋め込む)・棟札(棟上げの時に棟木につける)を建設業者の人へ渡し建設する時に使っていただきます。自分で行う場合にはこのような略式にやり方もあります。

地鎮祭はいらない?地鎮祭をしないとどうなるのまとめ

地鎮祭は、家を新しく建てる場合など神様に報告し、安全に工事が出来るように願いするものです。現代では地鎮祭はしないという人が増えてきました。

神や昔ながらの言い伝えなど・縁起などを担ぐという人はとても大切にしているようです。古い考えは必要ない・自分はしなくても大丈夫だという人は行わなくてもいいでしょう。

地鎮祭を行うことは本人の気持ち次第ということが言えます。

地鎮祭のほかの記事はこちらからどうぞ!




スポンサーリンク