寒くて布団から出られない時!無理なく起きる対処法!

人の体温が1番低いのは早朝です。

特に冬は外の寒さが加わる為、電気毛布などを使用する人も多いのではないでしょうか。布団の中は温かいですが部屋の中は寒く、朝起きられない人がとても多いと思います。さらに冬の朝は部屋との温度差で体に与えられるダメージが大きく、毎日が憂鬱な朝になってしまいます。

早く準備したいのに布団から出られない。朝ご飯を食べなければいけないのに出られない。そんな方たちの為に布団から無理なく出る方法をいくつかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

寒くて布団から出られない時まずできること!

朝とても寒いけど時間もないしとにかく早く起きたい!という方にまず、起床時にできる事を紹介します。

1つ目はマッサージです。

マッサージのやり方は手のひらの中心のツボを押したり、耳をマッサージしたりするのがいいそうです。他にもつらないように足の指を丸めたり足の指をひろげたり、とにかく布団の中で体を動かして温めるのがいいそうです。

2つ目は布団の中で深呼吸です。

深呼吸を5~10回行うことで急な血圧上昇を防ぐことができます。

3つ目は部屋を暖めることです。

起床時刻30分前に暖房がつくようにタイマーをセットしておき、部屋全体を温めるのがおすすめです。布団を出ても温かいと自然に起きることが苦痛にはなりにくいと思います。起きるときは膝を抱えて体に引き寄せ、ゆっくり起きるといいそうです。

スポンサーリンク

これで準備万端!寒くて布団から出られない人が用意しておくといいもの

ここまでは起床時に出来ることを紹介しましたが、朝起きるための準備は寝る前からしておくことも大切です。良い目覚めをする上で重要なのは良い睡眠です。

良い睡眠をするためにしてはいけないことを紹介します。

1つ目はテレビ・パソコン・携帯・ゲームは目を刺激し、脳を活性化させてしまうので避けてください。
2つ目は夕食以降コーヒーや紅茶などのカフェインが含まれているものは避けてください。
3つ目は寝酒です。すぐに寝ているように感じますが、睡眠の質としてはとても浅い睡眠です。

朝起きる為に用意しておくといいものは上記でも紹介した暖房器具が1番いいと思います。また、次の日に着る予定の服を準備しておくと早く着替えることができるので便利かもしれません。

寒くて布団から出られない時!無理なく起きる対処法まとめ

上記で紹介した他にも、「部屋の照明を明るくしない」や「足元を温かくする」や「寝る2時間前までに食事を済ませる」や「寝る前にハーブティーを飲んでリラックスする」や「お風呂にしっかりつかり、湯冷めしないうちに布団に入る」や「タバコを吸う人は寝る1時間前にすませる」など実は起床時よりも就寝前の方がたくさん気を付けておくことがあります。

自分に合った方法で睡眠の質を上げ、気持ちのいい朝を迎えて今年の冬を乗り越えましょう!

スポンサーリンク