子どもの自転車はいつから練習を始めさせる?コツは安全な場所は?

子どもの自転車デビューは、正直なところ人それぞれです。

小学生になる前に乗れるようになった子どもや小学生以降の子どもなど何歳からというよりも、子どもが「自転車に乗りたいな」と思うことが一番大切なのではないでしょうか。親が無理やりにやらせても良い結果が生まれるとも限りませんし、反対に乗りたくないになってしまっては元も子もありませんしね。

ただ、始めるにあたってのタイミングやコツ、おすすめの自転車や場所など押さえておきたいことをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

子どもに自転車をいつから始めさせるべき?自転車デビューの目安

一番大事なこと、それは上記でも少し触れましたが、子どもの「乗りたい」という気持ちと親が「一緒にしてあげられる時間を作る」ことだと思います。

これを頭に置いて、自転車に乗るということは、ある程度の運動能力と体の大きさも必要になってきますので、一般的には4歳頃から始めるのがいいかと思います。もちろんそれまでに子どもの意思があればゆっくりと無理せず教えてあげればいいでしょう。

子どもの自転車を選ぶ際のポイント

 まず、自転車を選ぶ際デザインや色などから入ってしまいがちですが、最初に考えて欲しいことは体に合っているかどうか、実際に乗ってジャストサイズで安全なものかどうかを見てあげてください。 体の大きさなど違いがありますのであくまで参考ですが、2~3歳ですと12インチ(80~105cm)、3~5歳なら14インチ(91~110cm)が好ましいかと思います。

スポンサーリンク

最近では、バランスを取りながら走れるペダルがないタイプや、昔からある補助輪付き、はたまた初めから普通の自転車で始める方もおられます。どれも一長一短ありますのでお子様の性格なども考え、その中でお子様が好きなデザインや色にしましょう。大きすぎいればケガや事故につながる危険性も出てきますので慎重に選んでくださいね!

子どもと自転車練習するならどんなところが安全?

自転車の練習をするにあたり、ポイントとして長い時間練習することも必要ですが、子どもが「楽しいな、また練習したいな」というところで切り上げること、転ぶことを恐れず転んでしまうことも練習であるとして親がしっかりと目を離さず本当に危ない時だけ手を差し伸べてください。

では、どこで練習する?適した場所ってどこ?と安全な場所はどこなんでしょうか。デビューするならやっぱり初めに浮かぶのが公園ですよね。ただ、注意したいことは小さい子供が遊んでいたり、ウォーキングをしている人がいたりと周りに配慮が必要です。安全が確認できれば問題ないでしょう。

 また、車や歩行者に気を付け安全が確保できるのであれば、自転車を乗る上で一番通る道「アスファルト」で練習するのがいいでしょう。 

また、服装ですがヘルメットを着用し肌の露出は出来るだけ避けて出来れば肘や膝をガードできるプロテクターもありますので着用をおすすめします。

子どもの自転車はいつから練習を始めさせる?コツは安全な場所は?さいごに

これまで、たくさんのことを言ってきましたが自転車の選び方や練習方法、場所など他にもあると思いますし、人それぞれです。
何よりも、お子様のやる気と興味を一番に考えてあげてください。そして、面倒くさがらずに時間を取って真剣に見てあげてください。そうすることで、必ず上達し必ず乗れます。そして、親子の絆も深まりますから。

スポンサーリンク