指先・手がかじかむのを治す5つの方法!冷たい手をぽかぽかに♪

この季節、手が冷え切ってかじかんでしまい、仕事で作業にならないなんて人いらっしゃるんじゃないですかね。

私も朝、仕事場に行ってパソコンのキーボードを打とうとすると、指先が冷たい、こわばる、動かないの三拍子で朝から仕事になりませ~ん!そんな状態で日々困っております。

そもそも、手が冷たい、かじかむ原因って何なんでしょうか?
手がかじかむ原因には、やはり寒さによる血行の悪さがあり、かじかんで震えるのも、体が無意識に温めようとしているサインなんだとか。となると、早急に体を温めてあげる対処や対策を取ってあげる必要があるわけで。

そんなことから今回は、すぐに試せる5つの対処方法・おすすめのポカポカアイテム・朝起きてすぐにできる手を温める方法!について、取り上げてみたいと思います。

スポンサーリンク

手が冷えきって動かない!すぐに試せる5つの対処方法!

①HOTのドリンクが入った容器で温める

定番中の定番ですが、HOTドリンクの缶やペットボトルで温める方法です。この方法は、既にされている方が多いと思いますが、寒い時に自動販売機があれば、すかさず買って手を温めましょう。ペットボトルより缶の方が温かいのでお勧めします。飲んでも手も温めるで、一石二鳥でポカポカになること間違いなし!

②手をお湯につける

すぐにお湯を用意できるのであれば、手っ取り早い方法としてあげられます。手がかじかんだ状態が一気に血行が良くなることで、少しの間ジンジン痛みが伴う場合があります。その後は手の感覚が戻ってくるでしょう。3分間ほどお湯に手をつけることで血行の良い手に戻るでしょう。

③肩の上下運動

肩を上げたり下げたりした後に体の全体の力を抜きます。そうすることで、血行が良くなって手の指先が和らいでくるでしょう。大体30回程度上げ下げすると効果的です。気づいたときにやるのもおすすめです!

④首の後ろを触る

どうしても温まらない・何もない時は自分の首の後ろを触ってみましょう。首の後に体感温度を調節できる大きな血管があるので、ここを触ると温かいですよね。ただし首はヒヤッとしちゃうのでこの方法はもろ刃ですね。。。

⑤足を温める

足先が冷えてると指先も大概冷えてますので、足先にまずは五本指ソックスを履きます。そのあと足をグーパーグーパーして、これを30回続けます。手も一緒に、手袋をはめてグーパーグーパー30回します。すると血流が良くなり、指先が和らぎます。

手が冷えてこわばる前に!おすすめのポカポカアイテム3つ!

①カイロが入る手袋!

働き者の手、家の中、職場、学校などなど、手は何かを掴んだり、持ったり、色々多忙。他の体の部分と違って服で温めることがありません。せめて、合間にでも手を温めてあげましょう。こんな時に勧めたいのが、カイロを入れることができる手袋です。通常の手袋と違い温かさが全く違います。かじかんだ手をぽかぽか温めるので、手が冷える人にはお勧めの対策になります。

②パソコン仕事で手が冷える人に指先カットハンドウォーマー!

パソコンを打つには指先を覆ってあると支障が出ると思うので、指先をカットされたものがいいですよね。ハンドウォーマーは手首から手のひら、そして、指の第一関節まで覆われています。手全体の体温を保持できますよ。

スポンサーリンク

③温感ハンドクリーム!

冷える手を温めるのに欠かせない手袋ですが、その手袋をする前にしてほしいのが、この温感ハンドクリームです。ハンドクリームを塗ることで手のマッサージもできて手荒れ対策にもなって、一石二鳥ですよね。冷たい手を温める効果も期待できるハンドクリームなので、冷たい動かないこわばると言った手の冷えの解決に一度試されるのもいいんじゃないでしょうか。

朝起きてすぐにできる!手を温める方法・冷え対策!

真冬の朝ってかなり寒いですよね。ましてや出勤前とか。出勤前に手がこわばってると、電車に乗るときの定期券や切符は、カバンから出しにくいですよね。
そんな出勤前でも出来る対策が2つあります。

行動する最低1時間前に起きること

1時間あれば、朝はゆっくり支度出来ますし、身体や脳も、徐々に仕事モードに近づいていきますね。

朝ごはんをきちんと食べること

特に味噌汁や、シチューなど温まるものです。これを怠ると、出勤前は手先が冷たいですね。朝ごはんを食べるのと食べないのとでは、全然違いますよ。

手を刺激して温める方法

①手を握ったり広げたりを繰り返す
手を握る時は親指を中に入れて強く握りしめ、次に指が反るほど開きます。これを何度か繰り返します。

②指先をマッサージ
爪の両側をもう一方の指で摘まみます。次に摘ままれた手の親指を使って指の腹を押さえます。これを交互に繰り返します。

③指の間を刺激、手を組んで刺激
手の甲の人差し指から小指の指の股(指間穴(しかんけつ))を逆の手で人差し指と親指を使って挟み、少し強めに圧したり引っ張たりする方法です。

手のツボを圧して温める方法

手の甲と、手のひらで冷たい時、こわばる時などの手に効くツボがあります。

①手の甲(陽池)
手首の付け根の真ん中にあるツボです。反対側の手で挟むように持って、親指で体の真ん中に引き寄せるように押すといいでしょう。

②手のひら(労宮)
手を軽く握ると中指の先が当たるところ、親指の付け根と高さが同じところにあります。反対側の手で挟むように手を持って、親指の腹で押すといいでしょう。

手がかじかむ!冷たい冬の指先をぽかぽかに治す方法まとめ

手が冷えた時の対処や対策、手を冷やさないアイテムなどについて取り上げてきましたが、いかがでしたか?手の冷たい、こわばる、動かないの三拍子を解決できるヒントになったでしょうか?

仕事をするにあたり、指先って大切ですよね。指先がかじかんでいたら、ペンは持てないし、パソコンのタイピングも厳しいですよね。でも私は上記の方法を実践し、指先のかじかみは改善されました。今回の記事は、冷えの根本を解決するものではありませんが、冬の寒さに負けずに、今年の冬を乗り切れますようにと願っております!

足先が冷える方はこちらの記事もどうぞ!


スポンサーリンク