現代病!スマホ首の治し方!ストレートネックの改善方法とは!

「スマホ首」という言葉を聞いたことがありますか?
実は日本人の8割が発症している?現代病として話題になっている症状です。

スマホ首というのは、よくストレートネックとも言われますが、それに限らずスマートフォンを使用しているときの首の形をいいます。頭を下に傾けて首を屈曲している状態ですね。

パソコンなどを使用するときも俯いた姿勢になりますよね。こうなると頭の重みで首の筋肉や神経が圧迫されると肩こりだけでなく、頭痛やめまい、手や腕のしびれ、自律神経失調症などの症状が現れてきます。自律神経失調症なんて怖いですよね。とくに長時間スマホを見ている若い世代は要注意です。進行してしまう前に普段からできる改善方法について調べてみました。

スポンサーリンク

スマホ首の治し方!ズバリその方法とは?

まずは原因を作らないことでしょう。

スマホを見るとき、スマホを肩の高さに持つ。

スマホを見ている時、皆さんはどんな姿勢ですか?
頭を下に向けたり、前に垂らした状態で見ている人が大半だと思います。スマホを持つ位置を高くしてみましょう。すると自然に姿勢がよくなりますね。この姿勢をまっすぐ正すだけでも、スマホ首の改善につながりますので、ぜひ実践してみてください。

以下は、スマホのし過ぎで固まってしまった首や肩の筋肉を伸ばすための方法です。

アゴ押し体操をする。

まず正しい姿勢をとり、頭を前に出します。
次にアゴの先端に指を当てそのまま水平に押して、頭と首を後ろへスライドしていきます。このストレッチを繰り返すことによって、頸椎関節が緩んでいき、首のカーブが戻ってきます。車の信号待ちなど、隙間時間を見つけて実践してみてくださいね。

スポンサーリンク

スマホ首改善ストレッチをする。

NHKで紹介されていました「スマレッチ」
私も時々みるNHKのシブ5時で紹介されていた「スマホ首改善用のストレッチ」です。このストレッチは整骨院やヨガ教室などのHPでもよく紹介されていますので、首や肩が痛いな~と思ったらぜひ実践してみてはいかがでしょうか?

テニスボールを使った首の体操をする。

いろんなテレビ番組で紹介されていました。テニスボールを2つくっつけてマッサージする方法です。やり方は、テニスボールを2つテーピングで固定する。これを、あたまの後頭部に押し付けると、頭や首のこりが解消する。というものです。テニスボールがあれば試してみてください。

スマホ首の治し方!その他の対策!

私が気になった対策?はこちらです。お気軽でいいかも!というのがその理由です。

ストレートネック用の枕を使う

寝ている間にストレッチできる枕のようです。いろんな商品がありますが、相場は2000~20000円位です。枕を変えるだけで改善した方も居られるようですので、商品を購入するだけでお手軽かもしれませんね。

休養専用のウェアを着用して寝る

もともとはアスリート向けの開発されていたようです。「回復しやすい環境をサポート」することを目的として作られたウェアで、首や肩こりなどの改善に効くようです。着るだけで…っていうのがいいですね!

スマホ首の治し方!ストレートネックの改善方法まとめ

いかがでしたか?スマホ首と軽く見ているとあらゆる不調を引き起こすこともあるそうなので、(なかには不妊にもつながるなど怖い症状なども。。。)ぜひ症状が酷くなる前にお試しくださいね。

スポンサーリンク