寝るときスマホを枕元に置くと電磁波で健康に影響がでる?

ニュースを見たり、漫画を読んだり、何か調べる時もいろいろ何でも出来る優れものスマホは身体の一部と言っても過言ではないですね。

例えば、家に帰っても常に横にありお風呂に入る時も眠りにつくギリギリまでなんて方が大半のはず。確かに、寝ながら音楽も聴ける、動画も見れるそして、アラーム機能があるなど本当に便利なものですが、その便利な反面注意したいこともあるようです。

 特に注意したいことは、寝るとき枕元にスマホを置くという行為。これは思い当たる人が多いのではないでしょうか?そこで気になるのが、電磁波。 この電磁波が人体にどういう影響を与えるのか、 電源をOFFにすれば、機内モードにすれば大丈夫なのかなど気になる疑問を調べてみました!

スポンサーリンク

寝るときスマホを枕元に置くとどうなるのか?

スマホは携帯電話です。

が、電話だけでなくメールやインターネットなど色々なことが出来る、言わば「小さなパソコン」です。本体から電波を送受信しており、電源が付いているときは常に電磁波が発生しています。

この電磁波は、電子レンジや冷蔵庫と同等の電磁波が発生していると言われており、使っているときは基本的に頭に近いところで使いますよね。だから、レンジや冷蔵庫と違って余計に気を遣う必要があります。

しかも、就寝時に枕元に置いておくということは近距離にあり、寝つきが悪い、眠りが浅いなど睡眠の質を下げる原因になりかねません。さらに、 電磁波には老化の元になる活性酸素を発生させるとも言われますので、女性にとって美容に非常に良くないかもしれませんので、 気を付けたいところです。

スポンサーリンク

人体そのものに影響がないのか?

それでは、人体そのものに影響がないのか?というところが非常に気になりますが、これはそもそも、 日本では「電波防護指針」という規定があり、電波の強さ基準が定められています。この基準をクリアしていなければ販売ができないので、基本的には安全な範囲であることが言えます。 

しかし、一方で発がん性に関しての研究が進んでいますので、一概に「大丈夫」とも言い切れない所も。何はともあれ長時間の使用をやめておくことや、寝るときぐらいは電磁波から距離を取ってあげるのもいいのではないでしょうか。

寝るときはスマホを機内モードにすれば安全?その理由とは!

上記でも少し触れましたが、スマホを目覚まし時計代わりに使っている人も多いと思います。中には、寝るときに音楽を聴きながら、なんて人もいるでしょう。それでは、どうすれば安全で、安心して過ごせるのか?

一番いいのは、やはり電源を切ってしまって、目覚まし時計を使うことではないでしょうか。睡眠の質を上げしっかりと身体を休ませてあげられる環境を作りましょう。

いやいや、そうは言っても…という人もいるでしょう。そんな時は、せめてスマホを「機内モード」にしましょう。機内モードはすべての通信をオフにしてくれるので、通常のモードよりも電磁波が弱くアラームも鳴りますのでこれも試してみる価値はありますね。しかも、バッテリーも抑えられるし、音楽なんかも普通に聴けますよ!

寝るときスマホを枕元に置くと電磁波で健康に影響がでるさいごに

今や必需品のスマホ。切っても切れませんよね。だからこそ、セーブできるところはセーブしてうまく付き合っていきましょう!100%安全ってことは言い切れませんから。

スポンサーリンク